English
SignIn
ニュース・記事

CHOJO|PvPイベントに向けたオススメチーム・育成のコツまとめ

ツイート

CHOJOのPvPイベントは9月中予定

CHOJO|PvPイベントに向けたオススメチーム・育成のコツまとめ

CHOJOのPvPイベントは、9月中を予定していると発表されました。

https://chojo-cga.seventage.co.jp/news/information/1750/

初回のPvPでは、無差別とエピック以下の2つのレギュレーションでが予定されています。

褒賞は、プロモ版のレジェンダリーアーツ。

具体的に何位までもらえるかはまだ明らかになっていませんが、レジェンダリーアーツ獲得に向けて今のうちから準備を進めておくといいですね!

チーム構築の「コスト」とは?

PvPイベントでは、レアリティの制限の他に「コスト」による制限がはいっています。

コストは、チームを構成するファイターのレアリティによって決まります。

リミテッドレジェンダリー:コスト6
レジェンダリー:コスト5
エピック:コスト4
レア:コスト3
アンコモン:コスト2
コモン:コスト1

これらの合計で決まります。

例えば、コスト10以下のレギュレーションであれば、
・エピックーエピックーアンコモン
・エピックーレアーレア
などの組み合わせとなります。

エピック以下のレギュレーションだからといって、エピック3体を集中的に育成してしまうと、イベントのレギュレーションで使えないチームになってしまう可能性があるので注意しましょう。

PvPのための基礎知識

属性の相性を覚えよう

CHOJO|PvPイベントに向けたオススメチーム・育成のコツまとめ

PvPを攻略していくための超基礎知識が属性相性です。

ファイターには3つの属性が決められています。
・STR:打撃
・THR:投げ
・GRP:締め

アーツにも同じ属性が決められており、属性相性によってダメージが増減します。

属性の相性は、以下のような3すくみになっています。
・STRはTHRに強い
・THRはGRPに強い
・GRPはSTRに強い

フリーバトルでは、属性を揃えているチームを良く見かけます。チーム単位での属性相性をひっくり返すことはかなり難しい印象です。

ARAWAREの使い方を覚えよう

CHOJO|PvPイベントに向けたオススメチーム・育成のコツまとめ

ARAWARE(アラワレ)は、バトル中に一度だけ使える必殺技のようなもの。アラワレを使うことで、ファイターの能力を大幅にアップさせたり、攻撃に特殊効果を付与したりします。

アラワレ発動の方法は、左下のゲージがマックスになると現れる「ARAWARE」ボタンを押した状態でアーツを使うこと。

ラウンドの最初にアラワレが発動し、その後は通常のラウンドと同じようにお互い行動します。そのため、アラワレ発動のタイミング次第では、攻撃が活かせずにKOされてしまうことも。

アラワレの載った攻撃はかなり強力ですが、効果の持続するラウンド数に制限がかけられていることがほとんどです。

そこで、HPの残り少ないファイターを交代してバトル後半まで温存し、相手のアラワレタイミングに合わせてうまく交代させることで、アラワレの載った攻撃の直撃をそらすことも可能です。

ファイター毎のアラワレの効果や持続ラウンド数は事前にしっかりと把握しておくことが重要ですね。

ファイター育成のポイント

同じ属性の強化アイテムを使おう

CHOJO|PvPイベントに向けたオススメチーム・育成のコツまとめ

ファイターの主な育成方法は、クエストを周回して経験値を獲得することと、経験値アイテムであるプロテインを与えること。

プロテインは、ショップのFUKU交換で入手できます。

ここで重要なのは、ファイターの属性とプロテインの属性を合わせること。経験値の入る量が異なる属性のプロテインと比べて増えます。

プロテイン購入のためにFUKUを集めよう

クエスト周回で手に入るFUKUは、ノーマルが100、ハードが240です。この他、ショップメニューの「FUKU抽出」でゴーストアーツを破棄することでFUKUを入手することができます。

また、レベルが上限に到達したファイターやアーツがあるとボーナスFUKUがクエストクリア時に付与されます。ファイターのレベル上限は、レアリティに関わらず100、アーツは50です。レベル上限に近づいてきたら、育成を分散するのではなく、上限まで上げきってしまったほうが効率が良いです。

ハードを周回したほうがFUKUの入手効率が高いので、例えば、エース級の高レベルファイター3体で1チームを組むよりも、高レベルファイターを3チームに分散させてハードを回せるチームを増やすほうがFUKU入手効率がアップします。

PvPイベントにオススメの強ファイター・強チーム

フリーバトルをプレイしていて強かったチームやこれは戦いたくないな・・・というチームを紹介します。

CHOJOのバトルは、コストの影響を受けてレアリティがバラける構成になることが多いです。アンコモンやレアのバフ能力などをうまく使うことで強いチームを構築しやすくなります。

コスト12

コスト12では、レジェンダリーのファイター・アーツを使用可能。
ファイターのコストが12以下になるように考えたときの強いチームを紹介します。リミレジェは規格外なので除きます。

名染、名染、名染

CHOJO|PvPイベントに向けたオススメチーム・育成のコツまとめ

名染はGRP属性の優秀なファイター。攻撃を受けたときに、自分を除く味方のGRPとSPDを5%アップさせてくれます。さらにGRPには味方全体のGRPを15%アップするアーツ「因波苦斗」や回復アーツ「クール・ダウン」があります。

