English
Connect
ニュース・記事

サッカークラブ経営を楽しめて稼げるブロックチェーンゲーム「トレサカ Jリーグ」NFT化機能をリリース

サッカークラブ経営を楽しめて稼げるブロックチェーンゲーム「トレサカ Jリーグ」NFT化機能をリリース
更新日

株式会社OneSportsは、ブロックチェーンゲーム「Jリーグ トレーディングサッカー」にてNFT機能をリリースしたことを2月15日に発表した。

アスリート、チーム、リーグ、ファンをつなぐ新しい循環型経済圏の創造をミッションとする株式会社OneSportsは、ブロックチェーンゲーム「Jリーグ トレーディングサッカー」にてNFT機能をリリースしたことを発表。

1月26日の正式リリース以降、ゲーム内での稼ぎ方に関する知識の普及や、選手を獲得・売却できるオファー機能の有効化により、現在30%以上のユーザーがゲーム内通貨を獲得しており、ゲームの経済は進化を続けているとしています。

NFT機能により、ユーザーは育成したLIMITED選手をNFT選手カードに変換し、外部マーケット(LINE NFT)で販売することが可能となり、ゲーム内経済だけでなく、ゲーム外経済の拡大が期待できます。

 「選手・チーム・リーグ・ファンをつなぐ循環型の新しい経済圏をつくる」をミッションとする株式会社OneSports(読み:ワンスポーツ 本社:東京都豊島区 代表者:杉野 範和 以下 「OneSports」)は、日本初Jリーグオフィシャルライセンスが許諾されたブロックチェーンゲーム『Jリーグ トレーディングサッカー(J.LEAGUE Trading Soccer)』(略称:トレサカ Jリーグ、以下「本サービス」)にNFT化機能が本日2月15日にリリースされたことをお知らせいたします。

1月26日の正式版リリース以降でゲーム内の経済が更に進化

 2022年11月30日から2023年1月22日まで実施していた本サービスのオープンβ版ではユーザーの4人に1人がゲーム内通貨を獲得し、有償アイテムを購入いただくことができました。1月26日の正式版リリース以降の現在では、更に増加して全体の3割以上のユーザーがゲーム内で通貨を獲得いただいております。これは、ゲーム内での稼ぎかたのノウハウが浸透してきたことと、プレイヤー間で選手を獲得しあうことができるオファー機能の活性化により実現されていると考えております。特にオファー機能ではプレイヤーが育てた選手に、別のプレイヤーが購入のオファーをだすことができる機能であり、無償で取得して育成した選手を移籍させて資金を稼ぐことができるようになっております。

NFT化機能でゲーム外の経済圏の拡張を実施

 これまではゲーム内で「Free to Play and Earn(無料ではじめて楽しみながら稼ぐ)」を提供し、ゲーム内の経済圏の形成を志向した運営を行なっておりましたが、ゲーム内での経済圏の形成に一定の成果が出たため、本サービスの最大の特徴であるNFT化機能を実装しゲーム外の経済圏への拡張を行います。
 NFT化機能では、育成したLIMITED選手をNFT選手カードに変換して外部マーケット(LINE NFT)にて売買することが可能になります。現在一部のクラブチームでは選手の需要が高まり供給不足になっていたり、購入の際に行列ができ待ち時間が発生しています。NFT化機能を活用することで、これまで入手困難であった選手をLINE NFT上で待ち時間無くユーザー同士で売買することができます。これによりゲーム外の経済圏を拡張してまいります。

Jリーグやサッカーを楽しむことが資産になる世界を目指して

 『トレサカ Jリーグ』ではゲームをとおしてJリーグのファンであることが価値となり資産となるように運営を行なって参ります。今後も大会イベントやコレクション機能の追加、2023年度版のカード販売なども予定しております。サービスの詳細や今後の展望に関しての詳細は、ホワイトペーパー(https://toresaka.com/white_paper)にて公開していますので、ご参照ください。

◯トレサカ Jリーグとは

 本サービスでは、2022 明治安田生命J1リーグおよびJ2リーグ所属の全40クラブ1,000名以上の選手が実名実写で登場します。クラブのオーナー兼監督となり、自分自身のクラブを作り上げるクラブ経営シミュレーションゲームで、初心者からサッカーファンまで楽しめるブロックチェーンゲームとなっています。従来のソーシャルゲーム同様に、基本無料ですぐにプレイすることが可能です。

選手を獲得し育成!
選手適性と最適なフォーメーションを組み合わせ、理想のチームを作ろう!

