BlockchainGameInfo
 

【インタビュー】モバイルウォレットブラウザにKYCは? GO!WALLET 佐藤崇氏 1/2

2018-12-18

注目されているウォレット業界で、国内ウォレットブラウザの「GO!WALLET」を開発、運営する、株式会社スマートアプリの佐藤崇氏へ、KYCへの対応、ウォレット業界の展望などインタビューを行いました。

株式会社スマートアプリ設立の経緯

木村 : 最初に株式会社スマートアプリついて教えて下さい。

佐藤氏 : アプリストアがGoogleとAppleでOS上で寡占されている中で、サードパーティーの立ち位置で事業が作れないかというところで、立ち上げました。
その会社でアンドロイドのGoogle Playの補完サービスと言う形でAppCubeというサービスを作ったのですが、iPhoneのアプリはレギュレーションを鑑みると、きちんと提供することが難しそうだと思ったのと、Android版のアプリは利用動向などを見ていたんですが、Googleの進化の速度に対して、我々がサードパーティーとしてやっていくのが難しいというのが有りました。
それと、Googleアプリは勝手サイトを作れるので、審査上通らないコンテンツ、例えば、18歳以上をターゲットにしたコンテンツですが、そういったようなアプリを配信したいデベロッパーと、ユーザーを接点にしたサービスを始めようとしたところ、先行して楽天さんが始めてたんですが、デベロッパーも集まらない、ユーザーも集まらなくて、すぐにやめちゃうという話を聞いて、このマーケットは可能性が無いと思いました。

その中で、先行しているAppliv[アプリヴ]というメディアがあり、キュレーションメディアという道は唯一可能性があると思ったんですが、そこはテクノロジーを活用していくと言うよりかは、メディアを作っていくという世界観で、そこに技術的な差別化要素を持ち込んでやっていくのは厳しいと思いました。
メディアは手段であって、サードパーティーストアを作ってそこの決済手数料で事業を生んで収益を上げるという目的の為に作ると、果てしなくゴールが遠く、その事業は2016年の春に店じまいしました。アプリのインストール数が伸び悩む観測も大きかったです。
すでにアプリビジネスは2015〜2016年おいては成熟期に達する感覚がありました。
それから、ピボットしようと、2年くらい他の会社のお手伝いや、ステルスで画像解析で似ている有名人を解析し、それをベースに匿名的(今で言うとバーチャルユーチューバー的な)コミニュケーション系のアプリをつくっていましたが、2017年中盤から2018年にはいる頃、「ブロックチェーンを活用したサービスが作れないか」、「この分野は今後10年にわたり続く分野なのではないか」と思って始めたのが、今のGO!WALLETです。

GO!WALLET開発までの経緯

木村 : どうして開発しようと思ったのか、詳しく教えてください。

佐藤氏 : 仮想通貨、ブロックチェーンは5,6年前から注目してたんですが、2年半前くらいに、イーサリアムが本格的に出てきて、仕様がオープンで、いろんなデベロッパーがプロジェクトに参加し、技術が進化していくところを目の辺りにしました。
そういった中でその分野にかけるエンジニアや、若手世代など、いろんな世代の人間がこの分野を大きくしていこうという波を凄く感じました。
それは自分の感覚だと、Androidが出た時に似ていて、AndroidのOSが進化していくという世界の延長線上でガラケーの世界観が大きく変わる2008年頃に近く、本格的に今までとは違うエコシステムができるんじゃないかと思いました。

もともと、コンテンツとユーザーをつなぐという立ち位置でしたので、ゲームや、アプリケーションを作りたい人は、これから増々、世の中にあらわれてくると思いましたが、そこをつなぐプレーヤがいませんでしたので、一番表層的なレイヤーのエンドユーザーさんが使うアプリケーションよりも、ちょっと下のレイヤーのところで事業を作れるかどうか、このマーケットを、エンジニアの為のものではなくて、普通のエンドユーザーが経済価値を感じて使ってもらう状態を作れないかと考えて、ウォレットブラウザを作りたいと思ったのが経緯です。

DAppsの魅力とは

木村 : GO!WALLETをリリースされてしばらく経ち、DAppsとも連携されてみて如何ですか?

佐藤氏 : DAppsってブラウザに対して開けているというか、コンテンツ同士でどんどん連携していく開かれた感じがあって、それがコンテンツの寿命を延ばすんじゃないかと思っています。
例えば、ERC721ベースで作ると、こっちのアプリで作ったアセットがあっちのアプリでもつかえますし、Kyber Networkでアセットの取引や、ゲーム同士でのアライアンスが簡単に出来たりと、多次元的に可能になります。
さらに、クリプトキティーズのサードパーティーアプリのように、ユーザーがコンテンツを勝手に作れます。

そういった(現在のFAANGによる閉じられたインターネットに対して)DAppsの開かれたインターネットなところが、他のブロックチェーンのサービスとは違う、新しい自由な開放区なんだと感じていて、そういったところが魅力ですね。

DApps業界と2000年頃の勝手サイト界隈の類似性

木村 : DApps業界の状況についてどのよう見ていますか?