バフをガンガン積んでいき、あとから出てくる名染を育てていくスタイルですね。厄介な耐久チームになります。名染のバフスキルは自分が対象にならないので、うまく交代などをはさんで使いましょう。

名染名染瀬葵とかでも強いチームになると思います。

名染、浦和、古門

CHOJO|PvPイベントに向けたオススメチーム・育成のコツまとめ

コンセプトは名染x3と同様ですが、似たようなバフを積むチームに対してアドバンテージが取れるように浦和を入れています。

浦和のアラワレは、相手チームのバフをリセットできるので、自チームだけバフで有利な状況を作って古門に引き継ぐことができます。

現状のアセットプールを鑑みると、豊富なバフや回復などがあることから耐久系はGRPが有利です。GRPを育てるとともに、属性有利なTHRのチームも考えておくと環境で有利に建てるかもしれませんね。

コスト10

コスト10では、エピック以下のファイターやアーツを使用可能。ただし、エピックのアーツはチーム内で最大3つまでと制限がかけられています。

藤河、藤河、南井

CHOJO|PvPイベントに向けたオススメチーム・育成のコツまとめ

藤河のスキルはアーツ攻撃でダメージを与えた場合に、味方全体のSTRを10%アップするというもの。最大5回までと発動回数も多いので、うまくすべて発動することができれば、STRを1.61にアップさせることが可能。藤河を2人入れていることで、最大で2.6倍に上がります。

この状態で、南井のアラワレを使うと、更に20%アップするので、トータルで3.1倍となります。しかも、アラワレの効果でアーツ仕様後に通常攻撃もついてきます。有効ラウンド数が2なので、一気に形勢逆転できるだけの強さを持っています。

エラート、名染、瀬葵

CHOJO|PvPイベントに向けたオススメチーム・育成のコツまとめ

エラートバリショーイのスキルは、GRPアーツを装備している味方全体のDEFを10%アップするもの。耐久系のチームを組むときに重宝します。エラートには、因波苦斗を装備させ、できるだけ味方のGRPを強化して引き継ぎます。

瀬葵のスキルは自分の最大HPの5%を毎ラウンド回復するというもの。DEFバフと自動回復は相性がいいですね。

まとめ

CHOJOのPvPについて、攻略のポイントやオススメチームを紹介しました。

オススメチームではTHRが出てきませんでしたが、デバフなどのちょっと癖のあるファイターが多く、まだ使いにくいかなという印象だったためです。

CHOJOのファイターは、FUKU⇢プロテインと育成していくことで、サクサクレベルが上がります。PvPが始まるまでまだ時間がありますから、お気に入りのファイターを育成して上位を狙ってみてはいかがでしょうか。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • 【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
    株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • ゲーム攻略/紹介の記事

    【マイクリ|無課金攻略】課金しない人のためのマイクリプトヒーローズ(2020年版)
    マイクリの課金した攻略がたくさん出ていますので、いかに課金をせずに収益を得れるかについてを解説します。 ※2020/11/01 Labが廃止されているなど現状に合わせて記事を追記、修正しました。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-02-01
  • 【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • ニュース・記事

    ブロックチェーンゲーム世界最大級規模の「JobTribes」ユーザー待望のPvPアリーナ(β版)サービス開始!
    シンガポールを拠点にブロックチェーンエンターテイメント事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte.Ltd.(DEA社)は、同社が運営するカードバトルゲーム「JobTribes」にて、ユーザーがそれぞれのデッキを持ちより直接戦うことができる新モード「PvPアリーナ(β版)」のサービスを開始したことを発表いたしました。 考え抜かれたデッキと戦術で、今まで以上に緊張感あふれるバトルを楽しむことが可能になります。 正式ローンチは2021年1月上旬を予定しております。 DEA社は今後も世界中のユーザーに様々なコンテンツを通して楽しさと驚きを提供してまいります。
  • プレスリリース
  • 2020-11-25
  • マイクリコイン(MCHC)の稼ぎ方・入手方法まとめ
    マイクリからガバナンストークンのマイクリコイン(MCHC)がリリースされました。ゲームをプレイして入手するまでの流れが少し複雑なので、詳しく解説していきます。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-11-20
  • インディーゲーム開発者がブロックチェーンゲーム開発に挑戦するわけ
    ブロックチェーンゲーム「マギアストーン」を開発しているインディー・ブロックチェーンゲーム開発者の ゆうき氏に、メールインタビューを行いました。
  • インタビュー
  • 2020-11-18
  • 元Microsoftのメンバーが、Executive DirectorとしてEnjinに参画
    ※以下プレスリリースをそのまま掲載しています。 この度Enjinは、長年Microsoftにて要職を務めたAlex Solomonが、Executive Director of Enterprise Platformsとして、Enjinに参画したことをお知らせ致します。Solomonは20年以上にわたり、Microsoftのマーケティングやオペレーション部門をリードし、最近では西ヨーロッパチームのAzure Direct事業を担当しました。Enjinでは上記経験を生かして、企業とのリレーション構築や、ブロックチェーン技術の導入を促進します。
  • プレスリリース
  • 2020-11-18
  • keywords