English
SignIn
ニュース・記事

『攻殻機動隊 SAC_2045』のデジタルコレクションNFTが「AniPic!」で販売開始

ツイート

株式会社YUIMEX(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長 岡本 拓真、以下弊社)は、大人気アニメ作品『攻殻機動隊 SAC_2045』デジタルコレクションをNFTとして本日より弊社が運営するデジタルコレクションサービス『AniPic!(アニピク!)』で発売いたしました。
AniPic!(アニピク!)』では、Netflixなどで全世界で配信中のTVアニメ「GREAT PRETENDER」などのアニメ作品の制作アセット(NFT)を取り扱っており、第2弾作品として様々な世代から親しまれる「攻殻機動隊」が今回デジタルコレクションとして誕生しました。総数162点の貴重な場面写真や設定資料などを、オフィシャルかつオーソライズな状態でコレクションいただけます。

『攻殻機動隊 SAC_2045』デジタルコレクションをNFTとしてAniPic!で発売!

大人気アニメ作品『攻殻機動隊 SAC_2045』のデジタルコレクションをNFTとして本日より弊社が運営するデジタルコレクションサービス『AniPic!(アニピク!)』で発売いたしました。

販売総数162点の制作アセットを攻殻機動隊の世界を彩る「公安9課」のキャラクターごと、18種類のコンプリートBOXとして発売しており、各キャラクターごと貴重な設定資料などもコンプリートBOXには含まれております。
更には、「公安9課」のキャラクターだけではなく、世界中の攻殻機動隊ファン必見の作中内で登場した「銃、武器、乗り物」の設定資料も総数13点、コンプリートBOXとして発売しております。
購入したデジタルコレクションには真贋、著作、所有証明としてコレクションにオーナーとしての情報が刻まれす。是非、AniPic!で特別なオーナー体験をお楽しみください。

様々な世代から親しまれる「攻殻機動隊」のNFTがこの度、デジタルコレクションとして誕生し、ブロックチェーン技術で著作証明・所有者証明を実現したオフィシャルな一枚をコレクションいただけることで多くのファンの皆様に楽しんでいただけることを願っております。

攻殻機動隊 SAC_2045』デジタルコレクション販売特設ページ

『攻殻機動隊 SAC_2045』のデジタルコレクションNFTが「AniPic!」で販売開始

デジタルコレクションサービス『AniPic!(アニピク!)』とは

『攻殻機動隊 SAC_2045』のデジタルコレクションNFTが「AniPic!」で販売開始

AniPic!(アニピク!)』は「もっとダイスキなアニメを、いつも側に。」をサービスコンセプトにブロックチェーン技術によるアニメコンテンツの制作アセット販売・コレクションサービスです。『AniPic!(アニピク!)』では、著作権者の許諾に基づき、アニメのワンシーンや、線画、設定資料、原画の高解像度デジタルデータを販売することでクリエイターに寄り添いながらアニメ作品を中心にアニメ・マンガなど、ファンのダイスキなキャラクターやシーンをコレクションして楽しむことのできるプラットフォームとなっております。
2020年11月にサービスを開始し、フジテレビ系列で放送されたアニメ『GREAT PRETENDER(グレートプリテンダー)』の場面写真や設定資料を「デジタルコレクション」として販売中です。また、大好評に付き1月22日からは第2弾も発売中です。
そして本日『攻殻機動隊 SAC_2045』(監督:神山健治 × 荒牧伸志 / 制作:Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS / Netflixにて全世界独占配信中)のデジタルコレクションの発売が開始いたしました。
また来週には別のTVアニメ作品のデジタルコレクションも141点公開、発売を予定しております。
AniPic!WEBサイト:https://anipic.io
AniPic!公式Twitter:https://twitter.com/anipic_official

市場背景について

YUIMEXはコンテンツ市場の健全化を目指し、デジタルコレクションサービス「AniPic!」を運営しております。
平成31年2月13日の文化審議会にて新たな著作権法改正案が検討されました。その内容は「権利者の許可なしに、インターネット上にある、あらゆるコンテンツを、著作権法違反と知りながらダウンロードすることを全面的に禁止する」というものです。禁止される項目の中にはスクリーンショットで撮影された画像も対象であり、この件に関してインターネット上では大きな波紋が広がりました。
令和3年1月1日には改正著作権法が施行され、海賊版デジタルコンテンツのダウンロードが違法化されています。
そのような中、全ユーザーの所有権を最先端のブロックチェーン技術を使うことで、唯一無二のデジタルデータ(NFT)であることが証明できるYUIMEXのデジタルコレクション販売は、ファンがクリエイターを支援できるだけでなく、市場を健全化を目指しております。
AniPic!では「もっとダイスキなアニメを、いつも側に。」をコンセプトに、アニメに情熱を注ぐクリエイターと日本のアニメ文化を愛する世界中のアニメファンの結い目として、アニメの制作陣が魂を込めて制作した絵や音、セリフなどをデジタルコレクション(NFT)に詰め込んで、正しくファンの皆様へお届けいたします。
サービスを進める市場背景には、インターネットやデジタルデバイスの普及によって、アニメや漫画など創作物の著作権を侵害する事例が後を絶ちません。令和3年1月1日には改正著作権法が施行され、海賊版デジタルコンテンツのダウンロードが違法化されています。
そのような中、全ユーザーの所有権を最先端のブロックチェーン技術を使うことで、唯一無二のデジタルブロマイドであることが証明できるYUIMEXのグッズ販売は、ファンがクリエイターを支援できるだけでなく、市場を健全化を目指しております。