佐藤氏 : 2000年の時の勝手サイトと全く一緒だと思います。
あの当時の勝手サイトっていうのは、「スタービーチ」と、「魔法のiらんど」がキラーコンテンツになった。
imodeのレギューレーションの範疇の外にある世界です。
また、パケット代を気にせず、サービスを使うユーザーさんが数万人いる世界だったので、今のブロックチェーンゲームを遊んでいるユーザー数と当時とは比較できませんが、着メロがimodeのブレイクしたきっかけを作ったように、そういったキラーコンテンツが生まれるための土壌を作るのが大事なのかなと思っています。

imodeはiMenuを用意して、いろんなサービスを作りました。
銀行と連携したり、音楽が聞けるサービスを作ったり、ニュースが読めるサービスを作っていって、結局着メロが1番うけた。
その立ち位置のプレーヤって重要だと思っています。
PCもYahooがディレクトリーサービスをやっていて、そういうのが見つけられるというので、利用が拡大していった。
僕は、EZWEBでもっとコンテンツが少ない世界でやっていました。
当時EZWEBはコンテンツが世界中で50個しか無いんですよ。それでも50個のコンテンツを探せるサービスを作ったところ、ユーザーが使い初めました。月に数万人が月額数万円の通信料金を支払って勝手サイトなのに使いに来る世界です。
そんな状況を見てきたんで、今DAppsのアプリケーションって世界でも数百個しかないですけど、そういうのを順番にキャッチアップしていく、それを運営者と連絡を地道に取って、少しでもDAppsを使う人が増えていく世界にしたいなと思っています。

DAppsは開発者にとって敷居が高い

佐藤氏 : DAppsって昔のホームページや、WEBサービスを作るよりも、はるかに敷居が高いです。
この敷居が下がれば、めちゃくちゃコンテンツも人も増えると思います。
インターネットの相互通信の文脈では、ユーザーはコンテンツの閲覧者であり、発信者であるべきだと思いますので、ブロックチェーンゲームを「魔法のiらんど」みたいな感じで、だれでもカジュアルに作れる仕組みを作らなくちゃいけないと思います。
あと、今は一般には難しい言葉が多いと思います。
例えば、GOWALLETでは徹底していることですが、「送金、受金」って使う言葉ってありますけど、これは嫌いで使いません。
お金をやり取りしているって思われると、慎重になってしまい、ゲームを遊ばないので、「送信、受信」という言葉に置き換えています。
これまでの「法定通貨の資産の置き換えを管理する」というツールになっては、アプリケーションを連動させて遊ぶみたいな魅力が伝わらないと思っています。

UI/UXで気にしている所

木村 : GO!WALLETのUI/UXではどんな所を気にしていますか?

佐藤氏 : ウォレットアプリでは、秘密鍵をエクスポートしないと使えない事があると思いますが、別に後回しにしてもいいんじゃないかと考えています。
マイクリプトヒーローズをやりたいユーザーは、今すぐやりたいのに、秘密の呪文を保存しろみたいな。
ユーザーはゲーム画面が開きたいんだっていう流れなはずなのに、先にウォレットに秘密鍵を保存するとか、何してんのっていう感じじゃないですか。

そういうことだから、GO!WALLETでは、(秘密鍵をエクスポートしないと)起動のたびに確認画面を出しますけど、必ず回避できるようにしています。
クライアントに秘密鍵をもたせるのが安全だと言われますけど、僕からするとクライアントに鍵があっても安全じゃないと思っています。

むしろ、資産を守るっていう意味では、金融庁が認可した取引所ならば、銀行の預金保険機構みたいに保証金額の上限はありますが、保証されるので、ぶっちゃけて言うと、取引所に預けてるほうが安全だと思います。
仕様を作った技術者史観で「仮想通貨ってそうあるべきだよね」というお作法が、いろんなハードルを生んでいるのではと感じてます。

ウォレットの未来の主軸

木村 : ブラウザのウォレットと例えばメタマスクと、アプリのモバイルブラウザウォレットはどちらが主軸になっていくと思いますか?

