English
SignIn
ニュース・記事

【マイクリ】キングドラゴン全試合6試合を振り返る

ツイート

こんにちは。垂水ケイです。

1月11日にマイクリのキングドラゴン決勝があり、なんと優勝することができました!
キングドラゴンは、予選を突破した4人の総当たり戦で、全6試合あります。この記事では、6試合まとめて振り返っていきたいと思います。

キングドラゴン決勝の参加者

キングドラゴン決勝には、4日間のトーナメントを勝ち抜いてきた4名が参加しました。

・kamatomoさん:ライムのキング、過去レッドラ入賞多数
・Okuninushiさん:タンジェリンのG5、過去レッドラ入賞多数
・namelessさん:オーシャンのG5
・垂水ケイ:流星街のG5

King Dragon Final #1|kamatomo vs Okuninushi

【マイクリ】キングドラゴン全試合6試合を振り返る

kamatomo
team1:卑弥呼、ツタン、チンギス
team2:諸葛亮、アイン、義経
team3:アレキ、ダヴィンチ、安倍

Okuninushi
team1:アイン、信長、義経
team2:安倍、アイン、義経
team3:登場せず

第一戦はLIMEのキングkamatomoさんと、Okuninushiさんの戦いです。Okuninushiさんは、team1から信長と義経にブレードや刀を装備させて前からガンガン削っていく構成。対するkamatomoさんは、ツタンとチンギスを中衛・後衛に配置する構成。タンジェリンやステアリングでの後衛攻撃に、チンギスのカウンターを合わせていくつもりだったと思われますが、読みを外してしまいチンギスが活きませんでした。

kamatomoさんのteam2が登場してすぐに織田の添加風が発動し、諸葛亮が落とされてしまったのもかなり痛いところ。残されたアイン・義経やアレキ・ダヴィンチのブッパで奮闘しますが、削りきれずにOkuninushiさんの勝利でした。

現ルールの99では、卑弥呼が一度しか発動しないため、もし勝てたときに2戦目はスキル無しのヒーローになってしまいます。使いにくいこのヒーローを最初に持ってきたkamatomoさんの大胆さはさすがだと思います。

https://www.mycryptoheroes.net/ja/battles/114893834

King Dragon Final #2|Nameless vs tarumikei

【マイクリ】キングドラゴン全試合6試合を振り返る

Nameless
team1: ツタン、織田、チンギス
team2:リチャード、アイン、義経
team3:安倍、バッハ、ダヴィンチ

tarumikei
team1:安倍、アイン、義経
team2:信長、アイン、リチャード
team3:登場せず

phyブッパ対安倍アイン義経の正月セール後に登場した強構成の戦い。Namelessさんのチンギスは前から、他の二人は後ろから攻撃するエクステ構成で、tarumikeiは義経に弓弓の高速回転構成。int系のヒーローがいなかったため、読みを外した形になります。バッハとかアインとかを狙っていました。Namelessさんの手持ちアセットでは、織田・アイン・義経が一番厄介だったのでそれをメタった構成です。

構成の相性としては、tarumikeiの安倍が本x2、アインがマスケットを装備しているので、チンギスのカウンターチャンスも多くNamelessさん有利。しかし、それを覆すほどの相対性理論と鵯越の引でtarumikeiの勝利。team1同士の戦いでは鵯越発動率100%を記録。

team2同士の戦いは、tarumikeiの織田の天下布武で相手の義経のHPを一気に削り、相対性理論の乗ったリチャードのステアリングで一気に倒しきりました。ほぼフルヘルスのまま次の戦いへ。

Namelessさんはアルケブスを装備していましたが、intの低いリチャードや織田ではなくアインに飛んでしまい戦力を削りきれず。そのまま押し切ってtarumikeiの勝利。

https://www.mycryptoheroes.net/ja/battles/114893837

King Dragon Final #3|kamatomo vs Nameless

【マイクリ】キングドラゴン全試合6試合を振り返る

kamatomo
team1:ベートーヴェン、ダヴィンチ、アレキ
team2:卑弥呼、ツタン、チンギス
team3:諸葛亮、アイン、義経

Nameless
team1:ダヴィンチ、バッハ、ツタン
team2:チンギス、リチャード、織田
team3:安倍、アイン、義経

team1同士はブッパ同士の戦い。アレキとベトの分だけkamatomoさん有利。お互い強力なパッシブを放ち、最後に残っていたのはkamatomoさんでした。その後Namelessさんのteam2でサクッと倒して、ほぼフルヘルスでteam2同士の戦いに入りました。

