ブロックチェーンゲームインフォ-BlockchainGame Info- ブロックチェーンゲーム、dAppsゲームの最新ランキング・情報配信サイト

【インタビュー】ブロックチェーンはゲームにどんなイノベーションをもたらすのか 第2回 価値の担保について アクセルマーク尾下氏

update at :

コントラクトサーヴァントを開発するアクセルマークに、ブロックチェーンゲームインフォの木村がインタビューを行いました。
3回にわたって、お送りします。

第1回 参入した理由
第2回 価値の担保について
第3回 この一年の振り返り

参加者
尾下 順治氏 アクセルマーク株式会社代表取締役
三上 裕貴氏 コントラクトサーヴァントディレクター
木村義彦 ブロックチェーンゲームインフォ編集長

ツイート

前回の記事はこちら

コントラクトサーヴァントの方向性

三上氏 : ブロックチェーン×ゲームの融合の魅力について前回語りましたが、ゲーム閉じるとなった時、データをオープンソース化して誰かが引き継いでくれるっていうのもありなんですかね。


尾下氏 : ありだと思いますね。比較的My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)がその思想に近いですよね。
彼らはdAppsを作りたいと思ってやっているのかなと推測しているのですが、ランドの思想もそれがすごく色濃く反映されているから、ゲーム内のルールを決めるところを少しずつ少しずつユーザー側に寄せてるんですね。
ユーザーが望めば永続化できるよっていう状態を作ってあげるっていうことを目指しているのかなっていう気はしますね。

Contract Servant(コントラクトサーヴァント)はちゃんと運営しながらゲームを育てていくことを考えています。

アプローチは全然違うんですが、目指す目的地はそんなに変わってないと思っていて、いかにユーザーがかけたお金だったり時間だったり情熱だったりっていうもの永続化していくかに尽きます。

どうやって価値を担保するか

尾下氏 : My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)は所有権という方にすごく重きを置いているように見えることに対して、Contract Servant(コントラクトサーヴァント)は運営が主体となりつつ、流動性にフォーカスしていきます。
流動性を確保することによってゲーム内のアイテムがもつ資産性というものをより強く意識してもらえるのではと考えています。


木村 : カードの価値が、買った価格、ないしはそれ以上の価値を保つためにはどういったことが必要になってきますか?


尾下氏 : ブロックチェーン上でトークンとして定義されたゲーム内のアイテムはどのように取引され、価値を見出してもらえるか。これを考えるにあたって、現実の社会で資産価値を持つとされていて、流動性が確保されている事例を調べていたんですが、一番参考になるなと思ったのがアート作品の取引ですね。どうしてそこに至ったかは長くなりますので、割愛しますが、

まず大事だなと思ったのが、アートの世界で考えられている作品その物に込められた物語、歴史の重要性ですね

現在の所有者が誰で、その前は誰で、どういう経緯を経て今その人の手元にあって、このカードがどれくらい使われて、何回の戦いを勝ち抜いてきたのかみたいなこととかが可視化されると、それはステータス以上の価値を持つはずだと思っています。


木村 : 歴史が価値を担保する情報になり得ると。


尾下氏 : そうですね。歴史を刻むことによって価値を担保してユーザーが取引しやすいようにしたいっていうのは、テーマとしてはあります。

ゲーム自体にも歴史があって、長い年月を経て今があって、カードそのものにも歴史があることを感じながら遊ぶゲームと、ただステータスが高いから価値があると考えるのでは、思い入れやゲーム内での体験が圧倒的に変わりますよね。

歴史を感じさせる方法

木村 : どうやって歴史を感じさせる予定ですか。


尾下氏 : 基本的にはサーバーでカードの履歴、来歴を管理して、それをマーケットプレイスに出すときにちゃんと可視化して、ユーザーが調べられるようにしています。


木村 : 例えばアートだったら誰が描いたとか、その作品自体の価値、出来不出来っていうのも価値と結びつくと思いますけど、そんなこともできますか?


