日本語
English
ニュース・記事

NFTX、NFT20|NFTとERC-20をつなぐプロジェクトを紹介

NFTX、NFT20|NFTとERC-20をつなぐプロジェクトを紹介
更新日

NFTに裏付けされたERC-20を発行するプロジェクトとして、NFTXとNFT20について紹介しました。これらのプロジェクトの意義についても解説します。

HashMasksやCryptoPunkがすごい価格で取引されていますね。これらのNFT自体を保有することはなかなかハードルが高いですが、NFTに連動したERC-20なら少額で保有することができます。

バグや流動性など、リスクの高いプロジェクトという前提で、NFTとERC-20を結びつけるプロジェクトを紹介します。(投資や購入を勧めるものではありません。)

今回紹介するのは、NFTXNFT20という2つのプロジェクトです。

NFTに裏付けされたERC-20

NFTは分割して保有することはできません。例えば、マイクリのアインシュタインを10%だけ保有して10%だけゲームで使うなんてことは無理ですよね。アートNFTを10%だけ保有して、10%分だけ飾るなんてのも無理です。

ERC-20であれば、NFTとしての機能を扱うことができませんが、価格変動による利益は享受することができます。(もちろん損失も、)
1枚=1NFTと交換できるトークンがあったとすれば、0.1枚保有すればNFTを10%分保有しているのと類似した損益となります。

つまり、NFTの価格指標(インデックス)トークンとして機能することになります。

インデックストークンがあると、次のような効果が期待できると思っています。
・NFT価格の安定化
・流動性の向上
・資金流入によるNFT価格向上
・ERC-20を経由してのDeFiとの接続

うまく機能すれば、NFTの大きな課題であるプライシングや低い流動性が改善するわけです。

NFTX

出典 : nftx.org

NFTXは、NFTをpoolに入れることでERC-20を発行してくれるプロジェクト。対象となるNFTは限定されており、1NFTと1枚のトークンが1:1で交換可能となっています。

例えば、HashMasksのNFT1つに付き、1MASK(ERC-20)を得ることができます。NFTXでは、レアリティに関係なく1枚のトークンになるので、必然的にレアリティの低いNFTでpoolが構築されることになります。つまり、ERC-20の価格は、NFT群の底値(floor price)となるわけです。

次に、ERC-20のトークンを1枚を持ってくれば、NFT1つと交換することもできます。この時、交換できるNFTはpoolの中からランダムで選ばれます。

poolに入っているアセットは、OpenSeaで確認することができます。

https://opensea.io/accounts/NFTX

公式サイトはコチラ
https://nftx.org/#/

NFT20

出典 : nft20.io

NFT20は誰でも自由にNFTに裏付けされたERC-20を作ることのできるプロトコルです。

NFTXとの大きな違いは、poolに入っているNFTは好きに選んで交換出来る点。そのためpoolからはいいアセットが抜かれていくので、NFTXと同じようにfloor priceが形成されます。

NFT20では、NFTからERC-20に交換する際に5%の手数料が発生します。NFT20でのNFTとERC-20のレートは1:100なのですが、手数料を引いた95枚が手元に残ることになります。

再度NFTと交換する場合には、手数料によって引かれた5枚分を補充しなければならない点にご注意ください。

同じHashMasksのNFTを扱うERC-20であっても、NFTXNFT20では価格に違いがあります。poolに入っているNFTによることや、gas代が高いことで裁定取引が行われにくいことが原因と考えられます。

そのため、両者の価格差が大きく開いていれば、

1. MASKを買う
2. MASKとHashMasksのNFTに交換する
3. NFTをNFT20のpoolに入れて、NFT20のERC-20を受け取る
4. NFT20のERC-20トークンを売却する

このような取引によって、1と4の差額からgas代を引いた分、利益を得ることができます。

また、NFT20ではERC-20とETHペアの流動性提供によるファーミングを実施しています。ERC-20に変えたとしても流動性がなければ意味がありませんから、いい施策だと思います。

