English
MyPage
ニュース・記事

ブロックチェーン技術を活用した都市計画【ドバイ・マルタ・加賀市】

update at :

ブロックチェーン技術を活用した都市計画は、ツーク市、マルタ共和国、ドバイなど挙げられますが、国内においても経済圏創出を目指す都市があります。

この項では一部ではありますが、各国のブロックチェーン都市計画について纏めてみました。

ツイート

ドバイ

ドバイ政府は2016年に「ブロックチェーン都市再編計画」を発表ししました。

2018年5月にドバイ・シリコン・オアシス・オーソリティ(DSOA)と共同でブロックチェーン技術に取り組むことを発表し、ドバイブロックチェーン事業登記制度(Dubai Blockchain Business Registry)として公表。

同プロジェクトはスマートドバイとIBMも共同で開発しており、ブロックチェーン技術を活用して登記登録ができるようになります。

同年7月、ドバイ国際金融センター(DIFC)裁判所とスマートドバイは世界で初となる「ブロックチェーン裁判所」の創設を計画し提携しました。

この計画は司法プロセスの簡素化と裁判によって重なる文書の重複を排除するために計画されたもので、ブロックチェーン技術を裁判に用いることで、契約内容を改ざん不可能にしてシームレスに記録する事ができます。

ドバイ政府は2020年までに全土の土地登録情報をブロックチェーン上に記録するとしています。

マルタ共和国

Binanceの本拠地であるマルタ共和国ブロックチェーンに注力する国の一つです。

マルタ共和国は、ヨーロッパの南に位置する共和制国家で、人口40万人ほどの小さな島国です。EUの加盟国で通貨はユーロ、公用語としてマルタ語、英語が使われています。

2017年4月、マルタ共和国は政府の方針として、ブロックチェーンの利用を促進するマルタブロックチェーン戦略(the Malta Blockchain Strategy)の最初の法案を承認しました。これによりブロックチェーンの利用が促進された訳です。

マルタでのブロックチェーンの活用として、国民の学習記録にブロックチェーン技術を利用して管理するLearning Machine Groupとのパイロットプロジェクトや、マルタ初のアプリケーションとして所有権の管理をターゲットとした分散型台帳アプリケーションLP01が発表されています。

マルタではブロックチェーン技術を活用し、土地の所有権や健康記録の管理といった分野での応用も想定されています。

日本・加賀市

石川県の南西部に位置する加賀市は、2018年3月16日に「ブロックチェーン都市」の形成を宣言。

社会システム開発企業のスマートバリューブロックチェーンスタートアップのシビラ2社と共に、ブロックチェーン都市を目指す計画を進めています。

ブロックチェーン都市への必要性

これからの時代に向け高齢化社会、人口減少等による人材不足が問題視され、地方都市においては3大都市への人口集中により過疎化が進んでいます。

このようは背景を踏まえ加賀市では、育児、教育、介護福祉、産業・技術振興などで様々な新たな試みを行い、地域産業へのIoT技術の実証やロボレーブ国際大会を通してロボティクス技術の教育を積極的に進めています。

ブロックチェーン都市への取り組み

加賀市ブロックチェーン技術を活用することで、電子行政などの社会コスト削減や利便性を高めようとしています。

地域産業の経済効果につながる分野で、共同研究開発にも取り組み、これにより日本初となる「ブロックチェーン都市」の創出を目指しています。

2019年5月31日、加賀市スマートバリュー(9417)は「ブロックチェーン都市プロジェクト」第一弾として、ブロックチェーン技術を活用した住民ID基盤「GaaS(Government as a Service)」の稼働を開始。また、必要な地域情報を提供する情報ポータルサイト「加賀POTAL」も合わせて公開しました。


GaaSはSNSアカウントなどのIDによって本人確認を行い、セキュリティレベルに応じた行政情報を提供するというもの。同プロジェクトは3ヵ年計画で4つのサービスを追加する予定です。

1・マイナンバーカードなどと連携させ、行政サービスの電子化による利便性の向上
2・地域交通による移動の制約を解消
3・ヘルスケア情報を個人最適化して、健康寿命を延伸
4・ラボを設立し、実証フィールドや雇用を創出する

