English
MyPage
ニュース・記事

デスクトップウォレットの特徴について

ツイート

デスクトップウォレットの特徴

デスクトップウォレットとは、インターネット上からソフトウェアやアプリをダウンロードし、パソコン上で保管するウォレットのことを指します。

仮想通貨のウォレットとしては古くからあるタイプで、仮想通貨の開発元が公式にリリースしているウォレットの多くがこのデスクトップウォレット形式を取っています。

サーバー上ではなくパソコンの端末に保管するためクライアントウォレット、ソフトウェアウォレットとも呼ばれたりしています。

デスクトップウォレットには、フルノード(完全型)とSPV型(簡易型)の2つのタイプがあります。

フルノードとは、ブロックチェーンに記録された全ての取引情報(ジェネシスブロックから最新ブロックまで)をダウンロードする必要があります。

一方SPV型(簡易型)は最低限のデータのみダウンロードするタイプで、ハードディスク容量を多く必要としません。

デスクトップウォレットのメリット

利便性が高い

デスクトップウォレットは、PCにインストールしたソフトウェアを起動すればすぐにウォレットが作成できます。

その後のお金の移動もウ扱うことがで、操作も分かりやすく誰でも使えるシンプルさがメリットと言えます。

また、ウォレットによっては、同じアプリやソフトウェアをインストールしておけばパソコンでもスマホでも使えるものがあります。
複数の端末からアクセスすることができ一元化して管理することもできます。

自分で仮想通貨を管理することができる

デスクトップウォレットは自分のパソコンで仮想通貨を管理します。
したがって取引所が用意しているウォレットとは異なるので、もし取引所が倒産しても自分の資産を失うことがありません。
カウンターパーティリスクを抑えることができます。

カウンターパーティリスク
金融商品を取引する時に「取引を仲介している会社が倒産してしまった時に発生する損失の可能性」
仮想通貨では、取引所がハッキングされ資金が流出。
顧客に支払いができないケースも多々あります。

マイニングをすることができる

通貨によってですが、フルノードのウォレットを利用することでマイニングを行って報酬を得ることができます。

対象となる仮想通貨は

PoS(プルーフオブステーク/Proof of Stake)
PoI(プルーフオブインポータンス/Proof of Importance)

というシステムを採用している仮想通貨で、NEMやXPなどが挙げられます。

デスクトップウォレットのデメリット

フルノードは大量の容量が必要

フルノード(完全型)は、ブロックチェーンの莫大なデータをすべてダウンロードする必要があります。

そのため、起動に時間がかかったり、使用するデバイスの容量を大量に使うというデメリットがあります。

ハッキングのリスクがある

デスクトップウォレットは、パソコン自体がウィルスに感染していた場合PC内で管理している秘密鍵が盗まれたり紛失してしまう可能性があります。

デスクトップウォレットを利用する際は、必ず秘密鍵をメモするようにしてください。

秘密鍵があれば別のパソコンからアクセスすることができます。

気になるデスクトップウォレット

Bitcoin Core

デスクトップウォレットの特徴について

Bitcoin Coreはフルノード(完全型)のデスクトップウォレットで日本語にも対応しています。

ダウンロードに時間(約20時間以上)と容量(約65GB)を必要としますが、ビットコインの開発に携わっている人が開発しているので、ビットコインと相性良く利用できるよう日々改善しています。

Copay

デスクトップウォレットの特徴について

CopayはSPV型(簡易型)のウォレットで日本語にも対応しています。

CopayはPCでもスマホでも使うことができるので、同一アプリで複数のウォレットを作成することが可能です。

個人用や仕事用などと用途に合わせて、別々のウォレットで管理を行うことができます。

PCとスマホの間で同期ができるので、自宅で外出先でと使い勝手が良いウォレットと言えます。

また、セキュリティ面でもマルチシグネチャ―に対応していて安全性も高いことから、人気の高いウォレットです。

最後に

ブロックチェーンのセキュリティ企業CipherTraceが「仮想通貨のアンチ・マネーロンダリング(AML)2018 Q3」というレポートを公表しました。

そのレポートによると、今年2018年9月までに仮想通貨取引所やその他のプラットフォームから、合計9億2,700万ドルがハッキング。

2017年のハッキング総額(1月~12月)が約2憶6,600万ドルと言われているので、今年は9月末時点で既に約3.5倍の被害額となります。

このような統計から、全ての資産を取引所に預けておくのは大変リスクがあるので、デスクトップウォレットやハードウェアウォレットを利用し資産を分散して管理した方が良いでしょう。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。 2018年より投資枠を拡大。資産運用中。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

