English
Connect
ニュース・記事

DApp構築プラットフォーム「Bunzz」が日本発パブリックブロックチェーン「Astar Network」と連携

更新日

Web3スタートアップLasTrust(以下LasTrust 、https://bunzz.dev 代表取締役:圷 健太/本社:東京都文京区)は、DApp(ブロックチェーンを利用した分散型アプリケーション)の開発支援プラットフォーム「Bunzz(バンズ)」のアップデートを行い、DAppのデプロイ先チェーンとして、日本発のパブリックブロックチェーン「Astar Network」、「Shiden」をサポートしました。

DApp開発プラットフォーム「Bunzz」とAstar Networkがシームレスに連携

Bunzz( https://bunzz.dev )」はパブリックブロックチェーン「Astar Network」、「Shiden」、「Shibuya」との連携をサポートしました。

これによりBunzzの開発者ユーザは、DApp開発用のスマートコントラクトを簡単に構築できるだけでなく、Astar系ネットワークへのデプロイをワンストップかつノーコードで行えます。

(その他、Polygon、Avalanche、BSC等の主要なEVM互換チェーンをサポート)

Bunzzとは?

Bunzzは、DAppを構築するスマートコントラクトをモジュールとして簡単に利用できる「ブラウザ統合型開発プラットフォーム」です。

DAppに必要な主要機能やコンパイル、セキュリティ監査済のスマートコントラクトを予め利用できる環境が整っています。 また開発だけでなくブロックチェーンへのデプロイもBunzzから実行でき、Web3サービスの開発者にとって非常に利便性が高い機能を備えています。

DApp構築プラットフォーム「Bunzz」が日本発パブリックブロックチェーン「Astar Network」と連携

高度な知識を必要とするスマートコントラクトの開発をシンプルにし、開発者がより付加価値の高い作業に集中できる

Bunzzの利用メリット

1. 定型化されたスマートコントラクトモジュールを利用することで車輪の再発明を防ぎ、アイデア構想からローンチまでの時間・工数を大幅に短縮できる(例:ERC20の生成、NFTのMint、マーケットプレイスの構築であればクリックのみで開発が可能)

2. スマートコントラクトはBunzz側で監査済み。セキュリティを気にする必要がない

3. solidityやブロックチェーンの技術的理解がゼロでもDAppを構築できるため、初学者でもWeb3関連サービスをローンチできる

4. Ethereumはもちろん、主要なEVM互換チェーン(Polygon、Avalanche、Arbitrum、BSC、Astar等)にデプロイ可能(テストネット含む)

5. 複数のスマートコントラクトモジュールを連携させ、多機能なDAppを構築できる(例:NFTのMintモジュールとマーケットプレイスモジュールを組み合わせ、Mint可能なNFTマーケットプレイスを開発できる)

6. 既存の外部スマートコントラクトとの連携(コンポーザブルなDApp開発環境が実現。2022 Q3〜実装予定)

7. スマートコントラクトの開発者がBunzzのレポジトリ機能からコントラクトモジュールを公開し、収益化できる(2022 Q2〜実装予定)

Bunzzのご利用はこちらから

https://bunzz.dev

Bunzzは開発プラットフォームとして、開発者がDAppを構築するインセンティブを最大化するための機能追加を予定しています。今回のAstar Networkとの連携も、ビジョン達成のためのマイルストーンの一部です。
同チェーンは「dAppステーキング」を実装しており、Astar上でDAppをデプロイしたユーザーにトークン報酬が発生します(審査あり)。つまりBunzzはDApp開発の技術的サポートを、Astar Networkはサービスローンチ後の収益サポートとして作用することで、開発者にとって付加価値の高い開発環境を提供することを意図しています。

Bunzzご利用の前に、ユーザーのMetamaskへAstarのネットワーク追加作業が必要です。追加方法はAstar公式ドキュメントをご確認ください。 https://docs.astar.network/tutorial/develop-and-deploy-your-first-smart-contract-on-aster-shiden-evm/configure-metamask )

Bunzzで開発されたDApp事例

ローンチ後約一ヶ月で、230ものスマートコントラクトモジュールがBunzzからデプロイされています。その中から、一部のDAppをご紹介します。
twitterのプロフィール画像を自動取得しNFT化できるウェブサービス「NFTMKR.xyz」は、NFTのMint機能を担うスマートコントラクトにBunzzのモジュールを利用しています。
なおフロントエンドは「Bildr」というノーコードツールで構築されており、ほぼノーコードでDAppがデプロイされた事例となっています。
https://nftmkr.xyz/

DApp構築プラットフォーム「Bunzz」が日本発パブリックブロックチェーン「Astar Network」と連携

『AstarNetwork ハッカソン』について

Web3エンジニアコミュニティ「devillage」が主催する『AstarNetwork ハッカソン』の応募が開始しています。
スポンサーにMicrosoft Japan、bitbank, Inc.が、審査員にFracton Venturesが参加し、優れたDAppのアイディアやプロダクトを世界に向けローンチすることを目的としたWeb3開発者向けのイベントです。
この機会にぜひ、BunzzでのスムーズなDApp開発を体験いただくと同時に、ハッカソンへの参加もご検討ください。

AstarNetwork ハッカソン 申し込みページ

https://devillage-web3.org/

DApp構築プラットフォーム「Bunzz」が日本発パブリックブロックチェーン「Astar Network」と連携

Bunzzモジュールの紹介(一部抜粋)


1. NFT生成モジュール+NFTマーケットプレイス機能モジュールのコンビネーション(ERC721、ERC1155に対応。独自コントラクト)

2. IPFSにMintできるNFT生成モジュール(ERC721、ERC1155に対応。独自コントラクト)

3. ERC20の生成モジュール

4. ERC20の生成モジュール+ICOモジュールのコンビネーション

5. べスティング機能モジュール(トークンを一定期間ロックする機能)[2022 Q2 実装予定]

6. ステーキング機能モジュール(預け入れたトークン量に応じて利子分配する機能)[2022 Q2 実装予定]

7. ボールト機能モジュール(トークンを一定期間ロックし、トークン量に応じて利子分配する機能)[2022 Q2 実装予定]

Bunzzは今後もDApp開発の「負」を解決し、スマートコントラクトのエコシステムを実現するため、プロダクトの改善・機能拡張を続けて参ります。

DApp構築プラットフォーム「Bunzz」が日本発パブリックブロックチェーン「Astar Network」と連携

BunzzのDApp開発コミュニティにご参加ください(discord)
https://discord.gg/ZsqvmdBA4e

Bunzz twitterアカウントからDApp開発に関する情報を配信しています
https://twitter.com/BunzzDev

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • この著者による記事

    注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • 日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • BCGコミュニティウォッチ「キャプテン翼-RIVALS-」
    ブロックチェーンゲームのコミュニティの様子ってどうなの?盛り上がってるの?ブロックチェーンゲームを始めたことのない人や、Discordって使った事無い人、Discordの運営気になる人向けにブロックチェーンゲームのコミュニティをレポートしていこうと思います。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-12
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※2022/11/10 ブリッジ機能が追加されたため説明を追記 ※2022/10/02 portfolio機能が追加 ※2022/07/28 Brave、Edgeブラウザに対応、チェーン自動切り替えを追加 ※追記 チェインリストを追記しました。 ※追記 2022/02/11 新しいポリゴンRPCのURLを設定しました。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • プレスリリースの記事

    CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • Powered by