English
Connect
ニュース・記事

WBTC(WrappedBitcoin)|イーサリアム上で使えるBTCの概要を解説

WBTC(WrappedBitcoin)|イーサリアム上で使えるBTCの概要を解説
更新日

イーサリアム上では、BTCやLTCなどのイーサリアム規格以外のトークンを使うことができません。これをラッピングすることで利用可能にしたのがWBTCです。

イーサリアムのプラットフォーム上では、イーサリアム規格以外のBTCやLTCなどのトークンは使うことができません。

今のところは、取引所でBTCをETHやETH規格のトークンに交換してから使う必要があります。

ブロックチェーンゲームのアセットを買う場合にも、BTCで直接買うことができず、ETHに変えたうえでMETAMASKなどのウォレットに送金してから購入するため、それなりに不便です。

そんな不便さを解消するため、BTCとETHをつなぐ架け橋としてスタートしたのが「Wrapped Tokensプロジェクト」です。

この記事では、Wrapped TokenのひとつであるWBTC(Wrapped Bitcoin)について紹介します。

WBTCとは?

BTCをETHの規格に変換したトークン

WBTCはETHのプラットフォーム上でやりとりができるようになったBTCです。

仮想通貨とひとくくりにしても、BTCやETHなど、それぞれ性質・仕様が異なっており、互換性がありません。ETHのプラットフォーム上では、スマートコントラクトを使った様々なアプリケーションが動き始めていますが、そこでBTCを使うことができないんです。

WBTCは、BTCをETHの規格に変換することで、ETHのプラットフォーム上でも使用可能にしています。

1BTC=1WBTCはカストディアンによって担保されている

さきほどはわかりやすい表現のために「変換」というワードを使いましたが、厳密にはちょっと違います。

1BTCを信頼できる機関(カストディアン)に預けると、カストディアンが1WBTCを発行してくれる仕組みになっています。

そして、1WBTCを渡すと、1WBTCをバーンして預けてあった1BTCが返却されます。こうした仕組みによって、1BTC=1WBTCの価値が担保されているわけです。

詳しい解説は割愛しますが、
・1BTCを渡した時に1WBTCがちゃんともらえる仕組み
・1BTC=1WBTCの価値を維持する仕組み
など、WBTCを成立させるための仕組みはちゃんとつくられています。

WBTCがあると何ができるの?

BTCがETH上で使えるようになると、どんないいことがあるんでしょう。ブロックチェーンゲーマー目線で考えてみました。

通貨・gas・アセットが切り分けられる

現状はアセットを購入するのはETHですし、ETHのプラットフォームを動かすガソリンのような役割を担うgas代もETHです。アセット自身もETH規格のトークンになっています。

つまり、通貨もgasもアセットも全てETHになって、ごっちゃになっているわけです。

その結果として、「BTCの相場の影響を通貨であるETHが受けて、結果としてgas代(BTC建)も変動する」なんてことも起こっているわけです。

WBTCが通貨の役割を担ってくれれば、現実世界でFIATでガソリンやアセットを買うのと同じような感覚でプレイできるようになります。BTCとgas代が切り分けられるだけでもシンプルになります。

なんでもトークン化してETHに乗せることができる

Wrapped tokensプロジェクトは、なにもBTCのためだけではありません。

将来的には、不動産や証券などもETHのプラットフォーム上にトークン化されて乗ってくる可能性があります。

不動産や証券はまだまだ先ですが、現実世界の非トークンのゲームアセットは近い未来可能性があります。

例えば、TCGで実際のカードをカストディアンの役割を持つ機関に預け(信用はさておき)、カードがトークン化されてゲームで使ったり売買できるとか、MMORPGのアイテムをトークンかして他のゲームへ持って行くとか。

これまでとはちょっと違う感覚でワクワクしますね。

まとめ

ETHプラットフォーム上で使えるWBTCについて紹介しました。

BTCをETH上で使えるようになるってだけだと、あまりパッと凄さが伝わらないかもしれませんが、将来的に「なんでもトークンかしてETHプラットフォームに乗ってくる」ってところがポイントです。

いきなり金融系はハードルも高いでしょうから、ゲームなどを通じてトークンラッピングの便利さ、凄さが広まっていったらいいと思います。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

新着ブロックチェーンゲーム

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

掘ることが楽しいブロックチェーンゲーム「Brilliantcrypto」CBTプレイレポート
3Dの鉱山でツルハシ片手に宝石を掘り当てるブロックチェーンゲーム「Brilliantcrypto」 の第2回クローズドβテストゲームレポート。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2024-02-04
  • Sorare(ソラーレ)NFTサッカーゲームの遊び方・稼ぎ方を初心者向けに解説(2023年版)
    「Sorare(ソラーレ)を始めてみたい」 「SorareでNFTを稼げるって聞いたけど、本当?」 2023年現在、このような思いでSorareに登録しようか悩んでいる人は多いでしょう。 この記事では、Sorareサッカーゲームの特徴と遊び方、そして稼ぎ方について詳しく紹介します。 「本当にSorareで稼げるの?」「無課金でも楽しめる?」といったよくある質問にも解説していますので、これからSorareサッカーゲームを始める方は、ぜひチェックしてください。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • 【無課金でクリスぺ攻略】クリプトスペルズは無課金で稼げるのか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 ※こちらの記事ではあくまでも方法の紹介のみになり、BCGで稼ぐことを勧めている記事ではございません。 #クリスペ 2021年7月1日 更新 月間、チャレンジミッションに関する記載、その他を追記 2020年5月26日更新 アセットアナライザーにNFT追加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • Blockchain/NFTの記事

    BigQueryのEthereumデータを使ってブロックチェーンゲームを分析しよう!
    ブロックチェーンゲームの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。 ※2021-03-21 画像を追加
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-19
  • MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法(追記あり)
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。 ※追記 誤解を招く恐れがある「旧UIへのログイン方法」への記事リンクを削除しました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-02-27
  • バイナンスも出資するCocos-BCXとは|特徴や将来性について解説
    ブロックチェーンゲームを開発する上で、ゲーム制作の知識、ブロックチェーンの知識と両方が必要となり、開発者にとって非常にハードルが高いです。 Cocos-BCXは独自の開発キッドを利用することで、簡単にブロックチェーン上でDappsを開発、デバッグ、リリースすることができきます。 Cocos-BCXは大手企業との提携や融資、バイナンスに上場したことで話題にもなりました。 この記事ではCocos-BCXの特徴や将来性ついて解説します。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • keywords

    Powered by