スマートバリューは2019年5月24日、デジタルファースト法案が可決・成立したことでGaaSの全国展開を目指しています。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。 2018年より投資枠を拡大。資産運用中。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
    コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • サッカープレイヤーのリアルパフォーマンス連動 Sorareの概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • この著者による記事

    2019年10-11月に控える第4次相互審査|FATFとは
    今年(2019年)10月から11月にFATFの第4次相互審査が予定されています。 今回の審査では初めて仮想通貨も対象になることから、仮想通貨交換業者における対応も金融庁を中心に進められています。 この記事では、FATFのこれまでの取り組みについて解説します。
  • 仮想通貨
  • 2019-05-31
  • テレグラムの独自通貨Gram今秋ローンチなるか BUTTON Walletもテスト版リリース
    10月31日に立ち上げ予定だったGram(グラム)が2ヶ月以内にローンチ可能と報じられています。 Gramは匿名性が高いメッセージアプリ「テレグラム」の独自通貨プロジェクト「テレグラム・オープン・ネットワーク(TON)」上で使われる独自トークンです。 ローンチ以外にもテレグラム上で動作するボタンウォレット(BUTTON Wallet)が、テレグラムでGramを送受信できる「ウォレットのテスト版をリリース」したことも伝えられいます。 テレグラムは2億人以上のユーザーが利用するチャットアプリで、ICOでは8億5000万ドルという史上最大級の資金調達に成功しています。 今回はテレグラム・オープン・ネットワーク(TON)も交え、Gramについて解説します。
  • 仮想通貨
  • 2019-09-03
  • ブロックチェーンは大きく分けて3種類ある パブリック、プライベート、コンソーシアムそれぞれの違いと特徴
    パブリックブロックチェーン、プライベートブロックチェーン、コンソーシアムブロックチェーンについて簡単に纏めてみました。
  • 仮想通貨
  • 2018-08-06
  • イーサリアム・ERC-20の特徴について
    前回、ERCについて書いてみましたが、今回はERC-20について纏めてみました。
  • 仮想通貨
  • 2018-08-28
  • 仮想通貨の記事

    MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。
  • 仮想通貨
  • 2019-09-02
  • Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • 仮想通貨
  • 2019-02-27
  • BigQueryのEthereumデータを使ってでブロックチェーンゲームを分析しよう!
    dAppsの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。
  • 仮想通貨
  • 2019-08-19
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の旧バージョンを使う方法
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)のUIが新しくなり、MEWとしてリニューアルしてからしばらく立ちましたが、新バージョンにでログイン出来ない方もいるかと思います。 この記事では旧バージョンに戻す方法を説明します。
  • 仮想通貨
  • 2019-08-30
  • 新着記事

    【7月15日スタート】ナインクロニクルのプレセール解説
    海外のブロックチェーンMMORPG「ナインクロニクル」のプレセール内容について解説します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-07-13
  • エグリプトPVPバトルβの攻略情報まとめ
    エグリプトのバトル攻略情報をまとめました。スキル発動のタイミングでのチーム交代が勝敗を握る!?
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-07-12
  • 編集部注目の海外ブロックチェーンゲーム動向/2020年7月版
    2020年7月時点での編集部Yが注目する海外ブロックチェーンゲームの最新情報をまとめました。 Gods Unchained、ナインクロニクルズからはそれぞれβの振り返りとこれからの計画が発表されるなど、年末へ向けて各社動きがあるようです。 それではチェックしてみましょう。
  • ニュース
  • 2020-07-10
  • コンサヴァxBCGIコラボキャンペーン第二弾開始!トークンサーヴァント「レナ」が当たる!
    「ブロックチェーンゲームインフォ(BCGI)」ではコンサヴァxBCGIコラボキャンペーン第二弾を7月9日から開催致します。 第二弾では「コントラクトサーヴァント」の新たなサーヴァントに「ワールドクロスサーガ」(ワクサガ)のキャラクターが登場することを記念して豪華プレゼントを用意しました。 奮ってご参加ください。
  • ニュース
  • 2020-07-09