English
SignIn
ニュース・記事

報酬付きイベントで仮想通貨の稼げるFPS「Pandemic Shooter」とは?

更新日

イベントで勝つと仮想通貨の報酬が稼げるFPS「PandemicShooter」について紹介します。

Pandemic Shooterとは

Pandemic Shooterは、NFTとなっているアバターや武器を使って戦う、FPS(一人称視点シューティングゲーム)です。

現在はオープンベータがプレイ可能(2021年9月15日)。開催されているイベントに参加してゲームに勝利することで、報酬を獲得することができます。

イベントの参加にはゲーム内トークンによる参加費の支払いが必要で、報酬の出どころはPacdemic Shooter開発元の提携企業等です。

FPSの腕に自信のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

オープンベータがプレイ可能

WindowsPC向けでオープンベータをプレイすることができます。

ダウンロードはこちらから。
https://pandemic-games.org/pshooter.html

プレイ動画を見てみたい方はこちらがオススメです。
https://pandemic-games.org/pshooter.html

オープンベータ中ですが、報酬付きのイベントは開催されています。
サイト中段の「Event」から登録しましょう。

イベントへの登録には、ENJIN Walletが必要です。

ENJIN WalletでQRコードを読み込み、参加費を送金することで登録完了となります。

Pandemic Diamondsとは

Pandemic Diamondsは、Pandemic Shooterのゲーム内通貨です。
将来的には、同じ開発会社のゲームであるPandemic Space Combat やPandemic World でも使えるようになる予定です。

Pandemic Shooterでは、武器やスキンの購入、イベントへの参加費支払いとして使用します。

Pandemic Diamondsの入手方法は、マーケットで購入するか、マイニングステーションNFTを保有してマイニングする必要があります。

本記事の執筆時点では、Pandemic Daiamonds自体にほとんど値段がついていないため、マイニングステーションを購入してマイニングするよりも、直接Pandemic Daiamondsを購入した方がお得です。

Pandemic Daiamondsの購入先
https://jumpnet.enjinx.io/eth/asset/7840000000000377

マイニングステーションの購入先
https://jumpnet.enjinx.io/eth/asset/78c00000000001e2

NFTの購入が可能

Pandemic Shooterのアバターや武器は、ENJINのマーケットプレイスで購入することが可能です。

9月15日現在で取引されている価格帯は以下の通りです。
アバター:10〜100ドル
武器:10〜70ドル

取引数は1日数件なので、まだまだマイナーなゲームといえそうです。

購入先はこちらです。
https://jumpnet.enjinx.io/eth/project/798d3970-b142-4216-adaf-772e87ddb1f0/marketplace

まとめ

ENJINベースのFPS「Pandemic Shooter」についてまとめました。

すでにオープンベータがプレイでき、イベントで報酬を稼ぐことのできるゲームとなっているので、FPSが得意な方は一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

また、Pandemic Shooterに加えてPandemic Space Combat やPandemic Worldといったゲームもエコシステムに加わってくる予定です。

今後の展開が楽しみなゲームですね。

Pandemic Shooter

取引量/24時間
0
取引数/24時間
0
DAU/24時間
0
Pandemic Shooter(パンデンミック・シューター)はPandemic-Games社が開発しているEnjinプロトコルに対応したサードパーソン・シューティングゲームです。Free2PlayのPlay2Earnとなっています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

Powered by