English
ログイン
ニュース・記事

【インタビュー】マイクリからブレヒロへ double jump.tokyo株式会社 石川駿氏 1/3

更新日

シリーズ合計全世界3800万DLを誇るスマホRPGゲーム「ブレイブ フロンティア」のブロックチェーンゲーム化した最新作、ブレイブ フロンティア ヒーローズ(以下ブレヒロ)。

2代目マイクリプロデューサーの石川氏がブレヒロのプロデューサーとしてマイクリ運営で経験したことを、どう生かしていくのか、ブロックチェーンゲームへの展望、ブレヒロの展望についてインタビューしました。

ブロックチェーンゲームのプロデューサーを経験して

木村:自己紹介をお願いします。

石川:double jump.tokyoの石川駿と申します。現在ブレヒロのプロデューサーを担当させていただいております。

昨年の8月にdouble jump.tokyoに入り、マイクリの立ち上げにエンジニアとして関わり、今年の4月からMy Crypto Heroes(通称マイクリ)の2代目のプロデューサーとしてゲーム運営を実施しておりました。マイクリはDAU世界No.1(※イーサリアム上)のブロックチェーンゲームです。

9月末をもってプロデューサーを3代目に引き継いで、今はブレヒロの立ち上げを行っております。

木村:マイクリのプロデューサー経験してどうでしたか?

石川:私がマイクリのプロデューサーに就任したときは、今ほどゲームタイトルが出ておらず、しばらくして弊社が提供するブロックチェーンゲーム開発プログラムである「MCH+」の仲間であるTCGのCryptoSpellsがベータ版をはじめた状況でした。


世界でも前例もない黎明期のブロックチェーンゲームという市場で、右も左も分からない中、プレイヤーやランドキング、パートナー企業などのステークホルダーのみなさまと一緒に、もがきながらゲームを創っていました。

圧倒的に熱量の高いプレイヤーコミュニティの皆様と接し、流れの最先端にいたことで、ブロックチェーンを用いた一連のゲーム体験は、これまでにない新しい体験であり、<b>確実にさらに大きな市場となる</b>と実感しました。

試行錯誤の日々

石川:運営開発メンバーは、本当に目の前の施策があっているかわからない、なにが正しいかわからないという状況で、試行錯誤を日々繰り返しています。
中には当然、失敗した施策もあります。
炎上も何度もしました。

特に私がプロデューサーを務めていた時期は、運用への移行期でありながら、新規開発も求められる複雑な時期でした。

プレイヤーコミュニティの声をどの程度聞くべきかが非常に難しく、またそのための方法もなく、結果として中途半端になってしまったと反省しています。

ブロックチェーンゲームでは、ゲームアセットの所有情報をプレイヤーが持っており、ゲーム運営と、プレイヤーのアセット価値が強く紐付いているため、プレイヤーと運営のコミュニケーションが非常に難しいです。

木村:ではプレイヤーと運営のコミュニケーションには何が大切だと思いますか?

石川:これにもまだ正解はなく、これからも試行錯誤を重ねていく前提ですが、必要だなと思ったのが、<b>運営のルールを運営ガイドラインとして明文化</b>することです。

イーサリアムが現時点ではそのプログラムへの信仰によって価値が形成されているのと同様に、ゲームアセットを発行し、価値を与えるゲームの運営者としての行動を明文化し、人にわかるような状態にしておくという考えです。

本来はこれもブロックチェーン上にできれば、非中央集権の「DApps」となりますが、技術も市場も思想もそこまで進歩していないために運営が存在しています。

この運営ガイドラインがあれば、運営のアクションがわかりやすくなり、プレイヤーと運営のすれ違いも減り、連携も取りやすくなり、<b>今度こそ運命共同体</b>になれると考えています。私自身、プレイヤーと同じ方向を向いて話している瞬間が本当に好きなので、実現していきたいです。

ブロックチェーンゲームはまだ黎明期で、何が正しいかわからない中で進化していくものです。そのため、ルールでガチガチに縛ることはせず、試行錯誤を繰り返してルールをアップデートをしていくことはご理解いただければなと。
「運営ガイドラインを設けてそれに沿った運営を行う」これも1つの挑戦です。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【2021年5月】AnimocaBrandsのブロックチェーンゲームまとめ
コインチェックとの提携でも話題になったAnimocaBrandsのBCGについて紹介します。 MOTO GPとCrazy Defense Heroesについて追記(2021/3/16) AnimocaBrandsのサッカーゲームについて追記(2021/5/28)
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-12-23
  • 話題のM2E「RunBlox」の初め方と遊び方を解説
    RunBloxのインストールから遊び方をわかりやすく解説しました。 2022/08/08 正式リリースについて追記 2022/06/28 マーケットプレイスについて追記
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-30
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • 2022年版最新「Sorare」(ソラーレ)の概要・始め方・遊び方
    現実でのサッカーの試合結果と連動したイーサリアムに対応したブロックチェーンゲームのSorare(ソラーレ)について概要、始め方、遊び方を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2022/07 MLBを追記しました。 ※2021/09/09 Sorareとラ・リーガが提携しました。 ※2021/03/10 インストール方法を最新版に差し替えました ※2020/8/18 J1リーグ参加 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/5/24 更新
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • この著者による記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方(2022年7月版)
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※2022/07/28 Brave、Edgeブラウザに対応、チェーン自動切り替えを追加 ※追記 チェインリストを追記しました。 ※追記 2022/02/11 新しいポリゴンRPCのURLを設定しました。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • インタビューの記事

    【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
    株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • Powered by