English
Connect
ニュース・記事

ブロックチェーンゲームEGGRYPTOを運営するKyuzanが2.6億円の資金調達を実施

更新日

※以下プレスリリースを掲載しています。

株式会社Kyuzan(本社:東京都文京区、代表取締役:髙橋卓巳)は、シリーズAラウンドで総額2.6億円の資金調達を実施したことを発表します。本ラウンドより新たにZ Venture Capital、ANRIを引受先としています。

資金調達の背景

 当社は2018年4月の創業より、ブロックチェーンとNFTを活用したサービスと技術基盤を開発してまいりました。株式会社GameWith様と共同開発しているNFTゲームの「EGGRYPTO(エグリプト)」は、世界初のモバイルネイティブのNFTゲームとして2020年4月にサービス開始し、誰でも簡単にアプリで始められる気軽さが受け入れられ、国内最大のユーザー数を誇るNFTゲームに成長しております。MAUは、1年で5倍と急成長し、直近の新規ユーザーの比率において日本よりも海外のユーザー比率が高くなっております。

 また、2021年4月からサービス開始したNFT開発プラットフォームの「Mint(ミント)」では、ブランド・クリエイター・コンテンツホルダーの企業様がユーザーに直接NFTの発行・販売を行えるツールの提供により、スピーディーなNFT導入と事業立ち上げの支援をしております。Rhizomatiks様、Perfume様、fragment design様をはじめとして、既に国内のトップブランド、クリエイターのNFTプラットフォーム構築を支援しております。

 NFT市場は、過去数ヶ月で急成長し、世界最大のNFTマーケットプレイスである「OpenSea」の月間取引高はEthereum上の取引のみで3,000億円を超える規模となっています(Dune Analytics)。マーケットプレイスの登場により個人のユーザーがNFTを販売することが可能になった一方で、ブランドやコンテンツホルダーといった企業がNFTの販売や、独自プラットフォームの開発を始めるには未だ課題が多い状況です。

 当社が提供するMintは、ブランドやコンテンツホルダー向けに、独自NFTのためのスマートコントラクトの構築、NFT販売に必要なストアフロントの構築と決済の仕組みを提供しております。これにより、事業者が安心してスピーディーにNFT活用を進められるよう支援してまいりました。

 さらに、世界に比べて日本ではNFTサービスが少なく、0からNFTサービスをデザインし、実際に成長しているNFTサービスの基盤を提供している事業者が非常に少ないという状況があります。当社は、自社のNFTサービスを0から開発し、国内最大規模のユーザー数を誇るサービスを提供してきた技術と知見を活かしてMintを開発しているため、高機能なツールだけではなく、サービスデザインやリーガル面も含めたNFT事業の立ち上げを支援できることを強みとしております。

 今回調達した資金は、EGGRYPTOとMintの成長に向けて、プロダクト開発と人材採用に投資する予定です。EGGRYPTOは、グローバルに急成長するNFTゲームになることを目指し、新たにPlay-to-Earnのゲームモードの開発とマーケティングの強化をしてまいります。Mintは、ブランドやコンテンツホルダーの企業様のNFT導入支援を強化するため、プラットフォームの機能開発と導入サポート体制の強化をしてまいります。これにより日本をはじめとして、グローバルで使っていただけるNFT発行プラットフォームを目指します。

投資家からのコメント

湯田 将紀(Z Venture Capital インベストメントマネジャー)

 ブロックチェーン及びNFTは、デジタル資産の価値を可視化・流通させ新たな経済圏を創りうる、大きな可能性を秘めた市場です。近年急速に注目度が上がった市場ですが、Kyuzanは高品質なプロダクトと優れたユーザー体験の開発に腰を据えて取り組んでおり、高橋さんとの対話や利用ユーザーの反応から、業界を牽引していく企業になると確信し、出資させて頂きました。共に未来を創っていきましょう!

都 虎吉(Z Venture Capital 取締役COO/パートナー)

 Kyuzanさんは、ブロックチェーン及びNFTを軸に、デジタルコンテンツの流通領域に新風を巻き起こす会社だと確信をしております。弊社の描く未来のインターネット経済圏の重要な役割をするサービスをいち早く展開しており、とても有望な企業と考え、今回出資をさせていただきました。高橋さん率いる、高い技術力と壮大なビジョンを持ったチームとチャレンジできることにとてもワクワクしています!

