English
Connect
ニュース・記事

ネットマーブルのブロックチェーン専門子会社「MARBLEX」が「Epic League」への投資を実施

更新日

 ネットマーブルは、ブロックチェーン専門子会社であるMARBLEXが、新たなパートナーシップの締結と投資を実施したことをお知らせいたします。

 MARBLEXは、今回のパートナーシップと投資を通じて、急速に変化するDeFi市場に対応した独自のブロックチェーン通貨「MBX」を強化することを目指します。

 MARBLEXは、「Wavebridge」(https://wavebridge.com/en)と戦略的覚書(MOU)を締結しました。「Wavebridge」は、量子アルゴリズムを活用した金融投資市場の自動化におけるFinTechのスタートアップ企業です。主要取引所からデータを収集し、デジタル最適化と地域標準のデジタル資産指標を作成する「Wavebridge Index」を提供しています。

 MARBLEXは、「Wavebridge」が得意とするITや量子技術と連携し、ブロックチェーン・アセットマネジメント能力を高める機会を探っていきます。

 また、MARBLEXは競争力のあるブロックチェーンコンテンツ開発者と提携することによるMBXエコシステム全体の充実を目標に、ブロックチェーンゲームプラットフォームの「Epic League」(https://www.epicleague.io/)への投資を行いました。
 オンラインRPGに特化したプラットフォームである「Epic League」は、ゲームプレイヤーやユーザーコミュニティ、ギルドなどのエコシステム参加者を、NFTマーケットプレイスやDeFiなどのブロックチェーンサービスに繋げる予定です。今年後半にリリースを計画している『DARK THRONE』と『SPACE MONSTERS』の2つのRPGをサービスする予定です。

 ネットマーブルは、『A3: Still Alive スティルアライブ』と『二ノ国:Cross Worlds』(グローバル版)への導入に続き、『モンスターアリーナ』や『ゲットリッチ:Meta World』など、独自のブロックチェーン技術を導入したゲームを順次リリースしていく予定です。

 MBXトークンは、MARBLEXが立ち上げたクレイトン(Klaytn)のメインネットをベースにしたブロックチェーンエコシステム「MBX」のユーティリティトークンであり、ステーキングやガバナンスなど、ユーザーの参加と合理的な報酬とが好循環するエコシステムを構築するのに活用されています。
 また、MBXトークンは現在、Huobi、Bitrue、Bithumb、Indodax、MEXCなど多くのグローバル暗号資産取引所に上場しており、世界中のファンが利用しています。

 MBXに関する詳細な情報は、公式サイトや公式テレグラム、公式SNSチャンネルにてご確認ください。

・「MBX」公式サイト
 https://www.marblex.io/ja
・「MBX」公式テレグラム
 https://t.me/MARBLEX_official_JP
・「MBX」公式Medium(英語)
 https://marblex.medium.com
・「MBX」公式Twitter(英語)
 https://twitter.com/MARBLEXofficial
・「MBX」公式Facebook(英語)
 https://www.facebook.com/MARBLEXplayground

「MARBLEX Wallet」アプリダウンロード

・App Store
 https://apps.apple.com/jp/app/id1611500182
・Google Play
 https://play.google.com/store/apps/details?id=io.marblex.wallet

◆MARBLEXについて◆

 MARBLEXは、ネットマーブルのブロックチェーン子会社で、ゲーム業界のベテランやブロックチェーン技術の専門家など、世界中から集まった6,000人以上の従業員を抱える企業です。最高品質のブロックチェーンゲームをAAAタイトルとして市場に投入することを目標に、ゲームをベースとしたブロックチェーンサービスを展開しています。
 MARBLEXは、暗号資産ウォレット、DEX(分散型取引所)、トークンステーキング、NFTマーケットプレイスなどのサービスを展開することで、ユーザーに最適なブロックチェーンベースのゲーム体験を提供しています。
 また、独自トークンの「MBX」は、暗号資産取引所のBithumb、Bitrue、Indodax、MEXC、Huobiに正式に上場しており、世界的なプレゼンスを高めています。

