BlockchainGameInfo
 

【ダービー対談】CryptoDerbyの竹村氏とEtherDerbiesの藤城氏に聞いてみた 1/3

株式会社プラチナエッグ代表の竹村也哉氏(以下竹村氏)と、株式会社atmosphereの藤城健之介氏(以下藤城氏)へ、ブロックチェーンゲームインフォ編集長の木村が対談の形でインタビューを行いました。

【ダービー対談】CryptoDerbyの竹村氏とEtherDerbiesの藤城氏に聞いてみた

まず初めに自己紹介

竹村氏
株式会社プラチナエッグの竹村です。
ずっとゲームを作っていまして、会社やってから十何年になります。
今年の頭からブロックチェーンゲームやっていこうとなりまして、
「ブロックチェーンゲームで天下取るぞ!」と言う勢いで頑張っています。

【ダービー対談】CryptoDerbyの竹村氏とEtherDerbiesの藤城氏に聞いてみた

藤城氏
株式会社atmosphereの藤城と申します。
弊社は今年の五月に登記をしたばかりの新しい会社です。
僕は大学の三年生で、学生企業です。
社員もほぼ同年代で、平均年齢二十歳~二十一歳のメンバーでやっています。
主にブロックチェーンを使ったプロダクトを作る会社です。
今、その中でもゲームに注力をしていこうとやっています。

【ダービー対談】CryptoDerbyの竹村氏とEtherDerbiesの藤城氏に聞いてみた

何故ブロックチェーンゲームを開発することになったのか

竹村氏
やっぱりクリプトキティーズが出て、なんだこれはというのがあったんですよね。

「なんでこれ売れてるの?」みたいなのから入って、
「もっとゲームが入っていればもっといいんじゃないの?」とか。
試しに遊んでみても「なるほどこういう感じなのか」、「それはわかるけど、これじゃなくてももっといいもの作れるよね?」ということがあり、

であれば、新しい業界だし、どこまで行くかわからないけど、ビジネスとして面白いんじゃないかなと参入しました。

思っているのは、「ソーシャルゲーム」より「ブロックチェーンゲーム」の方が「ゲームの本質」として近いと思うんですよね。
本質に近いから、将来的に伸びると思っていて、それがブロックチェーンゲームの本流になると思っています。

藤城氏
僕はもともとブロックチェーンと言うか、クリプトエコノミーに興味がありました。
ブロックチェーンは「価値のインターネット」と言われますけど、
インターネット上で所有権を作るための手段のような技術だと思っていて、
それでいろんな価値を取引ができるようになると考えた所、
ゲームは結構相性良いなと思っていまして。

ちょうど「レディープレイヤーワン」がすごい似ているなというか。
ビジョンとして、
「ゲームをプレイしてお金を稼ぐことができる未来」になったらいいなと思っています。
会社としてやるのにも、今後はそっちの市場は大きくなっていくだろうと考えているので。

竹村氏
この業界の人みんな「レディープレイヤーワン」見ていますよね。

競馬をモチーフに選んだ理由は

藤城氏
所有権をインターネット上で持つことができるということがブロックチェーンを使う利用価値だと思っていて、それが一番フィットしやすいのが競馬だと考えていきました。
同時に競馬は市場が大きいので、攻めるなら市場が大きい方が良いと考え競馬を選びました。

竹村氏
ほとんど一緒だと思います。
(dAppsとして)競馬を選んだチームが、世界でもいくつもありますが、やっぱり鉄板ネタの一個じゃないかと思います。
競馬のゲームが今まであって、競馬の市場もでかい。
あと、ブロックチェーンと相性がよさそうですよね。

多分クリプトキティーズ見た日本人で、「これ競馬にしたほうがいいんじゃないか」と思った人は相当いたと思うんですよ。
それくらいの鉄板ネタだと思います。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

オススメの記事BlockchaingameNews注目記事

シェア

ツイート

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ 浜田

ブロックチェーンゲームについてのイベント情報・ゲーム攻略情報を紹介しています。

インタビューの記事

【インタビュー モバイルファクトリー 秦氏、吉田氏】dAppsが流行る未来を作る為に

2018年11月30日

【インタビュー】炎上を超えて。 CryptoGames株式会社 小澤孝太氏

2019年01月17日

【インタビュー】CryptoKanojoの展望。ライトな層を狙える「MOE」「KAWAII」の強み 青樹氏・有藤氏

2018年12月18日

【インタビュー MyCryptoHeroes 上野氏 後編】見えてきた新しいターゲット層と将来の姿

2018年11月15日

【インタビュー】Cocos-BCXとは。 Cocos-BCX Japan 藤田氏 阿部氏

2018年12月27日

【インタビュー double jump.tokyo株式会社 上野氏】βバトル版を終えて、見つかった課題と今後の展望を聞いてきました。

2018年11月09日

【インタビュー】どんなブロックチェーンゲームにワクワクするのか。 根本晃氏( @dujtcr77 )

2019年01月10日

【インタビュー グッドラックスリー 周氏】くりぷ豚レース機能と今後の展開・課題について

2018年11月22日

【インタビュー】イーサエモンの新作ゲーム、CubeGoを日本で先行発表。

2018年11月01日

dAppsゲームのプレセールに異論を唱えた理由 fukuhara@雑記ブログ氏

2018年11月28日

【インタビュー】ブース出展で感じた認知への課題 ウォレットバトラー開発 株式会社Arc 伊藤氏

2018年12月17日

【インタビュー技術編 モバイルファクトリー 秦氏、吉田氏】Uniqys Kitを使ってdApps開発は

2018年12月11日