English
MyPage
ニュース・記事

Formula 1​®​ 史上初のNFTトークンオークションは 415.9ETHもの高値で終了

update at :

1-1-1 トークンは最高値で落札されたデジタルアセットの 1 つに

ツイート

<以下プレスリリース文章を転載しています。>

2019年5月29日 モータスポ―ツの​マイルストーン​:Formula 1​®​史上初のデジタルアイテムである1-1-1マシンは、415.9ETH(当記事を書いた時点で約1225万円相当)もの高値で落札されました。この価格は、これまでのゲーム用NFT・デジタルアセット、またはブランドゲームのNFTの最高値の1つを記録しています。
1-1-1トークンは、近日リリース予定のブロックチェーンゲーム ​F1​®​ Delta Time​で初めてリリースされたトークンです。1-1-1トークンに続く、トークンオークションは今後複数回行われる予定です。オークションの参加は​www.F1DeltaTime.com​で行われますので、定期的にご確認ください。


1-1-1トークンはモータースポーツ界の​マイルストーン​であり唯一の存在となりました。

1-1-1マシンは、美しいエアロダイナミクスの設計、ローズゴールドのカラーにダイアモンドの装飾を施されたデザインを持ちます。そしてその美しさのみならず、その性能は他の

F1マシンから群を抜いており、最高速・アクセラレーション・グリップなどあらゆる面で最高のパフォーマンスを発揮します。

1-1-1トークンは世界の最高の人気を誇るFormula1®史上初の公式NFTであり、ブロックチェーンゲームAnimoca Brandsが今後リリースする予定のF1 Delta Timeで利用できるマシンです。​すでに配信している第一フェーズでは、​F1​公式の​NFT​が収集できるようになっています。
1-1-1という名前には、Formula1®の1番目の公式NFT、F1 Delta Timeの1番目のオークショントークンであり、世界に1つだけのトークンであるという3つの「1」という意味が込められています。今後1-1-1トークンと同じ・もしくはそれに類するトークンが出ることはなく、真に世界に一つだけのトークンとなっています。

記録を打ち立てる

1-1-1トークンの最終オークション落札価格415.9ETH(当記事を書いた時点で約1225万円) は、今まで販売されたデジタルアセットの中でもっとも高値です。さらに、NFT落札最高値の1つであり、既存のブランドとコラボしたNFTの中でもっとも価値のあるものとして落札されました。

レアなデジタルコレクションは高値での売買が行われます。これまでのNFTトークン取引の 最高値はCrypto KittiesのNFTトークン(“​Dragon​”) が600ETH(当時の価格で約1861万円)でした。また、ゴッド・アンチェインのNFTトークン(“​Hyperion​”) は146.271ETH(当時の価格で 約650万円)という高値で取引されています。

その他のデジタル資産とは違い、NFTトークンはその価値に達することができると考えられます。なぜならブロックチェーンというテクノロジーのおかげによりNFTというデジタル資産は現実に関連できる資産価値、希少性、原産地、を担保することができるからです。NFTトークンはブロックチェーン上で他のアイテムからは完全に独立した唯一無二の存在になります。

F1​® ​Delta Time​について

F1 Delta Time​は​Animoca Brands​が​Formula 1​と提携して開発・公表したブロックチェーンゲームです。ゲーム内では、​NFT​収集や​NFT​を活用しながらのレースが楽しめます。​NFT​収集はすでに利用でき、レースは​2020​年前半から開始される予定です。詳細は​公式​HP​をご覧になるか、公式のDiscord​チャンネル​(​https://discord.gg/s6wn7dk​)​にご参加ください。

F1 Delta Time

取引量/24時間
0
取引数/24時間
0
DAU
0
F1® Delta Timeは、ERC-721とERC-20基準を利用するブロックチェーンベースのゲームです。
エンジンや、タイヤなどのパーツ収集とレースゲームがあり、Formula1®とがグローバルでのライセンス契約を締結しており
第1段階として、Formula 1の知的財産に基づくNFTsを搭載し、2019年5月10日にリリース予定。
ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ 浜田

