English
SignIn
ニュース・記事

コミュニティ主導で異世界アニメを創出する「AnimeLoot」に派生Lootが誕生

本日、一般社団法人オタクコイン協会CryptoGames株式会社は、コミュニティの参加者で異世界転生アニメを創作する「AnimeLoot」において、コミュニティ主導で新たな”設定資料”にあたる派生Loot『AnimeLoot Physical Characteristics』が誕生し、「AnimeLootNFT保有者だけが取得できるようになったことを発表した。

今回の派生Loot『AnimeLoot Physical Characteristics』は、Ethereum版、Polygon版、BSC版の3種類のチェーン上に、それぞれの派生Lootとして公開される。まずはPolygonで公開し、順次BSC版、Ethereum版と展開予定。なお、派生LootPolygonBSC版につきましては、Ethereumのデプロイ代を目的とした数百円程度(時価)の有償での配布となる。派生Loot開発者によれば、余剰分は コミュニティへの還元や作成者への謝礼としてシェアしたいと考えているとのこと。

派生Loot『AnimeLoot Physical Characteristics』の販売価格

Polygon … 1 MATIC
BSC … 0.003 BNB
Ethereum … (未確定)

派生Loot『AnimeLoot Physical Characteristics』取得手順

「AnimeLoot」をEtherscanやpolygonscanから取得(claim)された方法とほぼ同じ方法となる。ここでは、polygonscanの画面を例に、取得(claim)の方法を説明する。パソコンにてメタマスクを使用する前提。

1. polygonscanを開く

コミュニティ主導で異世界アニメを創出する「AnimeLoot」に派生Lootが誕生

2. writeタブで「connect to Web3」をクリックし、MetaMaskを選択して接続する

コミュニティ主導で異世界アニメを創出する「AnimeLoot」に派生Lootが誕生

接続すると「Connect to Web3」の部分が「Connected」と表示される

コミュニティ主導で異世界アニメを創出する「AnimeLoot」に派生Lootが誕生

3. claimAllに「自分が保有しているAnimeLootの数 x 価格」を入力する

実行するメソッドは「claim」ではなく「claimAll」、入力する値は金額(Matic額)。TokenIDでも取得する個数でもなく、金額を入力する。多く入れすぎても普通に成功してしまうので、ちょうどの金額を入れるように注意する。

コミュニティ主導で異世界アニメを創出する「AnimeLoot」に派生Lootが誕生

一度に取得できる個数は、30個までは確認できている。もし保有している個数が多くてclaimAllがうまく動作しない場合は、claimメソッドのほうで1つずつclaimする必要があるかもしれない。

4. 自分が保有しているAnimeLootの数 x 1 を入力する

これが今回の費用となる。「例外が発生」となっていないことを確認する。「例外」の場合、GAS代だけ取られてclaimできないこともあるので、「例外」が発生している場合は承認しないように注意する。
例外が発生するケースとしては、下記が考えられる。
・claimできるものがない場合
・支払いの金額が少ない場合

コミュニティ主導で異世界アニメを創出する「AnimeLoot」に派生Lootが誕生

5. 「確認」をクリックする

下記のようにトランザクションが発行できずにエラーが発生した場合は、再度やり直しが必要。

コミュニティ主導で異世界アニメを創出する「AnimeLoot」に派生Lootが誕生

6. トランザクションの結果を確認する

成功すると「View your transaction」というボタンが現れるので、クリックする。MetaMaskのトランザクションからでもページを表示できる。

コミュニティ主導で異世界アニメを創出する「AnimeLoot」に派生Lootが誕生

7. successとなっていたら、無事にclaimできている。取得したTokenIDも確認できる

コミュニティ主導で異世界アニメを創出する「AnimeLoot」に派生Lootが誕生

8. OpenSeaの自分のコレクションを確認する

本派生Lootの発案者からのコメント

派生Loot『AnimeLootPhysicalCharacteristics』は、「AnimeLoot」のDiscord上のコミュニティから生まれた。本派生Lootを発案したshunichiro.crypto氏と仁科 一護氏の両名からのコメントは下記の通り。

「AnimeLootを所有するホルダーの皆さんは必ずしも創作的な能力を持っている訳ではありません。そのような方たちは、クリエイターの方々にAnimeLootを委ねて、その4つの要素からキャラクターを生み出してもらう事になると思います。

ただ、AnimeLootが指定している情報は、種族、性別、地位、性格の4つだけです。
種族は特徴的な要素ではありますが、この4つの属性では魅力的なアニメキャラクターとしては物足りないと考えました。

そこで、AnimeLootのキャラクターがもっと特徴的で魅力的になるよう、『AnimeLootPhysicalCharacteristics』を作りました。
これを使ってAnimeLootのホルダーの皆さんが、よりAnimeLootのキャラクターをイメージして、楽しんでもらえたらと思います。

また、私たちは今回AnimeLootのコミュニティで出会った数人が集まり、
話し合いながら要素を決め、学びながらNFTを発行するところまでたどり着きました。

今後もこのようにAnimeLootのコミュニティから新たな作品が生まれ、一緒に楽しむことができたら良いなと思います。」

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

この著者による記事

⽇本初︕ユーザーに最適なDAppsを提供 ブロックチェーンゲームとアプリに特化した 検索サイト「FinDApps」ベータ版オープン
株式会社モバイルファクトリーの100%⼦会社である株式会社ビットファクトリーは、ブロックチェー ンゲームとアプリ(DApps)に特化した検索サイト「FinDApps(ファインダップス)」のベータ版を オープンしました。「FinDApps」は独⾃のアルゴリズムによるDApps検索や、ユーザーが所持してい るトークン情報から各ユーザーに最適なDAppsを提供する検索サービスです。 ※DApps:ブロックチェーン上の分散型アプリケーション
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方(2021年3月版)
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04
  • Powered by