日本語
English
ニュース・記事

【インタビュー】モバイルウォレットブラウザにKYCは? GO!WALLET 佐藤崇氏 2/2

DAppsは開発者にとって敷居が高い

佐藤氏 : DAppsって昔のホームページや、WEBサービスを作るよりも、はるかに敷居が高いです。
この敷居が下がれば、めちゃくちゃコンテンツも人も増えると思います。
インターネットの相互通信の文脈では、ユーザーはコンテンツの閲覧者であり、発信者であるべきだと思いますので、ブロックチェーンゲームを「魔法のiらんど」みたいな感じで、だれでもカジュアルに作れる仕組みを作らなくちゃいけないと思います。
あと、今は一般には難しい言葉が多いと思います。
例えば、GOWALLETでは徹底していることですが、「送金、受金」って使う言葉ってありますけど、これは嫌いで使いません。
お金をやり取りしているって思われると、慎重になってしまい、ゲームを遊ばないので、「送信、受信」という言葉に置き換えています。
これまでの「法定通貨の資産の置き換えを管理する」というツールになっては、アプリケーションを連動させて遊ぶみたいな魅力が伝わらないと思っています。

UI/UXで気にしている所

木村 : GO!WALLETのUI/UXではどんな所を気にしていますか?

佐藤氏 : ウォレットアプリでは、秘密鍵をエクスポートしないと使えない事があると思いますが、別に後回しにしてもいいんじゃないかと考えています。
マイクリプトヒーローズをやりたいユーザーは、今すぐやりたいのに、秘密の呪文を保存しろみたいな。
ユーザーはゲーム画面が開きたいんだっていう流れなはずなのに、先にウォレットに秘密鍵を保存するとか、何してんのっていう感じじゃないですか。

そういうことだから、GO!WALLETでは、(秘密鍵をエクスポートしないと)起動のたびに確認画面を出しますけど、必ず回避できるようにしています。
クライアントに秘密鍵をもたせるのが安全だと言われますけど、僕からするとクライアントに鍵があっても安全じゃないと思っています。

むしろ、資産を守るっていう意味では、金融庁が認可した取引所ならば、銀行の預金保険機構みたいに保証金額の上限はありますが、保証されるので、ぶっちゃけて言うと、取引所に預けてるほうが安全だと思います。
仕様を作った技術者史観で「仮想通貨ってそうあるべきだよね」というお作法が、いろんなハードルを生んでいるのではと感じてます。

ウォレットの未来の主軸

木村 : ブラウザのウォレットと例えばメタマスクと、アプリのモバイルブラウザウォレットはどちらが主軸になっていくと思いますか?

佐藤氏 : WEBベースでアプリケーションが増えていく世界なら、サファリのようなWEBブラウザに内包されていく可能性はあるかと思いますが、今はウォレットというのを基盤にして作っていくのが良いかとおもっています。

金融庁のウォレット業者への対応について

木村 : 金融庁が発表したウォレット業者へ規制内容に、KYC導入義務が含まれています、それにについてはどう思われますか?
(KYC: Know Your Customer(顧客確認) )

佐藤氏 : うちはサーバーで何も管理してないので、KYCをする理由がないのです。(本音を言うと、そもそもリアルのお金が匿名で使えるのになぜデジタルのお金はKYCを求められるのか私にはあまり理解ができません。)サーバーサイド側でそういった取引情報や、秘密鍵などを管理しているサービスは管理責任を取るというのは、理解できますので、おそらくサーバーサイドウォレットに対しての規制だと一義的に見ています。
中長期的にはそれ以外のウォレット業者もKYCをしなさいと、という話は出てくるんじゃないかと思ってます。しかしブラウザーウォレットは誰でも、単なるオープンソースウェアだし、ぶっちゃけだけでも作れるしそんなのは規制しようがないですよね。(検閲でもするつもりですかね)

直近でいうと、ウォレットアプリがアプリストアにたくさんありますが、それが規制されるとしたら、それはそれでちゃんと運営している会社のアプリが残りますので、そういった観点ではプラスかと思っています。(ユーザー目線は別)
KYCコストはどうなるんだ?という話ですが、ユーザーが少なかったら、そもそもコストが掛からないし、増えたら増えたで、収益源が見えて来ますので、そうなった時に事業モデルを考えればいいと思ってます。それにKYCコストをかけることになったら結局だれもサービスの担い手がいなくなくなるだけなので市場がなくなるだけです。
外野からシニカルに見ている人たちもたくさんいそうですけど、結局そうやって外野からみているようでこの業界に関わる人達はそういう視点は結局の所自分たちが困るようにしか思えません。我々は市場ができる前提でやっているだけなのでできなかったらどうするんだ、という視点は考えないようにしています。
とはいえ、ウォレットだけ提供していると、収益源が無いので、ユーザーが増えるとKYCのコストってぶっちゃけ払い続けられないんですよね。
なので、アプリケーションや、ゲームの文脈でマーケットが来るので、そこでお金が使われるというというのを前提にして、その周りで使われるサービスをウォレットの上で作っていくという視点でやっています。
大事なのはユーザーを増やせるか、マーケットを作れるかというところだと思います。むしろKYCの規制対象になるぐらいに早くマーケットを作る、すべてはそれからでしょう。インターネット黎明期に放送法との規制でインターネットを批判する勢力がワイワイいっていたときと同じです。

