English
ログイン
ニュース・記事

イーサリアムベースの金融系DAppsまとめ

更新日

金融に関するDAppsとして、DEXやレンディング、WBTCについて紹介します。

Blockchain Game infoの読者であれば、DAppsというとゲームを思い浮かべる方が多いとおもいますが、DAppsにはゲーム以外にも様々な種類があります。
その中の一つで、今後期待されているのが金融系のDAppsです。

この記事では、イーサリアムベースの金融系DAppsについて概要を紹介します。

分散型取引所(DEX)

イーサリアムベースの金融系DAppsまとめ

金融系DAppsの代表格は、分散型の仮想通貨取引です。略してDEXと呼ばれることが多いですね。

私たちになじみのあるbitFlyerやbitbankなどの取引所は、取引所が秘密鍵を管理しているので、私たちの仮想通貨は取引所が管理・保管していることになります。

一方で、DEXは秘密鍵を私たち自身で管理します。そのため、取引所が原因となるGOXが起こらないというメリットがあります。

これまでは、「分散型=管理者がいない」と言われていましたが、決してそんなことはなく、今後はDEXなのかどうかは関係なく管理は厳しくなっていく流れがあります。

・Ether Delta
・Radar Relay

あたりが有名どこですが、今後は既存の取引所が管理・運営するDEXが増えていきそうです。バイナンスやビットフィネックスのDEXも発表されてきていますからね。

仮想通貨交換プロトコル系

イーサリアムベースの金融系DAppsまとめ

こちらも仮想通貨を交換するという意味では、取引所と同じなんですが、こちらで紹介するのはプロトコル系。

KyberやBancorが有名どころですね。

KyberはイーサリアムのERC20トークン同士を、取引所に行かなくても交換することができます。しかも、プロトコルなので裏方仕事的に交換することもできちゃいます。

具体例を挙げて紹介しますね。

DAppsゲームの「イーサエモン」というモンスターを育成・トレードするゲームがあります。公式からモンスターを購入することができるんですが、Kyberが導入されていないゲームでは、ETHのみでの購入になります。

しかしKyberが実装されていれば、プレーヤーはETH以外のトークンで購入することができます。しかもイーサエモンの運営がETHで受け取りたいと指定していれば、プレーヤーはETH以外のトークンでモンスターを購入したにもかかわらず、運営はETHを受け取ることができます。

裏方仕事なので、私たちが気づかない間にいつのまにか実装されて、いつのまにか快適になっていくことでしょう。

レンディング系

イーサリアムベースの金融系DAppsまとめ

仮想通貨を担保に仮想通貨を借りることのできるDAppsです。

・ETH Lend
・Compound

などがあります。

Compoundの方が使いやすいと思っています。仮想通貨を預けておくと、利息をもらうことができたり、預けている分の3分の2までの仮想通貨をレンディングすることもできます。

借りた仮想通貨を一度FIATに戻し、借りた仮想通貨が値下がりした後に買い戻して返済することで、自力でショートポジションをもつことができます。

ショートETH系

イーサリアムベースの金融系DAppsまとめ

ショートETHとは、ETHが値下がりするほど価格が上昇するトークンです。
その名前の通り、ショートポジションをもつように使うことができます。

expoというDAppsでショートETHを発行できるほか、Radar RelayなどのDEXでも購入できるようになっています。

ちなみにexpoでは、レバレッジETHというレバレッジのかかったETHを買うこともできます。

WBTC(WrappedBitcoin)

イーサリアムベースの金融系DAppsまとめ

DAppsではありませんが、関連性が高いので紹介。

WBTCとは、BTCをイーサリアム上で使うためのトークンです。BTCとETHのブロックチェーンには互換性がないので、1BTC=1WBTCの価値が担保されたトークンを作り、イーサリアム上で使います。

通貨としての役割を持つBTCをイーサリアム上の金融系DAppsで使うのは、現実のお金を使う金融系サービスがブロックチェーン上に移行する未来を示唆していると思いませんか?

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • DApps入門の記事

    【2021年版】ブロックチェーンゲームで稼ぐ方法まとめ【副業になる?】
    ブロックチェーンゲームと言えば、注目されるのは稼げるかどうかの部分。 本記事ではどのような稼げる方法があるのか、HOWの部分について紹介します。 ※2021/10/20 追記 ※2020/6/1 追記 ※2019/8/7 公開
  • DApps入門
  • 2020-06-02
  • 【初心者向け】MyCryptoHeroesをGoogleAccountで始める方法
    MyCryptoHeroesはEthereumチェーン上で動いているブロックチェーンゲームですが、Googleのアカウントのみでも登録し、遊ぶことができます。 メタマスクやウォレットアプリを入れて…と言った煩雑な作業をひとまずは後に回して、まずMyCryptoHeroesがどんなゲームかを触ってみたい人向けの記事です。
  • DApps入門
  • 2019-01-29
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは?登録方法と使いかたを徹底解説します!
    MyEtherWallet(マイイーサウォレット)は、イーサリアムを保管するのに使われているオンラインウォレットの中で、最も人気のあるウォレットです。この記事では、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の特徴と登録方法、使い方について解説していきます。
  • DApps入門
  • 2018-09-21
  • Uniswap|ゲームトークンの流動性マイニングのやり方と注意点まとめ
    DeFiの動きを受けて、ゲームトークンをUniswapに流動性提供をして、そこで得られるLPトークンをさらに預けることでゲームトークンを得ることのできるゲームが登場してきています。やり方と注意点をまとめます。
  • DApps入門
  • 2020-10-26
  • keywords

    Powered by