team2はNamelessさんがphyx3だったので、kamatomoさんの卑弥呼がうまく刺さりませんでした。攻撃でゴリ推してNemelessさんの勝利。ここでもまたkamatomoさんが巻き返し、ほぼフルヘルスでteam3同士の戦いに入りました。

team3同士では、kamatomoさんのアインが安倍によってintを下げられ、相対性理論のバフが乗り切らず敗退。アルケブスで義経が削られたのも痛かったですね。Namelessさんの勝利でした。

https://www.mycryptoheroes.net/ja/battles/114893839

King Dragon Final #4|tarumikei vs Okuninushi

【マイクリ】キングドラゴン全試合6試合を振り返る

tarumikei
team1:モーツァルト、卑弥呼、卑弥呼
team2:リチャード、アイン、義経
team3:登場せず

Okuninushi
team1:アーサー、卑弥呼、アーサー
team2:諸葛亮、アイン、義経
team3:リチャード、アイン、義経

team1では最近話題の杖チームと、アーサー主軸のphyチーム。Okuninushiさんのチームに対して、卑弥呼アイン義経や安倍アイン義経を使うとアーサーに膾切りにされる構成です。それを避けるために卑弥呼アインの構成はやめて、モツ卑弥呼卑弥呼を使いました。このチームは継戦能力ゼロなうえ、読みを外すと余裕で負けるのでかなりギャンブルでした。うまいこと前から攻撃のアーサーにぶつけることができてよかった。team2のHPをわずかに削ってチーム交代。

team2同士の戦いでは、リチャードのパッシブがOkuninushiさんの義経をガンガンデバフし無効化。攻撃手段がなくなってしまったため、tarumikeiがフルヘルスまで回復して折り返しました。騎士道の華発動率100%(5回連続)。

Okuninushiさんのteam3とtarumikeiのteam2が同じ構成のミラーマッチでした。ここでも異常なパッシブの引きを見せてtarumikeiが勝利。(合計すると、騎士道の華が8回連続で発動していました。)

パッシブの発動次第では、Okuninushiさんのteam3でこちらのteam2,3が落とされていたと思います。この日は本当についていました。

https://www.mycryptoheroes.net/ja/battles/114893833

King Dragon Final #5|Okuninushi vs Nameless

【マイクリ】キングドラゴン全試合6試合を振り返る

Okuninushi
team1:アイン、義経、諸葛亮
team2:坂本、アイン、義経
team3:リチャード、アイン、義経

Nameless
team1:ダヴィンチ、リチャード、チンギス
team2:安倍、バッハ、義経
team3:織田、アイン、ツタン

Okuninushiさんはここまで意外と見かけなかった耐久チームで登場。対するNamelessさんは回復なしのブッパ。削りきれるかどうかがポイントでした。結果としては、トリコーンではHPこそ上がるものの回復量不十分で、ダヴィンチのスキルを残したままOkuninushiさんが破れました。Okuninushiさんはteam2でも耐久Kチーム。99で耐久を2チーム並べると、数的優位を作り出せた時点でほぼフルヘルスで次の戦いにいけるのでなかなかいい戦略なんです。アセットが充実していないと回復間に合わないのが難点ですが。

Namelessさんのteam2は、回復を大量に積んでいるOkuninushiさんを落としきれないかと思いましたが、アルケブスがいい仕事をしてくれましたね。その後はOkuninushiさんのteam3が2枚抜きをしてOkuninushiさんの勝利です。