三上氏 : Contract Servant(コントラクトサーヴァント)では「ミックス」を使えば誰かが生み出した、と言うのは出来ますね。
その人が生み出した、奇跡的な確率で強いトークンっていうのがあり得るんですよ。


尾下氏 : 誰の手によって、どういう経緯によって生まれたもので、それがどれくらいの確率で希少価値が高いのかみたいなところを可視化するっていうのはすごくアートっぽいところかと思いますね。

アートの世界では価値が安定してるのは古典だと言われています。
ですが、古典は当然ながら新作が出るわけじゃない。

一方で、アートの需要は今も増え続けています。そこで注目されているのがモダンアートですよね。

モダンアートはまだ生きてる作家によって作られたアート作品をやりとりするっていう構造なんですが、その人の人生まで価値に結び付けるんですよ。
この人はこういう人物で、こんな破天荒な人生を送ってきてみたいな。そこに物語があるかないかというところも付加価値として評価されています。


木村 : 作者の人生が作品の価値と結びつくっていう感じですか。


尾下氏 : そうですね。なのでそれも含めた来歴というか、物語ですよね。
そこに込められた物語は、別にディスクリプションがあるわけじゃありません。
いろんな人がいろんな解釈を加えて物語が勝手に生まれていきます。

最低限僕らは何によって生まれたものかとか、どういう歴史を辿って今この人の手元にあるのかとか、どれくらいの戦いをしてきたかみたいなところを記録に残しつつ、そこにいろんな人たちが自分なりの物語をのせて価値を判断してもらえればいいのかなと思います。

アートの世界でいうとロスチャイルドプレミアムみたいなのがあったりするんですよね。
ロスチャイルド家に昔所蔵の作品だったっていうだけでプレミアムがついたりとか。
不動産でも芸能人が昔住んでいた家ですよっていったらちょっと高いみたいな。
なのできっと、伝説のオーナーみたいな人がContract Servant(コントラクトサーヴァント)の中にも出てくるかもしれません。

Contract Servant(コントラクトサーヴァント)は本当に自分なりの物語を持ってコレクションをつくっていけます。
なので例えば第1回の大会で優勝したデッキを全部買い揃えてずっと保存しておきたいとかもあるかもしれないですね。

第3回に続く

第3回では、一年を振り返り、これからを語ります。
公開まで今しばらくお待ちください。

Contract Servant(コントラクトサーヴァント)の事前登録はこちら

Contract Servant(コントラクトサーヴァント)

コントラクトサーヴァント-CARD GAME- (Contract Servant)

取引量/24時間
0
取引数/24時間
0
DAU
0
『コントラクトサーヴァント -CARD GAME-』(コンサヴァ)は、分散型アプリケーションやスマートコントラクトを構築するプラットフォームであるEthereumで動作するトレーディングカードゲームです。
プレイヤーはオンライン空間上で自由にカード(サーヴァント)を取引することが可能で、ブロックチェーンが不正を監視します。
マーケットプレイス以外のバトルや強化などのゲーム部分をオフチェーン化(※)したユーザーフレンドリーな設計となっています。
ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ 浜田

ブロックチェーンゲームについてのイベント情報・ゲーム攻略情報を紹介しています。

関連記事

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

【コンサヴァ】コントラクトサーヴァントオープンβテストまとめ

コントラクトサーヴァントのオープンβバトルが8/8 12時から開催されます。 必要なことやTipsなどまとめます。

2019-08-19

【コンサヴァ】ストーリーからプレセールトークンを紹介

コントラクトサーヴァントにはストーリーがあります。 現在公開されている一章には、今回プレセールで販売されるサーヴァントも登場します。 プレセールで販売され、一章に登場するサーヴァントをそれぞれ紹介します。

2019-08-06

【最新デザイン版】コントラクトサーヴァントのカードパラメーター解説

コントラクトサーヴァントは非常に多くのパラメーターがカード内にところせましと並んでいます。 マーケットで理想のサーヴァントを手に入れるうえで、カードに掲載された数値がそれぞれ、どのようなものを示すのか簡単に解説します。 前回の試遊会で公開された最新デザインバージョンにて、カードパラメーターを説明します。

2019-07-05

本格派トレーディングカードゲーム『コントラクトサーヴァント』、 初公開のバトルシーンを収録したティザーPVを本日(6月6日)公開

 アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:尾下 順治 証券コード:3624)は、現在開発中の本格派トレーディングカードゲーム『コントラクトサーヴァント –CARD GAME-』(略称:CSCG)のゲーム紹介および初公開となるバトルシーンを収録したティザーPVを公式YouTubeチャンネルにて本日6月6日に公開いたしました。

2019-06-06