中路 隼輔(ANRI プリンシパル)

 NFTという急成長・地殻変動が起こっているマーケットにおいて、Blockchainゲーム(EGGRYPTO)という参入角度・またその先を見据えたMintという0からNFTサービスを運用しやすくできるプラットフォームを運用しているKyuzanは世界でも勝負できる企業になり得ると考え投資させていただきました。価値の大変革が起きているこの時代において、NFTという技術は非常に注目しており、Kyuzanにより日本が誇るブランド・コンテンツホルダー・コンテンツ力の価値を再発見し、成長していくことを期待しております!絶賛採用中なので、この転換点にぜひ一緒に取り組みましょう!!

本ラウンドから新規参画した投資家の概要

Z Venture Capital

 日本国内投資および、韓国・米国・中国・東南アジアなどのグローバル投資を行う日本最大級のコーポレートベンチャーキャピタル。2012年8月に設立されたYJキャピタル株式会社が、2021年4月にLINE Venture株式会社と合併し、Z Venture Capital株式会社に称号変更。

ANRI

 「未来を創ろう、圧倒的な未来を」というビジョンのもと、インターネット領域、ディープテックやライフサイエンスなどの幅広いテクノロジー領域のスタートアップ起業家の事業実現を、シード期から支援する独立系ベンチャーキャピタル。

Kyuzan 採用情報

 Kyuzanでは、誰でも簡単にブロックチェーンやNFT技術を扱えるツールを提供することで、新しいインターネットにおける創作を支援し、文化を推し進めるスタートアップです。また、ツールだけではなく、自らブロックチェーン技術によって可能になった新しい体験をユーザーに提供するサービスを開発しています。

 Kyuzanは、エンジニアとデザイナーが中心の5人以下の小さなチームですが、国内最大のNFTゲームEGGRYPTOの開発と、国内のトップブランドのNFT導入を支援するMintの開発をしています。今後は、日本が世界に誇るコンテンツやクリエイティブの力をNFTやブロックチェーン技術によりエンパワーメントし、グローバルのNFTプラットフォームを目指すため、エンジニア、デザイナー、プロダクトマネージャー、事業開発、ゲームデザイナーなど幅広いポジションで採用を強化しています。

 ブロックチェーンによって変わるインターネットの未来に共感し、自らその未来を切り拓く開拓者(pathfinder)を探しています。少しでも興味がある方は、ぜひ以下のリンクから応募をお待ちしております。
Kyuzan採用ページ:https://herp.careers/v1/kyuzan

株式会社Kyuzanについて

 株式会社Kyuzan は、NFTサービスとブロックチェーン開発基盤を開発しているブロックチェーンスタートアップです。株式会社GameWith と共同開発している世界一簡単に遊べるブロックチェーンゲーム「EGGRYPTO(エグリプト)」は、世界最大規模のアクティブユーザー数を誇ります。独自のブランドの世界観を表現できるオリジナルの NFT ショップ構築を簡単にするNFTプラットフォーム「Mint」の提供を開始しました。

会社概要

会社名: 株式会社Kyuzan
所在地: 〒150-6139 東京都渋谷区渋谷2-24-12 WeWork
代表者: 高橋 卓巳
設立: 2018年4月4日
URL: https://kyuzan.com/
事業内容: ブロックチェーンサービスの企画・開発・運用

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • この著者による記事

    注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • BCGコミュニティウォッチ「キャプテン翼-RIVALS-」
    ブロックチェーンゲームのコミュニティの様子ってどうなの?盛り上がってるの?ブロックチェーンゲームを始めたことのない人や、Discordって使った事無い人、Discordの運営気になる人向けにブロックチェーンゲームのコミュニティをレポートしていこうと思います。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-12
  • 日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※2022/11/10 ブリッジ機能が追加されたため説明を追記 ※2022/10/02 portfolio機能が追加 ※2022/07/28 Brave、Edgeブラウザに対応、チェーン自動切り替えを追加 ※追記 チェインリストを追記しました。 ※追記 2022/02/11 新しいポリゴンRPCのURLを設定しました。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • Powered by