Uniswapで作ったLPトークンをNFT20に預けると、ガバナンストークンであるMUSEを掘ることができます。

公式サイトはコチラ
https://nft20.io/

まとめ

NFTに裏付けされたERC-20を発行するプロジェクトとして、NFTXNFT20について紹介しました。

こういったプロジェクトは、NFTの価格形成や流動性向上に貢献していってくれると思います。実際に触ってみようと思う方は、NFTのレアリティ(高いものを入れない)やERC-20の流動性に注意しながら挑戦してみてください。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

新着ブロックチェーンゲーム

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • 掘ることが楽しいブロックチェーンゲーム「Brilliantcrypto」CBTプレイレポート
    3Dの鉱山でツルハシ片手に宝石を掘り当てるブロックチェーンゲーム「Brilliantcrypto」 の第2回クローズドβテストゲームレポート。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2024-02-04
  • Sorare(ソラーレ)NFTサッカーゲームの遊び方・稼ぎ方を初心者向けに解説(2023年版)
    「Sorare(ソラーレ)を始めてみたい」 「SorareでNFTを稼げるって聞いたけど、本当?」 2023年現在、このような思いでSorareに登録しようか悩んでいる人は多いでしょう。 この記事では、Sorareサッカーゲームの特徴と遊び方、そして稼ぎ方について詳しく紹介します。 「本当にSorareで稼げるの?」「無課金でも楽しめる?」といったよくある質問にも解説していますので、これからSorareサッカーゲームを始める方は、ぜひチェックしてください。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【無課金でクリスぺ攻略】クリプトスペルズは無課金で稼げるのか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 ※こちらの記事ではあくまでも方法の紹介のみになり、BCGで稼ぐことを勧めている記事ではございません。 #クリスペ 2021年7月1日 更新 月間、チャレンジミッションに関する記載、その他を追記 2020年5月26日更新 アセットアナライザーにNFT追加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • Blockchain/NFTの記事

    BigQueryのEthereumデータを使ってブロックチェーンゲームを分析しよう!
    ブロックチェーンゲームの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。 ※2021-03-21 画像を追加
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-19
  • MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法(追記あり)
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。 ※追記 誤解を招く恐れがある「旧UIへのログイン方法」への記事リンクを削除しました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-02-27
  • バイナンスも出資するCocos-BCXとは|特徴や将来性について解説
    ブロックチェーンゲームを開発する上で、ゲーム制作の知識、ブロックチェーンの知識と両方が必要となり、開発者にとって非常にハードルが高いです。 Cocos-BCXは独自の開発キッドを利用することで、簡単にブロックチェーン上でDappsを開発、デバッグ、リリースすることができきます。 Cocos-BCXは大手企業との提携や融資、バイナンスに上場したことで話題にもなりました。 この記事ではCocos-BCXの特徴や将来性ついて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • ニュース・記事

    コインチェック
    コロプラのBRILトークン、Coincheck IEOで史上最高の333億円申込みを達成
    株式会社コロプラのグループ会社BrilliantcryptoがCoincheck IEOでBRILトークンの販売を行い、申し込み金額が史上最高の333億円に達した。7.94万人がトークンを保有する予定で、6月12日から特典付きNFTの販売が開始される。
  • ニュース
  • 2024-06-11
  • GAMIES株式会社主催の「MATR1X FIRE GAMIES CHAMPIONSHIP」、6月9日スタート
    GAMIES株式会社主催の「MATR1X FIRE GAMIES CHAMPIONSHIP」が開催中。日本を代表するWeb3コミュニティが激戦を繰り広げ、最強コミュニティを決定する大会が進行中だ。
  • ニュース
  • 2024-06-10
  • GMOメディア、「ブロックチェーンゲームPARK」を複数の提携サービスで提供開始
    GMOメディアは「ゲソてん byGMO」にて「ブロックチェーンゲームPARK」の提供を開始。各連携サービスでプレイ可能になり、キャンペーンも実施する。暗号資産やNFTの獲得が楽しめる新たなゲーム体験を提供する。
  • ニュース
  • 2024-06-05
  • 『ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-』と『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』のコラボイベントが6月7日より開催
    株式会社gumiが提供する『ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-』と人気アニメ『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』のコラボイベントが6月7日より開催される。
  • プレスリリース
  • 2024-06-04