English
Connect
ニュース・記事

BOBG社がブロックチェーンリーディングカンパニー複数社と資本業務提携

更新日

※以下プレスリリースを掲載しています。

BOBG PTE. LTD. (本社:シンガポール、代表取締役:増山健吾、以下BOBG社)は、約400,000 USDの資金調達を実施することをお知らせします。国内ブロックチェーン事業者のグローバル進出を、トークン発行/運用/管理、及び暗号資産取引所上場を通してシンガポール拠点よりサポートいたします。

BOBG社とは

BOBG社は、『My Crypto Heroes』におけるMCHC(ガバナンストークン)、RAYS(ユーティリティトークン)の発行実績/知見を活用し、日本法人のトークン発行における諸問題をスピーディに解決、トークンの発行/運用/管理から暗号資産上場までを一気通貫でサポートする会社です。

日本の税制/会計制度下において、上場企業を始め、FT(ERC-20)を伴ったプロジェクトローンチは非常に困難となっております。一方で、グローバルで勝てるプロジェクトへと昇華するためには、FTを伴わずしては実現できません。

BOBG社をご活用いただくことで、以下を提供することが可能です。
・グローバル水準のFTの知見を活かしたサポート
・FTの発行から管理/運用体制のスピーディな構築
・暗号資産取引所上場までのオンボーディング

お問い合わせは下記Google Formよりお願いいたします。


https://forms.gle/uGmeYnF4qU6o7Wkm9

資金調達概要

調達金額: 約400,000 USD
調達方法: 第三者割当増資
引受先(敬称略, アルファベット順):
・Arriba Studio
CryptoGames
・double jump.tokyo
・Shun Ishikawa

なお、本ラウンドにご参加いただいた引受先に、事業パートナーとして一次代理店を請け負っていただきます。

<コメント>

・Arriba Studio: CEO/Founder 佐藤 崇

BOBG社がブロックチェーンリーディングカンパニー複数社と資本業務提携

日本国内のWeb3プロジェクトは、NFTを主体としたものが中心で、FT分野はチャレンジ数が少ない現状があります。BOBG社は日系老舗Web3企業の過去の試行錯誤から立ち上がったエコシステムを支える存在。トークン発行だけでなく、その後マーケティンググロース・上場も含めFTに舞台を移したWeb3プロジェクトが多数羽ばたいていくことを期待し、支援を開始することになりました。

・CryptoGames株式会社: 代表取締役 小澤 孝太

BOBG社がブロックチェーンリーディングカンパニー複数社と資本業務提携

ブロックチェーンゲーム・gamefiにとって、トークンを絡めたエコシステム設計は不可欠なものとなりました。CryptoGames社で開発しているブロックチェーンゲーム「CryptoSpells」、2022年7月にローンチ予定の新ゲーム「NFTWars」においても、ガバナンストークンの「TCGCoin」をBOBG社より発行いただいております。BOBG社が日本企業のトークン発行課題の解決と、海外進出のサポートを行うことで、web3業界の発展に貢献していくことを信じています。

・double jump.tokyo株式会社: 取締役/COO 松谷 幸紀

BOBG社がブロックチェーンリーディングカンパニー複数社と資本業務提携

現状、日本ではトークン発行を絡めたゲームは難しい。代表の増山くんはこの経験を日本で身を持って体験した数少ない人物の一人です。この経験を全てのゲーム会社がぶつからなくていい壁にしたいという想いから生まれたのがBOBG社です。BOBG社の挑戦が多くのゲーム会社のブロックチェーンゲーム参入を後押しすることに繋がっていくと考えます。世界に遅れを取らず、日本のコンテンツを世界へ届けるために、double jump.tokyoとしても積極的に連携していきます。この市場を一緒に盛り上げていきましょう!

・Shun Ishikawa: Stake Technologies(Astar/Shiden) COO

日本発グローバルでブロックチェーンを開発する立場として、税制/会計含め様々なハードルにぶつかってきました。Astar/Shiden Networkの開発経験、各種tokenの上場実績を経て蓄積されたノウハウをBOBGに積極的に共有し、日本のプロジェクトをグローバル水準に引き上げる旗振り役として共に業界をリードするポジションとなることを信じています。

・BOBG社 代表取締役 増山健吾

BOBG社がブロックチェーンリーディングカンパニー複数社と資本業務提携

この度、日本のブロックチェーン領域のリーディングカンパニーからシードラウンドの資金調達を実施できたことを大変嬉しく思います。私は『My Crypto Heroes』『BRAVE FRONTIER HEROES』のマーケターとプロデューサーを2019年より努めており、日本のブロックチェーンゲームが世界トップレベルだった頃から、2020年以降そのポジションを奪取されたその瞬間を現場で体感しております。あのときの悔しさをバネに、今一度、日本のコンテンツをグローバルへ。国内におけるFT発行実績、上場含むトークンマーケティングの経験を元に、全力でサポートして参ります。

<採用情報>

BOBG社では、現在採用を強化しております。

・CFO候補
・バックオフィス(法務、経理)
・ビジネスディベロップメント(英語必須)

ご興味のある方は、ぜひ、
info@bobg.xyz
にご連絡ください。

BOBG社 会社概要

BOBG社がブロックチェーンリーディングカンパニー複数社と資本業務提携

BOBG社はシンガポールを拠点とし、日本発ブロックチェーンプロジェクトのグローバル進出サポートを目的に設立。コアメンバーは、日本国内でトークン発行実績があり、世界No1ブロックチェーンゲームのトラックレコードを持つ『My Crypto Heroes』の開発/運営メンバーにより構成。
ブロックチェーンゲームに限らず、複数のブロックチェーンプロジェクトにおけるトークン発行/運用/管理から暗号資産取引所上場まで、包括的な支援に取り組んでおります。

本プレスリリースに関するお問い合わせ

社名: BOBG PTE. LTD.
代表: 増⼭ 健吾
連絡先: info@bobg.xyz

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • この著者による記事

    BCGコミュニティウォッチ「キャプテン翼-RIVALS-」
    ブロックチェーンゲームのコミュニティの様子ってどうなの?盛り上がってるの?ブロックチェーンゲームを始めたことのない人や、Discordって使った事無い人、Discordの運営気になる人向けにブロックチェーンゲームのコミュニティをレポートしていこうと思います。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-12
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※2022/11/10 ブリッジ機能が追加されたため説明を追記 ※2022/10/02 portfolio機能が追加 ※2022/07/28 Brave、Edgeブラウザに対応、チェーン自動切り替えを追加 ※追記 チェインリストを追記しました。 ※追記 2022/02/11 新しいポリゴンRPCのURLを設定しました。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • 日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • Powered by