ここまできて、Okuninushiさんが2勝1敗。#6でtarumikeiがkamatomoさんに負けると、2勝1敗同士で決勝戦という状況でした。緊張感マックス。

https://www.mycryptoheroes.net/ja/battles/114893841

King Dragon Final #6|tarumikei vs kamatomo

【マイクリ】キングドラゴン全試合6試合を振り返る

tarumikei
team1:ベートーヴェン、アイン、義経
team2:安倍、アイン、義経
team3:登場せず

kamatomo
team1:安倍、小町、ダヴィンチ
team2:アレキ、ツタン、チンギス
team3:諸葛亮、アイン、義経

kamatomoさんは卑弥呼読みでキングドラゴンでも小町を入れてきました。結果としては外していますが、読み&実行力がすごい。小町は卑弥呼対策だと思いますが、卑弥呼が入っていなかったとしてもintブッパが刺さりやすいアセット構成なので採用してきたんだと思います。実際にteam1同士の戦いではkamatomoさんが勝ちましたしね。

team2でtarumikeiが繰り出したのは、安倍、アイン、義経です。ダメージはそれなりに与えていたので、難なく撃破しteam2同士の戦いへ。ここではアレキ→ツタンのコンボを決めたかったところですが、タンジェリンx2だったのでアレキは発動せず。

kamatomoさんteam3は諸葛、アイン、義経の構成です。tarumikeiのアインは恐怖になってもすぐに解除され、kamatomoさんのアインは恐怖になっていないのになかなか発動しないという状況。さらにkamatomoさんの義経はphyがデバフされたにも関わらずagiは999になってしまい、完全に安倍発動装置になってしまいました。これによってアインと諸葛亮のintがどんどん下げられてしまい、最終的に全員落とされてしまいます。

これでtarumikeiの3勝となり、優勝が決まりました!!!

振り返ってみると、パッシブの引きが異常にいい日でした。

https://www.mycryptoheroes.net/ja/battles/114893842

まとめ

今回のキングドラゴンでは、運を味方につけて優勝することができました。パッシブの引きや恐怖解除の確率がかなり上振れしていましたからね。強豪プレーヤー相手に構成を考える時間はとても楽しかったです。Okuninushiさんも夜通し構成を考えたとか。

ただ、会場にいるプレーヤーと運営はそれなりに盛り上がったのですが、規模はまだまだ小さいなと感じました。次回キングドラゴンをもっと盛り上がるように、初代優勝者としてこれからもデュエルを賑やかしていきたいと思います!

おまけ|裏キングドラゴン

【マイクリ】キングドラゴン全試合6試合を振り返る

キングドラゴンの二次会で、ストロベリーキングの魔王代理(今回5位)と裏キングドラゴンを開催しました。

代理
team1:諸葛亮、アイン、坂本
team2:卑弥呼、アーサー、チンギス
team3:アレキ、ダヴィンチ、ブリュンヒルド

tarumikei
team1:アレキ、信長、ベートーヴェン
team2:安倍、アイン、義経
team3:登場なし

初戦は代理がintブッパに対し、アレキとベートーヴェンのバフ・デバフコンビのチーム。phyx2+アインの構成はintブッパに弱いので、その弱点をついてくるであろうことを読んで、phyx2の構成はやめておきました。代理は諸葛を入れてきていましたが、アレキが発動する前に倒されてしまいました。続く卑弥呼のパッシブを発動させることができたのがかなり大きかったです。

代理のteam2,3のどちらかでは最近アリーナで猛威を奮っている火の鳥ブリュンヒルデ(死亡時に復活するためにブリュンヒルデのパッシブが発動しやすい。強い。)を使ってくると読みました。継戦能力は低いチームなので、こちらも継戦能力を気にせずに勝負できたのはよかったです。

パッシブの引きの良さは二次会まで持つのかというくらいここでも引いて、そのままteam2,3を撃破!

おまけまで含めてteam2までしか使わなかったので、本当に運がよく、ソコソコ読みもハマっていたんだと思います。楽しいイベントでした!

https://www.mycryptoheroes.net/ja/battles/114995716

予選の様子はこちら

MyCryptoHeroes

【マイクリ】マイクリプトヒーローズ(My Crypto Heroes )

取引量/24時間
0
取引数/24時間
10
DAU/24時間
4
招待コードに「fZAM」と入力すると、特典ヒーローが貰える!

double jump.tokyoによるワーカープレイスメント型RPGゲーム。
歴史上のヒーローたちを集め、育て、バトルに挑みます。
多彩なヒーローとアイテムを組み合わせたチーム編成が、バトルでの勝利のポイント。
最強のチームでCrypto Worldの覇者をめざそう!
ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