ブロックチェーンゲームについてのイベント情報・ゲーム攻略情報を紹介しています。

関連記事

2019年リリース予定の注目ブロックチェーンゲームまとめ
2019年の注目ブロックチェーンゲームを4つピックアップしました。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-06-18
  • オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

    【コンサヴァ】アプリからプレセールに参加する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントのプレセールにはイーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • 【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
    コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • 【マイイーサウォレット】非推奨となったKeystorFile・秘密鍵ログインからMetamaskログインへ切り替える方法
    マイイーサウォレットへ、これまでKeystoreFile、暗号化フレーズ、秘密鍵のいずれかを利用してログインしていた場合は、「ソフトウェアによるアクセス」からアクセスができます。 しかし、現在、そのログイン方法は非推奨とされています。 ブラウザのMetamaskログインに切り替える方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-09-02
  • マイページの利用方法
    アセットアナライザーで、マイページにウォレットを連携できる機能を導入しました。 これにより、自分のアセットがどのくらいの価値を持つのか、高く出品しすぎていないかなどがひと目でわかるようになります。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-04-06
  • この著者による記事

    【インタビュー】炎上を超えて。 CryptoGames株式会社 小澤孝太氏
    昨年10月にプレセールが炎上をし、その後改めて再出発を発表したCryptoSpells(クリプトスペルズ)。 今回、CryptoSpells(クリプトスペルズ)を制作するCryptoGames株式会社代表の小澤孝太氏にインタビューを行いました。
  • インタビュー
  • 2019-01-12
  • 【CryptoSpells】TCG × ブロックチェーンの可能性を考える会第一回 ブロックチェーンの可能性
    今回、CryptoSpells (クリプトスペルズ)リリース前対談として、カードゲーム界の方々を交えて、TCG(トレーディングカードゲーム)、DCG(デジタルカードゲーム)から見たブロックチェーンゲームについて対談を行いました。 本日から5回にわたって、以下の予定でお届けします。 第一回 ブロックチェーンの可能性 第二回 コミュニティの在り方 第三回 海外との違い 第四回 PvPについて 第五回 炎上を振り返る ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(WILL STUDIO 株式会社 代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社 代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード 代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-04-12
  • 【インタビュー】どんなブロックチェーンゲームにワクワクするのか。 根本晃氏( @dujtcr77 )
    MyCryptoHeroesへのアドバイザリー参画、コントラクトサーヴァントとのアドバイザー契約など、多くのブロックチェーンゲームへ影響を与えている根本氏。 今回、どんなゲームに根本氏が惹かれるのか。これからどんなゲームが出てきてほしいのかについてインタビューを行いました。
  • インタビュー
  • 2019-01-10
  • 【インタビュー】ブロックチェーンはゲームにどんなイノベーションをもたらすのか 第3回 この一年の振り返り
    コントラクトサーヴァントを開発するアクセルマークに、ブロックチェーンゲームインフォの木村がインタビューを行いました。 3回にわたって、お送りします。 第1回 参入した理由 第2回 価値の担保について 第3回 この一年の振り返り 参加者 尾下 順治氏 アクセルマーク株式会社代表取締役 三上 裕貴氏 コントラクトサーヴァントディレクター 木村義彦 ブロックチェーンゲームインフォ編集長
  • インタビュー
  • 2019-05-13
  • プレスリリースの記事

    ブロックチェーンゲーム「Cipher Cascade」 オープンβ版をリリース
    ~3/18(月)放送のMBSラジオ番組「オレたちやってマンデー」でCipher Cascadeのキャラクターを配 布!~
  • プレスリリース
  • 2019-03-15
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • 【特賞1ETH、副賞Amazonギフト券】フォロー&リツイートキャンペーン開催
    ブロックチェーンゲームインフォ新春企画第二弾! マイクリプトヒーローズやAxieなど、盛り上がりを見せるブロックチェーンゲーム業界の応援企画として、フォロー&リツイートでEthereumが当たるキャンペーンを行います。
  • プレスリリース
  • 2019-01-25
  • クオン、世界1億DL超えキャラクターのライセンス権をブロックチェーン技術を用いて販売開始!
    販売は2キャラクター、ライセンス権の販売想定価格は、2,000ETHと500ETH。
  • プレスリリース
  • 2019-05-22
  • keywords