English
SignIn
ニュース・記事

BinanceSmartChain(BSC)でブロックチェーンゲームをプレイする方法まとめ

update at :

バイナンスのブロックチェーンであるBainanceSmartChain。DeFiが盛り上がっているタイミングでプロダクトがちらほら登場してきました。BCGも少しですが出始めているので、プレイする方法を紹介します。

ツイート

BinanceSmartChainとは?

BSCBinance関係者だけが運営できる20ノードで運用されているETHベースのブロックチェーンです。ETHのgas代高騰を受けてBinanceが構築されました。

ちなみに、ノード運営がBinance関係者だけ。「分散型」ではないということですね。

▼ホワイトペーパーはコチラ
https://docs.binance.org/smart-chain/validator/guideline.html

テストネットへの切り替えと同じように、ETHのメインネットからBSCへ切り替えて使います。BSCでは、gas代の支払いにETHではなく、BinanceのBNBを使います。

DeFiの盛り上がりやBSCのgas代が安いこともあって、徐々に利用高は増えていき、ETHDeFiのTVLを超えるBSCDeFiBSCのプロジェクトなので"De"をつけるのは微妙だが)も表れました。

DeFi系プロジェクトから始まり、ゲーム系プロジェクトも少し出てきました。ユーザー属性を加味してか、DeFi要素を強く取り入れているゲームがほとんどです。

似た名前のBinanceChain(cosmosベース)とは別物なのでややこしいですが注意しておきましょう。トークンの規格が異なります。

BSCの使い方

準備するもの

・METAMASK
Binanceの口座
・BNB(gas代支払いに必要)

METAMASKの設定でBSCMainnnetへ切り替える

BSCを使うためには、METAMASKの利用がわかりやすくておすすめです。また、BSC規格のトークンをBSCのウォレットに送るためにはBainanceの口座を持っていたほうが圧倒的に便利です。

まずは、ETHのMainnetからBSCのMainnetに切り替えるための設定をMETAMSK上で行います。

METAMASKのネットワーク設定で「customRPC」から必要な情報を入力していきます。モバイル版METAMASKの場合には、「Setting→Networks→AddNetwork」と進みます。

BinanceSmartChain(BSC)でブロックチェーンゲームをプレイする方法まとめ

次に、設定画面で下記情報を入力してください。

・Network Name: BSC Mainnet
・RPC URL: https://bsc-dataseed1.binance.org/
・ChainID: 56
・Symbol: BNB
・Block Explorer URL: https://bscscan.com/

設定を保存すると、BSCMainnetへ切り替えができるようになります。ネットワークを切り替えてBSC対応のサイトに行けば、ウォレットが認識されるようになっているはずです。

BSCに切り替えると、ウォレット残高がゼロになりますが、ETHに戻せば復活しますので安心してください。

BSC規格のトークンをウォレットに送る

BinanceSmartChain(BSC)でブロックチェーンゲームをプレイする方法まとめ

BSCのトークンは、BEP20という規格のトークンです。ETHのERC-20とはベツモノなのでご注意ください。

Bainanceのチェーンということもあり、Bainanceからの出金方法でBEP20を選択することができます。いまウォレットに入っているトークンでBCGを遊びたいときには、ETHウォレット→Binance(ERC-20で送付)→BSCウォレット(BEP20で出金)とする手間がかかります。

BSCはgas代の支払いがBNBですので、BSCウォレットにETHだけ送っても身動きが取れません。必ずBNBもセットで送るように注意しましょう。

BEP20で送付する方法はいたって簡単。withdraw画面の「SelectNetwork」で「BEP20」を選ぶだけです。

まずは少額でBNBを送付してみるといいと思います。

BinanceSmartChain(BSC)でブロックチェーンゲームをプレイする方法まとめ

BSCに接続している状態で、ウォレットにBNBが表示されていれば、BSCの準備完了です。

BSCのプロジェクトに触れていってみましょう。

BSCのブロックチェーンゲーム

DEGO

BinanceSmartChain(BSC)でブロックチェーンゲームをプレイする方法まとめ

DEGOは、つるはしのNFTをステーキングしてゲームトークンである「DEGO」を採掘していくゲームです。

採掘する山が3つあり、どれだけプレイヤーのつるはしがステーキングされているかによって最適解が変わります。gas代や半減期の影響、他のユーザーの動きを予測して、自分のベストな動きを考えるのが面白いです。

これから参加するプレイヤーはつるはしをマーケットで購入する必要があります。どれだけのつるはしを用意して、DEGOを掘れるスピードがどれくらいで、DEGOの価格がどれくらいならペイするかなど、戦略をよく考えてから遊ばないと確実に損しますのでご注意ください。