佐藤氏 : WEBベースでアプリケーションが増えていく世界なら、サファリのようなWEBブラウザに内包されていく可能性はあるかと思いますが、今はウォレットというのを基盤にして作っていくのが良いかとおもっています。

金融庁のウォレット業者への対応について

木村 : 金融庁が発表したウォレット業者へ規制内容に、KYC導入義務が含まれています、それにについてはどう思われますか?
(KYC: Know Your Customer(顧客確認) )

佐藤氏 : うちはサーバーで何も管理してないので、KYCをする理由がないのです。(本音を言うと、そもそもリアルのお金が匿名で使えるのになぜデジタルのお金はKYCを求められるのか私にはあまり理解ができません。)サーバーサイド側でそういった取引情報や、秘密鍵などを管理しているサービスは管理責任を取るというのは、理解できますので、おそらくサーバーサイドウォレットに対しての規制だと一義的に見ています。
中長期的にはそれ以外のウォレット業者もKYCをしなさいと、という話は出てくるんじゃないかと思ってます。しかしブラウザーウォレットは誰でも、単なるオープンソースウェアだし、ぶっちゃけだけでも作れるしそんなのは規制しようがないですよね。(検閲でもするつもりですかね)

直近でいうと、ウォレットアプリがアプリストアにたくさんありますが、それが規制されるとしたら、それはそれでちゃんと運営している会社のアプリが残りますので、そういった観点ではプラスかと思っています。(ユーザー目線は別)
KYCコストはどうなるんだ?という話ですが、ユーザーが少なかったら、そもそもコストが掛からないし、増えたら増えたで、収益源が見えて来ますので、そうなった時に事業モデルを考えればいいと思ってます。それにKYCコストをかけることになったら結局だれもサービスの担い手がいなくなくなるだけなので市場がなくなるだけです。
外野からシニカルに見ている人たちもたくさんいそうですけど、結局そうやって外野からみているようでこの業界に関わる人達はそういう視点は結局の所自分たちが困るようにしか思えません。我々は市場ができる前提でやっているだけなのでできなかったらどうするんだ、という視点は考えないようにしています。
とはいえ、ウォレットだけ提供していると、収益源が無いので、ユーザーが増えるとKYCのコストってぶっちゃけ払い続けられないんですよね。
なので、アプリケーションや、ゲームの文脈でマーケットが来るので、そこでお金が使われるというというのを前提にして、その周りで使われるサービスをウォレットの上で作っていくという視点でやっています。
大事なのはユーザーを増やせるか、マーケットを作れるかというところだと思います。むしろKYCの規制対象になるぐらいに早くマーケットを作る、すべてはそれからでしょう。インターネット黎明期に放送法との規制でインターネットを批判する勢力がワイワイいっていたときと同じです。

最後に

佐藤氏 : 日本は2,3週遅れているので、日本のプレイヤーからDAppsのキラーアプリケーションが出てこないと、本気でマーケットが出来ないと思っています。
ブロックチェーンに興味を持っている意識高い系のエンジニアは沢山いるんですが、皆セキュリティートークンなどトークンにばかり興味があって、もちろんトークンが与える世の中への影響が大きい、という視点はわかるんですが、技術そのものを突き詰めていくよりも、いろんな物の組み合わせで価値を作っていくというところを、いろんな人がやって行くべきなんじゃないかと思っていますし、そういうプレイヤーが少ないなと思っています。

この1年、1年半が勝負かなと思っています。
僕らがマーケットを作っていくんだと言う覚悟でやっていますので、ガチでやりたい人は応援したいし、もっとガチでやるプレイヤーが入ってきてくれないかと思ってやってます。そういう仲間を増やしたいし、一緒に野心をもって戦える仲間を探しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

オススメの記事BlockchaingameNews注目記事

シェア

ツイート

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ編集部

blockchaingame.jp 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届け。

インタビューの記事

【インタビュー】どんなブロックチェーンゲームにワクワクするのか。 根本晃氏( @dujtcr77 )

2019年01月10日

【インタビュー モバイルファクトリー 秦氏、吉田氏】dAppsが流行る未来を作る為に

2018年11月30日

dAppsゲームのプレセールに異論を唱えた理由 fukuhara@雑記ブログ氏

2018年11月28日

【インタビュー】Cocos-BCXとは。 Cocos-BCX Japan 藤田氏 阿部氏

2018年12月27日

【インタビュー double jump.tokyo株式会社 上野氏】βバトル版を終えて、見つかった課題と今後の展望を聞いてきました。

2018年11月09日

【インタビュー】CryptoKanojoの展望。ライトな層を狙える「MOE」「KAWAII」の強み 青樹氏・有藤氏

2018年12月18日

【インタビュー MyCryptoHeroes 上野氏 後編】見えてきた新しいターゲット層と将来の姿

2018年11月15日

【インタビュー グッドラックスリー 周氏】くりぷ豚レース機能と今後の展開・課題について

2018年11月22日

【インタビュー】イーサエモンの新作ゲーム、CubeGoを日本で先行発表。

2018年11月01日

【インタビュー】炎上を超えて。 CryptoGames株式会社 小澤孝太氏

2019年01月17日

【インタビュー】ブース出展で感じた認知への課題 ウォレットバトラー開発 株式会社Arc 伊藤氏

2018年12月17日

【インタビュー技術編 モバイルファクトリー 秦氏、吉田氏】Uniqys Kitを使ってdApps開発は

2018年12月11日