English
MyPage
ニュース・記事

【SFBW2019セッションレポート】NFTが真に「Non-Fungible」であるために。ブロックチェーンは次の変革が求められている

update at :

サンフランシスコで開催された「SF Blockchain Week 2019」のメインイベントEpicenterより、ブロックチェーンゲームとNon-Fungible Tokenに関するセッション「Why NFTs are Not Truly Yours」のレポートをお届けします。スピーカーはChromniaのリードデベロッパーを務めるRiccardo Sibani氏です。

ツイート

ブロックチェーン開発の裾野が広がり始めている

前回のレポートで紹介したForteのように、ブロックチェーンゲームに関するセッションでは、開発環境の整備に取り組むプロジェクトがいくつか見受けられました。
本セッションを担当したChromaWayも、DApps開発に特化したブロックチェーン「Chromia」やSQLでブロックチェーンを利用することができるPostChainなどを開発しています。
2016年には、スウェーデンの土地登記所と連携することで、ブロックチェーンで土地の登記情報を管理するシステムを開発し話題となりました。
ChromaWayは、世界で初めてBitcoin2.0を実装したといわれているAlex Mizrahi氏がCTOを務めていることでも有名です。

本セッションでは、そんなChromaWayのリードデベロッパーを務めるSibani氏より、ゲームと親和性の高い「Non-Fungible Token」について語られました。

ブロックチェーンゲームの課題はNFTの実装難易度

Sibani氏によるプレゼンテーションは、ソーシャルゲーム開発における現状の課題提起から始まりました。
彼は、「開発者は高いコストを費やし、プレイヤーはゲーム資産を半永久的には保有できず、パブリッシャーはゲームアイテムからの利益を最大化できていない」と説明します。
そして、ブロックチェーンを活用することで「公平かつセキュアなゲームを作ることができ、アイテムに流動性を持たせることまで可能だ」と述べました。
しかし、ブロックチェーンゲームには「開発者への負担が大きすぎる」という課題があるといいます。
Sibani氏いわく、開発者への負担となっている最たるものが「Non-Fungible Token(NFT)」の実装です。

ブロックチェーンゲームを開発する上で、NFTの実装は欠かせません。
ゲーム内の資産をNFTで表現することで、これまでのソーシャルゲームには無かった体験を実現することができます。

NFTとは名ばかり。「Non-Fungible」とは程遠い

セッションの後半におけるメインパートは、現状のNFTにおける「Pluggability(接続性、追加組み込みの容易さ)」についてです。
Sibani氏は、「現在のブロックチェーンゲームにおけるNFTは、発行者による影響を強く受けます。なぜなら、ゲームのロジックだけでなくプレイヤーのアカウントなど、ほとんどがオフチェーンに記録されているからです。」と述べました。
さらに、ゲームのコントローラに例えて次のように指摘しています。
「まず、オンチェーンに記録されていないゲームロジックはいつでも巻き戻すことが可能です。パワークリープ(ゲーム内におけるインフレ現象。追加キャラクターやアイテムの価値がゲーム内で大きな影響を持つこと)をいつでも引き起こすこともできます。プレイ時はNFT発行者の影響を強く受けるだけでなく、NFTの発行はいつでも停止することができるのです。」

【SFBW2019セッションレポート】NFTが真に「Non-Fungible」であるために。ブロックチェーンは次の変革が求められている

Sibani氏は、「NFTを真にDecentralizedな状態で活用するためには、まず開発環境を整備する必要があります。Chromiaはゲームだけでなく、今後のDApps開発を担う存在だといえるでしょう」と語り、セッションを締め括りました。

著者の考察

Sibani氏のいうように、現状のNFTは”事実上”のNon-Fungibleである点が否めません。
しかし、ブロックチェーンのスケーラビリティやオラクル問題が障壁となっているのもまた事実です。
ブロックチェーンの実用化が進む上で、NFTはさらなる普及が期待されるため、引き続き動向に注目していきたいと思います。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

株式会社techtec

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンの学習サービス「PoL(ポル)」を運営。世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業にも注力する 日本発のブロックチェーンリーディングカンパニー

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • マイページの利用方法
    アセットアナライザーで、マイページにウォレットを連携できる機能を導入しました。 これにより、自分のアセットがどのくらいの価値を持つのか、高く出品しすぎていないかなどがひと目でわかるようになります。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-04-06
  • 【マイイーサウォレット】非推奨となったKeystorFile・秘密鍵ログインからMetamaskログインへ切り替える方法
    マイイーサウォレットへ、これまでKeystoreFile、暗号化フレーズ、秘密鍵のいずれかを利用してログインしていた場合は、「ソフトウェアによるアクセス」からアクセスができます。 しかし、現在、そのログイン方法は非推奨とされています。 ブラウザのMetamaskログインに切り替える方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-09-02
  • 【コンサヴァ】アプリからプレセールに参加する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントのプレセールにはイーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • イベントの記事

    コントラクトサーヴァントのボードゲーム版試遊会レポート
    2月7日、アクセルマークのコントラクトサーヴァントチームにて、コントラクトサーヴァントのバトルを再現したボードゲーム版の試遊会が開催されました。 ブロックチェーンゲームインフォの浜田が参加し、コントラクトサーヴァントのバトルを体験しました。
  • イベント
  • 2019-02-08
  • 第3回Crypto Games Conferenceが2019年4月25〜26日ミンスク、ベラルーシにて開催
    2018年5月にウクライナのキエフで開拓されたCrypto Games Conferenceが、2019年4月25日から26日にかけて、ベラルーシのミンスクで開催されます。
  • イベント
  • 2019-01-31
  • 【3/19 渋谷】Gaming on Blockchain - Tokyo【dapp.comが登壇】
    ゲームブロックチェーン|東京 2019年3月19日東京ブロックチェーンミートアップが開催しております。 ミートアップではdapp・ゲーム・ブロックチェーンの導入についてご紹介します。 Dapp.com ・ TomoChain・ MyCryptoHeroes、そして他のdappプロジェクトと一緒にdapp(dope)ナイトを楽しみにしていきましょう。
  • イベント
  • 2019-03-15
  • ウォレットバトラーがオープンβを9月18日に開始
    現在開催中のTokyo BlockChain Game Conference2019にて ウォレットバトラーのオープンβが9月18日に開始されることが発表されました。
  • イベント
  • 2019-09-16