BSCでは、ETHと比べてドル建てのgas代が安いので、つるはしやDEGOの価格形成、つるはしステーキングの移動がどうなるのか個人的に注目しています。

BattlePets

BinanceSmartChain(BSC)でブロックチェーンゲームをプレイする方法まとめ

DEGOよりももう少しゲームっぽくなりそうなのが、かわいいペットを育成しバトルさせるゲーム「BattlePets」です。

ゲームはまだリリースされておらず、まずはBSCDeFiであるBakerySwapにてトークン販売(IDO)がされています。

BakerySwapのトークンであるBAKEをステーキングすることでゲームトークンのPETがエアドロップされるなど、DeFi要素をふんだんに取り入れたゲームになりそうです。

ゲームとしては、ペットを育成したり武器を装備させたりしてチームをつくり、トーナメントで勝つことでPETがもらえる予定になっています。

DeFiユーザーの資金が流れてきたらそれなりに盛り上がる可能性はあるかなと思っています。一方で、アクシーのようにコミュニティの醸成はありませんから、引くときはさっと引かないとだめだとも思います。

DeFi × BCGを体験してみたい方は少額で試してみるといいかもしれません。

まとめ

BinanceSmartChainの使い方とBSCのBCGについて紹介しました。

実際に触ってみるとわかりますが、トランザクションはサクサク通りますし、gas代も支払いに使うBNBがETHよりも安いことがあってドル建てでの負担が少ないです。Binanceのチェーンなので、いわゆる「分散型」ではありませんが、気にしなければDeFiを絡めた新しいゲーム体験ができます。

今後ゲームが増えてきたら引き続き紹介していきますね。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • DApps入門の記事

    【2020年版】ブロックチェーンゲームで稼ぐ方法まとめ【副業になる?】
    ブロックチェーンゲームと言えば、注目されるのは稼げるかどうかの部分。 本記事ではどのような稼げる方法があるのか、HOWの部分について紹介します。 ※2019/8/7公開 ※2020/6/1追記
  • DApps入門
  • 2020-06-02
  • ブロックチェーンゲーム(dApps)のDAUとは
    ブロックチェーンゲーム(dApps)のDAUは、大切な指標としてこの一年間大切な指標として重要視されていました。 そのDAUがどのようにして計測されているのかを解説します。
  • DApps入門
  • 2019-07-08
  • 【初心者向け】MyCryptoHeroesをGoogleAccountで始める方法
    MyCryptoHeroesはEthereumチェーン上で動いているブロックチェーンゲームですが、Googleのアカウントのみでも登録し、遊ぶことができます。 メタマスクやウォレットアプリを入れて…と言った煩雑な作業をひとまずは後に回して、まずMyCryptoHeroesがどんなゲームかを触ってみたい人向けの記事です。
  • DApps入門
  • 2019-01-29
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)にログインできない!アカウントが作れない時の対処法。【新バージョンへのリンクを追加】
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、使いやすいオンラインウォレットとして、初めてオンラインウォレットを利用する人にも多く選ばれています。ですが、セキュリティの高さゆえ、ログイン出来なくなると対処法がわかりにくいということも起こります。今回は、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)がログイン出来ない時やアカウントが作れない時の対処法について説明します。
  • DApps入門
  • 2019-09-02
  • ニュース・記事

    ブロックチェーンゲーム世界最大級規模の「JobTribes」ユーザー待望のPvPアリーナ(β版)サービス開始!
    シンガポールを拠点にブロックチェーンエンターテイメント事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte.Ltd.(DEA社)は、同社が運営するカードバトルゲーム「JobTribes」にて、ユーザーがそれぞれのデッキを持ちより直接戦うことができる新モード「PvPアリーナ(β版)」のサービスを開始したことを発表いたしました。 考え抜かれたデッキと戦術で、今まで以上に緊張感あふれるバトルを楽しむことが可能になります。 正式ローンチは2021年1月上旬を予定しております。 DEA社は今後も世界中のユーザーに様々なコンテンツを通して楽しさと驚きを提供してまいります。
  • プレスリリース
  • 2020-11-25
  • マイクリコイン(MCHC)の稼ぎ方・入手方法まとめ
    マイクリからガバナンストークンのマイクリコイン(MCHC)がリリースされました。ゲームをプレイして入手するまでの流れが少し複雑なので、詳しく解説していきます。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-11-20
  • インディーゲーム開発者がブロックチェーンゲーム開発に挑戦するわけ
    ブロックチェーンゲーム「マギアストーン」を開発しているインディー・ブロックチェーンゲーム開発者の ゆうき氏に、メールインタビューを行いました。
  • インタビュー
  • 2020-11-18
  • 元Microsoftのメンバーが、Executive DirectorとしてEnjinに参画
    ※以下プレスリリースをそのまま掲載しています。 この度Enjinは、長年Microsoftにて要職を務めたAlex Solomonが、Executive Director of Enterprise Platformsとして、Enjinに参画したことをお知らせ致します。Solomonは20年以上にわたり、Microsoftのマーケティングやオペレーション部門をリードし、最近では西ヨーロッパチームのAzure Direct事業を担当しました。Enjinでは上記経験を生かして、企業とのリレーション構築や、ブロックチェーン技術の導入を促進します。
  • プレスリリース
  • 2020-11-18
  • keywords