サッカープレイヤーのリアルパフォーマンス連動 Sorareの概要・遊び方
リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-24
  • 【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • 【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
    コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • 【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • この著者による記事

    価格急騰!仮想通貨Ravencoin(RVN)の特徴について
    2月末より価格が高騰している仮想通貨Ravencoin(RVN)。 米企業オーバーストック・ドット・コムのCEOパトリックバーン氏もこのRevecoinに数百万ドルの資金を投資しています。 *Overstock:NASDAQ上場企業 オーバーストック・ドット・コムは、”ビットコイン決済の先駆け”とも言われており、そのSEOであるバーン氏はビットコイン(仮想通貨)に対し肯定的な意見を述べています。 気になるRVNの価格ですが、2月25日に0.01ドルだったRVNは、3月4日(現在)0.027ドルまで上昇と2倍以上価格を上げています。
  • 仮想通貨
  • 2019-03-06
  • 2019年10-11月に控える第4次相互審査|FATFとは
    今年(2019年)10月から11月にFATFの第4次相互審査が予定されています。 今回の審査では初めて仮想通貨も対象になることから、仮想通貨交換業者における対応も金融庁を中心に進められています。 この記事では、FATFのこれまでの取り組みについて解説します。
  • 仮想通貨
  • 2019-05-31
  • Crypto.com Chain(CRO)の特徴について
    Crypto.com Chainの価格高騰に伴い、Crypto.com及びCROについて纏めて見ました。
  • 仮想通貨
  • 2019-04-22
  • イーサリアム・ERC-20の特徴について
    前回、ERCについて書いてみましたが、今回はERC-20について纏めてみました。
  • 仮想通貨
  • 2018-08-28
  • 仮想通貨の記事

    Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • 仮想通貨
  • 2019-02-27
  • BigQueryのEthereumデータを使ってでブロックチェーンゲームを分析しよう!
    dAppsの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。
  • 仮想通貨
  • 2019-08-19
  • MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。
  • 仮想通貨
  • 2019-09-02
  • 2019年10-11月に控える第4次相互審査|FATFとは
    今年(2019年)10月から11月にFATFの第4次相互審査が予定されています。 今回の審査では初めて仮想通貨も対象になることから、仮想通貨交換業者における対応も金融庁を中心に進められています。 この記事では、FATFのこれまでの取り組みについて解説します。
  • 仮想通貨
  • 2019-05-31
  • 新着記事

    ブロックチェーンゲームで稼ぐ方法まとめ【2020年版】
    ブロックチェーンゲームと言えば、注目されるのは稼げるかどうかの部分。 本記事ではどのような稼げる方法があるのか、HOWの部分について紹介します。 ※2019/8/7公開 ※2020/6/1追記
  • DApps入門
  • 2020-06-02
  • テレビCMも放映する人気ブロックチェーンゲーム、クリプトスペルズ専用アプリ「GO!クリスペ」iOS版をリリース
    ※以下プレスリリースの内容を掲載しています。 ブロックチェーン事業者向けプラットフォームサービス「GO BASE」の第一弾サービスとしてリリース開始。クリプトスペルズ(クリスペ)を存分に楽しめる。
  • プレスリリース
  • 2020-05-29
  • 6/1より開催!クリプトスペルズ『毎日コロシアム sponsored by BCGI』エメラルド ギルドイベント開催決定!
    エメラルドギルドのイベントとして毎月行われている「毎日コロシアム」がクリプトスペルズCM期間中スペシャルバージョンに!
  • イベント
  • 2020-05-29
  • Enjin社がブロックチェーンとMinecraft サーバーを連携させる、Minecraftプラグインをリリース!
    ※プレスリリースの内容を掲載しています。 EnjinCraftはブロックチェーンと、20万以上存在するMinecraftサーバーとの連携を可能にする、プラグインです。
  • プレスリリース
  • 2020-05-28