BlockchainGameInfo
 

【イベントレポート】BlockchainJam ブロックチェーンのこれから「一足先の未来を知る一日」 1/3

「ブロックチェーンを俯瞰する」 日本デジタルマネー協会理事 大石哲之氏

大石氏のプレゼンテーションでは、ブロックチェーンの歴史を振り返りつつ、
そこで生まれてきた課題の解消の為のムーブメントが来年以降の注目するべき点だと述べました。

概要

Phase1 Bitcoin&AltCoin
Phase2 Bitcoin2.0 & Ethereumによるプラットフォーム化
Phase3 ICO & Dapps

これらを通して生まれてきた問題(バグやスケーラビリティ問題、手数料の高等など)を解決するPhase4として、

高速化
DEX
Inter Blockchain Protocol
layer2
これらの技術が来年以降注目される。

「ブロックチェーンが直面している課題最前線」 フレセッツ株式会社 CEO 日向理彦氏

日向氏のプレゼンテーションでは、ブロックチェーンが直面している二つの課題、スケーラビリティとプライバシーについての解説が行われました。

当日のプレゼンテーション資料が公開されています。

「Etherum最前線」 Crypto economics Lab CTO 落合渉悟氏

落合氏のプレゼンテーションでは、Ethereumのスケーラビリティ問題への解決方法へ対して、
それぞれトレードオフがあることの解説が行われました。

当日のプレゼンテーション資料が公開されています。

「仮想通貨の税務について」Quantum Accounting株式会社 取締役 木村兼作氏 井堂裕功氏

木村氏・井道氏のプレゼンテーションでは、現在の仮想通貨税制についての基本と、税金計算・資産管理ツールのCryptoGainの説明が行われました。

「Tezos」 Tezos Core Developer Vincent Bernardoff氏

Vincent Bernardoff氏のプレゼンテーションでは、Tezosとは何かについての説明が行われました。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

オススメの記事BlockchaingameNews注目記事

シェア

ツイート

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ 浜田

ブロックチェーンゲームについてのイベント情報・ゲーム攻略情報を紹介しています。

イベントの記事