English
SignIn
ニュース・記事

「Enjin」1890万ドル(約21億円)の資金調達を実施

update at :

ツイート

2021年4月1日、EnjinはPolkadotを用いた次世代型NFTブロックチェーン「Efinity」の開発を目的としたプライベートセールを行い1890万ドル(約21億円)の資金調達を実施したと発表した。

本資金調達はCrypto.com Capital、DFG Group及びHashedがリードし、Hypersphere、BlockTower、Blockchain.com Ventures、Fenbushi、Iconium、HashKey、Arrington XRP Capital、DeFi Alliance等が参画したとしている。

EnjinのCOOであるCaleb Applegate(カレブ・アップルゲート)氏はこう言っている。

「NFTは全ての人にオープンであるべきです。Polkadotを用いることで、我々は簡単にスケーラブルなソリューションを構築し、新たなNFTの経済圏へ、誰でも参加できるようにします。 常にエンドユーザーを念頭に置き、Efinityは全ての人に、楽しくシンプルで利用しやすい体験を提供します。」

同社が開発している「Efinity」はPolkadotを使用し、6秒ごとにトランザクションを処理するように設定できるとしている。
また、承認方法はPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を使用するためPoW方式よりも高トランザクションが期待され、1,000TPS(Transaction Per Second)にスケーリングすることが可能と述べている。

Enjinはさらに、ブロックチェーン間のインターオペラビリティを向上する為、任意のブロックチェーンからのファンジブルまたはノンファンジブルなトークンをEfinityネットワークに移動し、Plokadotのエコシステムで利用を可能にする「Paratoken」と呼ばれる、ERC-1155トークン規格の発展版である新しいクロスチェーントークン規格の開発を行っている。

これによりデジタルアイテムのブロックチェーン間で相互利用が促進されると主張している。

「デジタルアセットは、ブロックチェーンのメタバース上に存在すべきです。 複数のブロックチェーン間で流動性を持たせることで、より多くのクリエイターと購入者、販売者を繋ぎ、エコシステムを拡大します。」
ー Witek Radomski / Enjin CTO

また、このエコシステムで使用されるトークンとしてEfinity Token (EFI)が用いられる。詳しくはこちらのホワイトペーパーで確認できる。

ホワイトペーパー(https://efinity.io

さらに、EfinityにENJをステーキングし、ENJでトークンを作成することに対するリワードとして、Enjinは、全供給量の15%に相当するEFIを確保している。
ENJをEfinityにステーキングするユーザーは、ネットワーク料金、マーケット手数料、クロスチェーンブリッジ料金、およびスマートコントラクト料金から収集されたEFIも、獲得が可能になるという。

EnjinはSnowforkが提供するオープンソースブリッジの開発を進めることで、NFTが「Polkadot」と「Ethereum」、およびその他のブロックチェーン間で移動可能な状態すると表明している。

また、EfinityのマーケットプレイスとなるNFT.io(https://nft.io)で、入札者にEFIを提供することで、アセットの流動性を向上させ、コレクターが所有しているNFTへの評価を可視化するとしている。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

この著者による記事

ブロックチェーンゲームやDappsをスマートフォンから楽しめるウォレットアプリ「GO! WALLET」独自リワードポイント(GO!ポイント)サービスを開始
ウォレットサービス事業者としては世界初、ブロックチェーンアプリの各種資産やDAppsで利用可能なイーサリアム自体やゲームアセットにも交換出来る独自のポイントサービスを提供
  • プレスリリース
  • 2019-03-06
  • ブロックチェーンゲームをスマートフォンから楽しめるDAppsブラウザウォレットアプリ「GO! WALLET」コンテンツパブリッシング事業開始!パブリッシング第1弾はBlockchain Cuties
    スマートフォン向けにブロックチェーンプラットフォーム事業を展開する株式会社スマートアプリ(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤崇、以下スマートアプリ)は、2018年10月中旬に配信開始した、スマートフォン向けDAppsブラウザー連動型ウォレットアプリ「GO! WALLET(ゴーウォレット)」の運営経験や開発した各種機能を活用したブロックチェーンゲームパブリッシング事業を開始します。第一弾として大手ブロックチェーンゲーム「Blockchain Cuties」(本社:ラトビア共和国)と契約を締結し、2019年3月下旬より(※1)iOSで先行して配信開始することを発表します。
  • プレスリリース
  • 2019-02-22
  • ビットにゃんたーずのリアルワールドゲームスに資金調達や業務提携、アンバサダーの就任と続々新しい動きが発表されました。
    ビットにゃんたーずで知られるリアルワールドゲームス株式会社が、2月12日にユーハ味覚糖株式会社、株式会社SNK第三者割当増資による資金調達の実施および業務提携を発表しました。 また、仮想通貨にハマって(中毒って)しまったお金の妖精『ポイン』氏がアルクコイン(ArukuCoin)のアンバサダーに就任を発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-02-13
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方(2021年3月版)
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • ニュースの記事

    【プレスリリース】ユーザー共同運営型位置ゲーム 本日ついにリリース!! 「駅メモ! Our Rails」リリース記念キャンペーン開催!
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 株式会社モバイルファクトリー(本社:東京都品川区、代表取締役:宮嶌裕二)の100%子会社である株式 会社ビットファクトリー(本社:東京都品川区、代表取締役:深井未来生)は、「ステーションメモリー ズ!」(略称:駅メモ!)の最新シリーズとなる、「駅メモ! Our Rails」を2020年8月3日(月)よりWebブ ラウザ向け(スマートフォン専用)にリリースしました。
  • ニュース
  • 2020-08-03
  • 【プレスリリース】Animoca BrandsがAtariと提携し、Pong®など有名な古典ゲームをブロックチェーンゲーム化へ
    Animoca Brandsのプレスリリースによると、AtariおよびAnimoca Brandsが既存のパートナーシップとライセンス契約を拡大すると発表しました。
  • ニュース
  • 2020-08-05
  • メルカリが「メルコイン」設立 暗号資産事業を行う、NFTの取引も視野に
  • ニュース
  • 2021-04-02
  • 世界初のボカロ楽曲NFT「ハイイロ・サイコロジック feat.初音ミク」の「共創NFT」が1枚限定で発行
    世界初のボカロ楽曲NFT 「ハイイロ・サイコロジック feat.初音ミク」の「共創NFT」が1枚限定で発行
  • ニュース
  • 2021-04-07