◆Netmarble Corp.(ネットマーブル)について◆

 2000年に韓国で設立されたネットマーブルは、『セブンナイツ2』、『二ノ国:Cross Worlds』、『マーベル・フューチャーレボリューション』、『リネージュ2 レボリューション』、『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』、『ブレイドアンドソウル レボリューション』、『マーベル・フューチャーファイト』などの革新的な作品で、モバイルゲーム体験の限界を押し広げているトップデベロッパー兼パブリッシャーです。
 KabamとSpinX Gamesの親会社であり、Jam CityとHYBE(旧Big Hit Entertainment)の主要株主であるネットマーブルは、その強力なフランチャイズと世界中のIPホルダーとのコラボレーションに基づいた様々なモバイルゲームで、世界中の観客を楽しませることに努めています。詳細については、 https://company.netmarble.com/en をご覧ください。
 日本国内では、ネットマーブルの日本法人であるネットマーブルジャパン株式会社がスマートフォン向けモバイルゲームのサービス提供を行っています。詳しい情報は、 https://www.netmarble.co.jp をご覧ください。

情報の掲載及び画像掲載の際は、下記のコピーライトの表示をお願いいたします。
© Netmarble Corp. © MARBLEX Corp. 2022 All Rights Reserved.

記載されている会社名・製品及びサービス名は、各社の商標または登録商標です。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • この著者による記事

    BCGコミュニティウォッチ「キャプテン翼-RIVALS-」
    ブロックチェーンゲームのコミュニティの様子ってどうなの?盛り上がってるの?ブロックチェーンゲームを始めたことのない人や、Discordって使った事無い人、Discordの運営気になる人向けにブロックチェーンゲームのコミュニティをレポートしていこうと思います。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-12
  • 日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※2022/11/10 ブリッジ機能が追加されたため説明を追記 ※2022/10/02 portfolio機能が追加 ※2022/07/28 Brave、Edgeブラウザに対応、チェーン自動切り替えを追加 ※追記 チェインリストを追記しました。 ※追記 2022/02/11 新しいポリゴンRPCのURLを設定しました。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • ニュース・記事

    コインチェック
    賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」が「LINE NFT」で販売決定
    2月3日「LINE NFT」で賃貸仲介手数料がお得になる賃貸会員権NFT「サクラノスマイ」第一弾が50点販売される。 本NFTは、保有ユーザーが取扱店舗で提示することで、該当物件の仲介手数料が0.5ヶ月分になる。使用後は「LINE NFT」のマーケットにおいて二次流通することも可能だ。
  • プレスリリース
  • 2023-02-02
  • 「MetaKozo」が「NFTWars」へ参画
    CryptoGames株式会社は、開発するPlay to Earnゲーム「NFTWars」にMetakozoDaoの1stコレクティブNFTコレクション「MetaKozo」が参画。「MetaKozo」のNFTが「NFT Wars」内でのゲームプレイに対応すると発表しました。
  • ニュース
  • 2023-02-02
  • NFTプロジェクト「東京装甲少女」が「NFTWars」へ参画
    CryptoGames株式会社は、開発するPlay to Earnゲーム「NFTWars」にTSGC PROJECTによって生成されたデジタルNFTアート「東京装甲少女」が参画。「東京装甲少女」のNFTが「NFT Wars」内でのゲームプレイに対応すると発表しました。
  • ニュース
  • 2023-02-01
  • gumiはCROOZ Blockchain Labと共同で新規ブロックチェーンゲームの開発を行うことを発表
    株式会社gumiとCROOZ Blockchain Lab株式会社が新しいブロックチェーンゲームの共同開発を行います。互いの経験を融合し、技術や多言語SNS運用、プロモーションなどのノウハウを結集して、魅力的で新しいゲーム体験を提供する予定です。具体的な内容は近日中に発表予定です。
  • プレスリリース
  • 2023-01-31
  • Powered by