最後に

佐藤氏 : 日本は2,3週遅れているので、日本のプレイヤーからDAppsのキラーアプリケーションが出てこないと、本気でマーケットが出来ないと思っています。
ブロックチェーンに興味を持っている意識高い系のエンジニアは沢山いるんですが、皆セキュリティートークンなどトークンにばかり興味があって、もちろんトークンが与える世の中への影響が大きい、という視点はわかるんですが、技術そのものを突き詰めていくよりも、いろんな物の組み合わせで価値を作っていくというところを、いろんな人がやって行くべきなんじゃないかと思っていますし、そういうプレイヤーが少ないなと思っています。

この1年、1年半が勝負かなと思っています。
僕らがマーケットを作っていくんだと言う覚悟でやっていますので、ガチでやりたい人は応援したいし、もっとガチでやるプレイヤーが入ってきてくれないかと思ってやってます。そういう仲間を増やしたいし、一緒に野心をもって戦える仲間を探しています。

まとめ

DAppsの可能性や、現在のDApps業界の課題など語っていただきました。
国内では後発ながらも、使いやすいUI/UXを備えたモバイルウォレットブラウザで、着実にファンを増やしつつも、モバイルウォレットに様々な価値を提供しようとチャレンジしているGO!WALLETは要注目です。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

新着ブロックチェーンゲーム

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • Sorare(ソラーレ)NFTサッカーゲームの遊び方・稼ぎ方を初心者向けに解説(2023年版)
    「Sorare(ソラーレ)を始めてみたい」 「SorareでNFTを稼げるって聞いたけど、本当?」 2023年現在、このような思いでSorareに登録しようか悩んでいる人は多いでしょう。 この記事では、Sorareサッカーゲームの特徴と遊び方、そして稼ぎ方について詳しく紹介します。 「本当にSorareで稼げるの?」「無課金でも楽しめる?」といったよくある質問にも解説していますので、これからSorareサッカーゲームを始める方は、ぜひチェックしてください。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【無課金でクリスぺ攻略】クリプトスペルズは無課金で稼げるのか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 ※こちらの記事ではあくまでも方法の紹介のみになり、BCGで稼ぐことを勧めている記事ではございません。 #クリスペ 2021年7月1日 更新 月間、チャレンジミッションに関する記載、その他を追記 2020年5月26日更新 アセットアナライザーにNFT追加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 掘ることが楽しいブロックチェーンゲーム「Brilliantcrypto」CBTプレイレポート
    3Dの鉱山でツルハシ片手に宝石を掘り当てるブロックチェーンゲーム「Brilliantcrypto」 の第2回クローズドβテストゲームレポート。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2024-02-04
  • インタビューの記事

    【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
    株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • ニュース・記事

    フォビジャパン(Huobi Japan)
    コロプラのBRILトークン、Coincheck IEOで史上最高の333億円申込みを達成
    株式会社コロプラのグループ会社BrilliantcryptoがCoincheck IEOでBRILトークンの販売を行い、申し込み金額が史上最高の333億円に達した。7.94万人がトークンを保有する予定で、6月12日から特典付きNFTの販売が開始される。
  • ニュース
  • 2024-06-11
  • GAMIES株式会社主催の「MATR1X FIRE GAMIES CHAMPIONSHIP」、6月9日スタート
    GAMIES株式会社主催の「MATR1X FIRE GAMIES CHAMPIONSHIP」が開催中。日本を代表するWeb3コミュニティが激戦を繰り広げ、最強コミュニティを決定する大会が進行中だ。
  • ニュース
  • 2024-06-10
  • GMOメディア、「ブロックチェーンゲームPARK」を複数の提携サービスで提供開始
    GMOメディアは「ゲソてん byGMO」にて「ブロックチェーンゲームPARK」の提供を開始。各連携サービスでプレイ可能になり、キャンペーンも実施する。暗号資産やNFTの獲得が楽しめる新たなゲーム体験を提供する。
  • ニュース
  • 2024-06-05
  • 『ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-』と『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』のコラボイベントが6月7日より開催
    株式会社gumiが提供する『ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-』と人気アニメ『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』のコラボイベントが6月7日より開催される。
  • プレスリリース
  • 2024-06-04