トレサカ Jリーグ概要

トレサカ Jリーグ公式サイト>
https://toresaka.com/

<プレイ方法>
トレサカ Jリーグ公式サイト内の「ゲーム開始」からプレイ可能です。
※プレイするためにはLINEアカウントが必要になります。

<動作環境>
iOS:Safari
Android:Chrome
Windows:Chrome
MAC:Safari,Chrome
ジャンル:サッカークラブ運営シミュレーション
価格:基本プレイ無料(サービス内課金あり)

本サービス提供における役務分担

 本サービスの提供に際しては、株式会社OneSportsが公益社団法人日本プロサッカーリーグとライセンス契約を締結し、株式会社オルトプラスと株式会社プレイシンクが開発を、アクセルマーク株式会社がパブリッシングを担当しております。

株式会社OneSports 会社概要

【会社名】株式会社OneSports
【代表】代表取締役 杉野 範和
【所在地】東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45F
【設立】2020年2月13日
【URL】https://www.onesports.co.jp/

私たちは、スポーツを「楽しむ人」を増やし、日常をより豊かにしていくデジタルスポーツエンターテインメント・カンパニーです。 前身であるモブキャストゲームス時代の2010年にスポーツゲーム「モバプロ」のリリースを皮切りにして、野球、サッカー、バスケットボール、競馬、プロレスなど複数のゲーム配信と運営に携わり、累計800万人以上のユーザーとコミュニケーションしてきました。今後も、スポーツ×テクノロジーが生み出す無限の可能性のなかで、ファンと選手の価値を創造し、日常をより豊かにしていきます。

Jリーグ トレーディングサッカー(トレサカ Jリーグ)

「Jリーグ トレーディングサッカー」(トレサカ Jリーグ)は、Jリーグオフィシャルライセンスの許諾を受けた、クラブのオーナー兼監督となって自分自身のクラブを作り上げリーグの頂点を目指すシミュレーションゲームです。2022 明治安田生命J1リーグおよびJ2リーグ所属の全40クラブ800名以上の選手が実名実写で登場し、基本無料でプレイ可能です。
ゲーム内で育成した選手をNFT化することでユーザー間での売買が可能になり、手軽に楽しみながら報酬を得ることができます。

■ジャンル:カード、サッカー、サッカークラブ運営シミュレーション、スポーツ、コレクタブル
■対応機種:WEBブラウザ
■利用:基本プレイ無料(サービス内課金あり)
■リリース時期:11月30日 オープンβ版リリース  ベータ版終了は1月22日15時
■ステータス:リリース中
■P2E:対応
■言語:日本語
■ネットワーク:LINE Blockchain
■配信プラットフォーム:LINE
■NFT:Jリーグサッカー選手カード
■トレーディング:対応
■マーケットプレイス:Line NFT
■提供会社:株式会社OneSports
■開発会社:株式会社オルトプラス,株式会社プレイシンク
■パートナー: 株式会社オルトプラス
■ホワイトペーパー:https://toresaka.com/white_paper
■email:info@onesports.co.jp

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

新着ブロックチェーンゲーム

関連記事

日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • 【2022年】注目のスポーツNFTゲーム5つ
    定番のソラーレから最新NFTゲームまでを紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-12-01
  • ブロックチェーンゲーム「トレサカ Jリーグ」Jリーグ開幕に合わせてプロモーション実施
    OneSportsは、ブロックチェーンゲーム「トレサカ Jリーグ」が【2023 Jリーグ開幕】エル・ゴラッソ号外にて最終面での一面PRを実施したと発表。
  • プレスリリース
  • 2023-02-17
  • オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

    ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • プレスリリースの記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • 日本初のブロックチェーン技術を用いたECサイト 「Reptop」α版(デモサイト)を公開
    日本初のトークン報酬を得られるECサイト
  • プレスリリース
  • 2019-02-21
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • Powered by