デジタルコレクションをメモリアルグッズに召喚

AniPic! はこれまでのスマホゲームやデジタルグッズと違い、デジタルの世界だけで終わりません。デジタルとリアルの融合の世界観を実現するため、第1弾として「攻殻機動隊 SAC_2045AniPic のリアルグッズとして、壁掛形のフレーム「アニピクメモリアルウォール」、卓上型のアクリルスタンド「アニピクメモリアルブロック」の2つを新たに発売します。

◇ アニピクメモリアルウォール 富士フイルム製 290×410(mm)

『攻殻機動隊 SAC_2045』のデジタルコレクションNFTが「AniPic!」で販売開始

『攻殻機動隊 SAC_2045』のデジタルコレクションNFTが「AniPic!」で販売開始

購入者限定のプレゼント特典情報

①アニピクコンプリートBOX購入で非売品メモリアルウォールがあたる!(抽選で3名様)
②メモリアルウォール1枚購入で非売品超高級仕様のメモリアルウォールがあたる!(抽選で1名様)
その他公式Twitter、LINE公式アカウントでの『攻殻機動隊 SAC_2045』の非売品グッズキャンペーンの開催など、企画盛りだくさんで見逃せないものとなっております。

作品名 攻殻機動隊 SAC_2045
種類 コンプリートBOX 全18種
販売URL https://anipic.io/ja/ghostintheshell-sac2045

AniPicに用いられているブロックチェーン技術「NFT」とは

NFTとは、Non-Fungible-Tokenの頭文字で、Ethereumの規格であるERC721を元に発行される、唯一無二の価値を持ったトークンのことを指します。AniPic!では、アニメーターが魂を込めて制作した全ての場面写真をNFTに紐付けることで、ブロックチェーン上でセキュアに管理しております。アニメファンの皆さまにアニメのデジタルコレクションをオーソライズされた形で所有いただくことのできる世界観の提供、そしてクリエイターとの繋がりを感じていただけるような、今までにないデジタルコンテンツとなっております。

攻殻機動隊 SAC_2045について

近未来SFの金字塔「攻殻機動隊」、神山健治 × 荒牧伸志による2045年の未来像
全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる公安9課が、今再び電脳犯罪に立ち向かう 情報ネットワークとサイボーグ(義体)技術の発達により人々の意思が“電脳”に繋がれた近未来において電脳犯罪に立ち向かう全身義体のサイボーグ・草薙素子率いる攻性の組織、攻殻機動隊。 1989年に士郎正宗により発表された原作コミック『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を起源とし、アニメーション、ハリウッド実写映画など様々な作品群が展開され、その先鋭的且つ圧倒的な世界観とビジュアル表現により、全世界のクリエイターに影響を与えてきた近未来SFの金字塔が新たな未来像を提示する。
攻殻機動隊S.A.C.』シリーズの神山健治と、『APPLESEED』シリーズの荒牧伸志が共同監督としてタッグを組み、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ほか『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズのオリジナルキャストが集結。迫力のサイバーパンクアクションと、草薙素子たちの全く新しい物語が描かれる。

【本リリースに関するお問い合わせ】

株式会社YUIMEX(ユイメックス)
お問い合わせ窓口:
(ページ)
yuimex.co.jp/contact/
(Eメール)
info@yuimex.co.jp

【会社概要】

社名   株式会社YUIMEX(ユイメックス)
設立   2020年2月14日
所在地  東京都渋谷区道玄坂一丁目16番6号 二葉ビル 3階
代表者  代表取締役 岡本拓真
HP    https://yuimex.co.jp
事業内容 「AniPic!」サービスの運営のほか、ブロックチェーン技術の開発、主に版権事業、デジタルコンテンツ事業、アニメーション事業、ネットワーク・エンタテインメント・サービス及びコンテンツの企画・開発・運営等

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • 【2021年5月】AnimocaBrandsのブロックチェーンゲームまとめ
    コインチェックとの提携でも話題になったAnimocaBrandsのBCGについて紹介します。 MOTO GPとCrazy Defense Heroesについて追記(2021/3/16) AnimocaBrandsのサッカーゲームについて追記(2021/5/28)
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-12-23
  • 【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 2021年版最新【ファンタジーサッカーゲーム】Sorare(ソラレ)の概要・始め方・遊び方
    現実でのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要、始め方、遊び方を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2021/03/10 インストール方法を最新版に差し替えました ※2020/8/18 J1リーグ参加 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/5/24 更新
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • この著者による記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • ブロックチェーンゲームやDappsをスマートフォンから楽しめるウォレットアプリ「GO! WALLET」独自リワードポイント(GO!ポイント)サービスを開始
    ウォレットサービス事業者としては世界初、ブロックチェーンアプリの各種資産やDAppsで利用可能なイーサリアム自体やゲームアセットにも交換出来る独自のポイントサービスを提供
  • プレスリリース
  • 2019-03-06
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方(2021年3月版)
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • プレスリリースの記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • ブロックチェーンゲームやDappsをスマートフォンから楽しめるウォレットアプリ「GO! WALLET」独自リワードポイント(GO!ポイント)サービスを開始
    ウォレットサービス事業者としては世界初、ブロックチェーンアプリの各種資産やDAppsで利用可能なイーサリアム自体やゲームアセットにも交換出来る独自のポイントサービスを提供
  • プレスリリース
  • 2019-03-06
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04