English
ログイン
ニュース・記事

NBA(全米プロバスケットボール協会)がDapper Labsと提携 |ブロックチェーンベースのバスケットボールゲーム「NBA Top Shot」を開発

更新日

NBA(全米プロバスケットボール協会)とNPBA(プロバスケットボール選手協会)は、Dapper Labsと提携し、ブロックチェーンベースのバスケットボールゲームNBA Top Shot(NBAトップショット)を開発。

2020年頭に提供予定としています。

NBA(全米プロバスケットボール協会)がDapper Labsと提携 |ブロックチェーンベースのバスケットボールゲーム「NBA Top Shot」を開発

NBA(全米プロバスケットボール協会)とNPBA(プロバスケットボール選手協会)は、Crypto Kitties(クリプトキティーズ)を開発した企業Dapper Labsと提携し、ブロックチェーンベースのバスケットボールゲームNBA Top Shot(NBAトップショット)を開発していることを発表しました。

2019年秋にローンチする予定で、実際にゲームをプレイできるのは、2020年頭に予定されています。

NBA Top Shot(NBAトップショット)の特徴

NBA公式ゲーム
・自分の理想的なチームを編成できる
・チームや選手を育成する
・実際に試合でプレーした内容も反映される
ブロックチェーン技術を利用してトークン化する
・選手の様々なプレーをデジタル収集物(モーメント)として、所有・売買・取引することできる
・モーメントは対戦時に使うことができる

Dapper Labsとは

Dapper Labs社は、2017年11月にDappsゲーム「クリプトキティ(CryptoKitties)」を開発した企業で、サムスン電子傘下のサムスンネクスト、Googleベンチャーズ、ロックフェラー一族が設立した投資会社ベンロック、クリプトファンドのGBICなどから約1,500万ドル(約16億円)を調達に成功しました。

NBAブロックチェーン事情

各スポーツ界、ブロックチェーンの関心度は高まっていますが、バスケットボール界においてもブロックチェーン技術の普及が進められています。

ここでは、NBAでのブロックチェーン技術を活用するチーム、選手をいくつか取り挙げてみました。

ヒューストン・ロケッツ

NBA(全米プロバスケットボール協会)がDapper Labsと提携 |ブロックチェーンベースのバスケットボールゲーム「NBA Top Shot」を開発

2018年9月、テキサス州ヒューストンを拠点とするNBAチーム、ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)は、2018年9月にマイニング業界最大手ビットメイン(BITMAIN)の関連会社アントプール(AntPool)とスポンサー契約を結んでいます。

この提携により、ヒューストン・ロケッツが所有するスタジアム(トヨタセンター)にアントプールの専用ブースが設けられ、来場者はそのスペースを通じて仮想通貨やブロックチェーン、マイニングなどについて知識を学ぶことができるそうです。

サクラメント・キングス

NBA(全米プロバスケットボール協会)がDapper Labsと提携 |ブロックチェーンベースのバスケットボールゲーム「NBA Top Shot」を開発

カリフォルニア州サクラメントを拠点とするNBAチーム、サクラメント・キングス(Sacramento Kings)は、スタジアムに設置された太陽光パネルで得られた電力を利用して、イーサリアムのマイニングを行なっています。

マイニングによって得られた資金は、慈善活動プログラム(「MinigForGood」に役立てています。

ダラス・マーベリックス

NBA(全米プロバスケットボール協会)がDapper Labsと提携 |ブロックチェーンベースのバスケットボールゲーム「NBA Top Shot」を開発

テキサス州ダラスを拠点とするプロバスケットボールチーム、ダラス・マーベリックス(Dallas Mavericks)は、健康的な生活を送るために日頃から運動に励んでいる人々を支援している仮想通貨プロジェクトLympo(リンポ)と提携。

この提携により、Lympoで報酬として支払われる仮想通貨リム(LYM)は、ダラス・マーベリックス試合のチケットやその他の関連グッズなどにも利用できるようになります。

スペンサー・ディンウィディー氏

ブルックリン・ネッツ(Brooklyn Nets)に所属するスペンサー・ディンウィディー(Spencer Dinwiddie)氏は、自身がプロデュースしているスニーカーブランド「K8IROS」で仮想通貨決済を導入。

K8IROSは、同氏が全面協力しているブランドで、販売で得られた収益の25.08%を恵まれない子供達に寄付するとしています。

CryptoKitties(クリプトキティーズ)

