ブロックチェーンゲーム インフォ- dApps、ブロックチェーンゲームの最新情報を毎日配信中、最新ランキングも配信

Fomo3Dの1ラウンドが終了し10000ETHを誰かが獲得。日本版として話題のFomoJPの利用は十分注意が必要です。

以前紹介しましたFomo3Dですが、ついに1stラウンドが終了しました。

本日、16時頃、第一ラウンドが終了したようです。
総額1万ETHが誰かの手に渡りました。

ラウンドが#2に

Fomo3Dの1ラウンドが終了し10000ETHを誰かが獲得。日本版として話題のFomoJPの利用は十分注意が必要です。

ラウンド1でプールされたETHを元に、ラウンド2が6000ETHプールされた状態で始まっています。

10000ETHがその手に

Fomo3Dの1ラウンドが終了し10000ETHを誰かが獲得。日本版として話題のFomoJPの利用は十分注意が必要です。

こうしてまた第二ラウンドが続いていくところに、Fomo3Dの従来のポンジスキーム型からの新しい可能性には要注目だと思います。

Fomo3Dの日本語版としてFomoJPが昨日より話題になっているようですが…

さて、本日、Fomo3D関係で動きがありました。
それは、「日本版Fomo3D」としてFomoJPと言うサイトが立ち上がったというツイートが多数アフィリエイトリンクと共に紹介されていました。

FomoJPは、多くのインフルエンサー等も巻き込み、紹介により「儲けられる」、「投資」などのキーワードでツイートが相次いでいます。

FomoJPの懸念点

しかし、FomoJPには、いくつかの懸念点があり、あまり薦められないのではないか、と感じる懸念点があります。

「日本版」の記載等が国内向けサービスと認識される可能性がある。

海外のオンラインカジノの利用は、取り締まる法律はありませんが、
国内向けであることをアピールしているサイトの場合や、国内で運営が行われていた場合は、国内で賭博をしたものとして捜査される可能性はあります。


海外の運営者が日本をターゲットにしたオンラインカジノを開き、その利用者が逮捕された事件、国内の企業が海外に法人を立てて運営していたオンラインカジノが摘発された事件の両方があります。

摘発された場合や摘発する為に、サイトが突然閉鎖される事や、利用者を逮捕して聴取する事などが可能性としては考えられます。

こうした懸念点があることから、ご利用には十分お気を付けください。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

My Crypto Heroes (マイクリ)

日本発!世界のDApps業界をリードするブロックチェーンRPGです。歴史上のヒーロー達を、集め・鍛え・編成し、Crypto Worldを制覇せよ!

シェア

ツイート

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ 浜田

ブロックチェーンゲームについてのイベント情報・ゲーム攻略情報を紹介しています。

新着記事

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る

2019年05月24日

MyEtherWallet(マイイーサーウォレット)で自分のウォレットにアクセスする方法:MEWconnect

2019年05月24日

堀江貴文氏が豚のキャラクター「ホリエトン」になって参戦!『くりぷ豚』リリース1周年 記念イベント開催中!

2019年05月23日

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)の新バージョンMEW V5はシンプルなデザインを特徴としたウォレット

2019年05月23日

ARを使ったブロックチェーンゲーム「AUGMENTORS」とは?クローズドMVPがリリース!

2019年05月22日

クリプトダービー(Crypto Derby)について

2019年05月22日

クオン、世界1億DL超えキャラクターのライセンス権をブロックチェーン技術を用いて販売開始!

2019年05月22日

楽天ウォレットの概要について

2019年05月22日

Holo(ホロ)の特徴について

2019年05月21日

【TomoChainはイーサリアムをベースに作られた仮想通貨。特徴を簡単解説】

2019年05月21日

【Enjinはブロックチェーンに特化したプラットフォーム。特徴を簡単解説】

2019年05月20日

仮想通貨・ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtec(テックテク)が、仮想通貨に関する税金カリキュラムを5月20日より提供開始します。

2019年05月20日