関連記事

MetaMask(メタマスク)の使い方(2020年版)
ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、インストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※追記2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • 【2020年版】ブロックチェーンゲームで稼ぐ方法まとめ【副業になる?】
    ブロックチェーンゲームと言えば、注目されるのは稼げるかどうかの部分。 本記事ではどのような稼げる方法があるのか、HOWの部分について紹介します。 ※2019/8/7公開 ※2020/6/1追記
  • DApps入門
  • 2020-06-02
  • 【マイクリ】キングドラゴン予選|ベストバウト10戦
    マイクリでは、1月11日に開催されるキングドラゴン決勝戦に向けて総勢100名の中から4名が選出される予選が行われました。この記事では、決勝進出を果たした垂水ケイが予選のベストバウトを10戦紹介します!
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-01-10
  • 【マイクリ|無課金攻略】マイクリプトヒーローズを無課金で遊んで4000円相当のETHを得た方法と内訳【レポート】
    遊んだ時間が資産になる事で話題のマイクリプトヒーローズ。 前回、課金しない人の為のマイクリプトヒーローズを執筆しましたが、 今回、実際にそうやって無課金でプレイをしたうえで、その後どのくらい実際に時間が資産になったのかをレポートします。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-01-29
  • オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

    TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • 【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
    株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • ゲーム攻略/紹介の記事

    【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【マイクリ|無課金攻略】課金しない人のためのマイクリプトヒーローズ
    マイクリの課金した攻略がたくさん出ていますので、いかに課金をせずに収益を得れるかについてを解説します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-02-01
  • 【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
    コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • ニュース・記事

    【プレスリリース】Enjin、NFTの表彰イベント「NFT Awards」をDEAと共催!審査員としてMicrosoftや元ソニーCEOの出井伸之氏が参画
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 ブロックチェーンを用いたゲームエコシステム構築をするENJIN Pte. Ltd. (本社:シンガポール、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、12月9日に主催企業のTwitchおよびYouTubeチャンネルにおいて、受賞NFTを発表いたします。 ブロックチェーンエンターテイメント事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd.( 本社:シンガポール、Co-CEO:吉田直人および椎名茂、以下「DEA」)と共同で、2020年に発行された価値あるNFTを表彰するイベント「NFT Awards2020」を、2020年12月9日にオンライン開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-09-18
  • 【プレスリリース】ブロックチェーンの最先端技術と未来を知る1日限りのイベント「BlockChainJam2020」が、今年は 10月24日 に完全オンライン・完全無料で開催。
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 仮想通貨を支えるブロックチェーン技術は世の中にどんな変化を起こすのか? 最先端の技術を知り、一足先の未来を知ることができる1日限りのイベントです。
  • プレスリリース
  • 2020-09-17
  • コインチェック、『マインクラフト』に続き”全世界4,000万DL”を達成した『The Sandbox』内で利用可能なNFTを取扱うべく連携を開始
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾聡、以下当社)は、NFTマーケットプレイス事業において、2020年下半期に日本で正式ローンチを予定しているブロックチェーンゲーム『The Sandbox』と、同ゲーム内で利用可能なNFTを当社のNFTマーケットプレイスにて取扱うべく連携を開始しました。当社では、すでに2020年9月に大人気ゲーム『マインクラフト』内で利用可能なNFTの取扱いに向け「Enjin」と連携を開始することを発表しております。
  • プレスリリース
  • 2020-09-16
  • 【プレスリリース】IP・コンテンツ事業者向けブロックチェーンプラットフォーム「GO BASE」にて、NFTの発行・販売・マーケット機能を追加実装。NFTを活用したコンテンツのスマホアプリも今秋リリース予定
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 デジタルトークンを活用したブロックチェーンプラットフォームサービス「GO BASE」を展開する株式会社スマートアプリ(本社:東京都港区、代表取締役社長:高長徳、以下スマートアプリ)は本日、コンテンツ事業者が独自にNFT(Non-Fungible Token = 代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークン)の発行・販売・マーケットプレイスを利用できるサービスを追加実装したことを発表します。また合わせて、「GO BASE」で発行したNFTの著作権保護などを実現する独自技術を特許出願したことも発表します。 また、ブロックチェーン技術を用いたサービスを展開する株式会社coinbook(本社:東京都港区、代表取締役:奥秋 淳)と共同開発した、デジタルトレーディングカードサービス「NFTトレカ」を9月末にリリース予定。
  • プレスリリース
  • 2020-09-11
  • keywords