取引量/24時間
0.257
取引数/24時間
183
DAU/24時間
43
CryptoKitties(クリプトキティーズ)は、世界初の猫をモチーフにしたコレクティブルNFTで、最も有名なブロックチェーンゲームです。dAppsに多くの人が興味を持つきっかけとなったゲームです。1000万以上で売買された猫が出たことで話題になりました。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。 2018年より投資枠を拡大。資産運用中。

関連記事

クリプトキティの買い方|収益化を狙うなら公式よりもOpenSeaで買うべき!
クリプトキティは公式サイトで猫の売買がされていますが、収益化を狙うならサードパーティーの取引所であるOpenSeaを使うことをオススメします。この記事では、OpenSeaでのクリプトキティの買い方や、便利な機能の使い方を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2018-06-16
  • Dapps初心者向けのブロックチェーンゲーム3選
    「ビットコインを取引所で購入したことがあるが、ツイッターをはじめSNS等で目にするイーサリアムやDappsゲームとは何なのかよくわからない。」 という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
  • 初心者向け
  • 2018-12-06
  • 日本初ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」と世界初のブロックチェーンゲーム「 Cryptokitties​」のコラボが開始!
    ブロックチェーン関連事業を展開する、株式会社グッドラックスリー(本社:福岡県福岡 市、代表取締役社長:井上和久)は、ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚(トン)」にて、 2019年6月14日から、「​Cryptokitties​」とのコラボを開始したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2019-06-13
  • オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

    【2021年5月】AnimocaBrandsのブロックチェーンゲームまとめ
    コインチェックとの提携でも話題になったAnimocaBrandsのBCGについて紹介します。 MOTO GPとCrazy Defense Heroesについて追記(2021/3/16) AnimocaBrandsのサッカーゲームについて追記(2021/5/28)
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-12-23
  • 話題のM2E「RunBlox」の初め方と遊び方を解説
    RunBloxのインストールから遊び方をわかりやすく解説しました。 2022/08/08 正式リリースについて追記 2022/06/28 マーケットプレイスについて追記
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-30
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • 2022年版最新「Sorare」(ソラーレ)の概要・始め方・遊び方
    現実でのサッカーの試合結果と連動したイーサリアムに対応したブロックチェーンゲームのSorare(ソラーレ)について概要、始め方、遊び方を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2022/07 MLBを追記しました。 ※2021/09/09 Sorareとラ・リーガが提携しました。 ※2021/03/10 インストール方法を最新版に差し替えました ※2020/8/18 J1リーグ参加 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/5/24 更新
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • この著者による記事

    分散型プラットフォームIOSTの特徴について
    トランザクションを高速で処理しシームレスなブロックチェーンアプリ(Dapps)を構築することができるIOSTの特徴につてい解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-07-16
  • コンセンシス(ConsenSys)社の取り組み
    先日(2018年11月6日)、新生銀行とコンセンシス(ConsenSys)がブロックチェーン技術活用を検討するための基本合意に関する覚書を締結しました。 各メディアで取り上げられましたが、コンセンシス(ConsenSys)がどのような企業なのか、分からない方もいらっしゃると思います。 この記事では、コンセンシスがどのような取り組みを行い、どういう活動を行っているかを纏めてみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2018-11-12
  • ブロックチェーンは大きく分けて3種類ある パブリック、プライベート、コンソーシアムそれぞれの違いと特徴
    パブリックブロックチェーン、プライベートブロックチェーン、コンソーシアムブロックチェーンについて簡単に纏めてみました。
  • Blockchain/NFT
  • 2018-08-06
  • バイナンスも出資するCocos-BCXとは|特徴や将来性について解説
    ブロックチェーンゲームを開発する上で、ゲーム制作の知識、ブロックチェーンの知識と両方が必要となり、開発者にとって非常にハードルが高いです。 Cocos-BCXは独自の開発キッドを利用することで、簡単にブロックチェーン上でDappsを開発、デバッグ、リリースすることができきます。 Cocos-BCXは大手企業との提携や融資、バイナンスに上場したことで話題にもなりました。 この記事ではCocos-BCXの特徴や将来性ついて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • Blockchain/NFTの記事

    MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法(追記あり)
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。 ※追記 誤解を招く恐れがある「旧UIへのログイン方法」への記事リンクを削除しました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-02-27
  • BigQueryのEthereumデータを使ってブロックチェーンゲームを分析しよう!
    ブロックチェーンゲームの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。 ※2021-03-21 画像を追加
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-19
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の旧バージョンを使う方法。(重要な追記あり)
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のUIが新しくなり、MEWとしてリニューアルしてからしばらく立ちましたが、新バージョンにでログイン出来ない方もいるかと思います。 この記事では旧バージョンに戻す方法を説明します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-30
  • Powered by