English
Connect
ニュース・記事

「キャプテン翼」ボールはともだちプロジェクト公開、NFT購入で世界の子どもたちと自分に本物のボールが届く

「キャプテン翼」ボールはともだちプロジェクト公開、NFT購入で世界の子どもたちと自分に本物のボールが届く
更新日

double jump.tokyo株式会社は、株式会社TSUBASAとの共同プロジェクト『キャプテン翼』ボールはともだちプロジェクトの内容を公開した。
NFTを購入することで高橋陽一先生の描き下ろしボールが世界の子どもたちと自分に届いたり、思い出の必殺技、伝説の名シーンをNFT化することやNFTを譲渡不可NFTSBT化)にすることで、描き下ろしオリジナルデザインのリアルサッカーボールと引き換える事が出来るなど新しい試みを取り入れている。

※以下プレスリリースを掲載しています。
ロックチェーン技術を用いたアプリケーション開発を行うdouble jump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸、以下「double jump.tokyo」)は、株式会社TSUBASA(本社:東京都葛飾区、代表取締役:岩本義弘)との共同プロジェクトである『キャプテン翼』ボールはともだちプロジェクトの全貌を公開いたします。
https://tsubasa.world/

・『キャプテン翼』ボールはともだちプロジェクトの挑戦
・ NFT購入で高橋陽一先生の描き下ろしボールが世界の子どもたちと自分に届く!
・思い出の必殺技、伝説の名シーンをNFT化!
・NFTの新たな形「SBT※1」の活用にも挑戦!
・ツイートのパスで世界がつながるTwitterキャンペーンも展開!

出典 : tsubasa.world

公式サイト:https://tsubasa.world/
公式Twitter:https://twitter.com/TsubasaNFT

デジタルがリアルを変えていく『キャプテン翼』ボールはともだちプロジェクト

本プロジェクトは「サッカーの力で、世界平和を。」という『キャプテン翼』のワンシーンから立ち上がりました。サッカーを通じて世界とのつながりを感じ、サッカーボールで子どもたちが自由に遊び、希望を持てると信じています。
サッカーや『キャプテン翼』を愛する世界中の人々がチームメイトのように1つになり、世界の子どもたちにオリジナルサッカーボールを届ける壮大なプロジェクトを作り上げていきます。

出典 : 『キャプテン翼』ワールドユ...

高橋陽一先生の描き下ろしによる『キャプテン翼』オリジナルサッカーボールは、国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンを通じて世界12ヶ国(ケニア、エチオピア、ウガンダ、フィリピン、カンボジア、ベトナム、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、イラク、シリア、ヨルダンを予定)の子どもたちに贈られます。アジア・アフリカ・中南米・中東地域にて、教育や子どもの保護などの活動とともに、このサッカーボールを子どもたちに届けます。

原作者 高橋陽一先生によるメッセージ

「今回、世界中の子どもたちが元気にサッカーボールを蹴る姿をイメージして、イラストを書きました。『キャプテン翼』は子どもたちに夢を持つことの大切さを伝えたい思いで描き続けています。今回のプロジェクトは世界のサッカーファンと繋がり、楽しみ、サッカーの未来や子どもたちに夢を託すことのできるプロジェクトになると信じています。」

「TSUBASA NFT」購入で世界の子どもたちと自分に本物のボールが届く!

「TSUBASA NFT」を購入することで、高橋陽一先生の描き下ろしサッカーボールが世界の子どもたちと自分に届きます。ボールの18面に、高橋先生がこのボールのため描いた様々なキャラクターの顔があしらわれた、本プロジェクト限定のオリジナルサッカーボールを制作中です。
※購入者がボールを受け取るための送料は、お届け先に応じて別途かかります

思い出の必殺技や伝説の名シーンがジェネレートされた世界に1つだけのNFT

「TSUBASA NFT」は『キャプテン翼』のさまざまな要素が盛り込まれた、世界に1つしかない完全オリジナルのNFTコレクションです。必殺技、名シーン、そしてパラメーターが組み合わされたジェネレートNFTです。

背景を飾る必殺技は、『キャプテン翼』 ワールドユース編までに登場した必殺技をラインナップしています。NFTの主役であるボールには数々の名シーンがあしらわれ、マーケットプレイス上でボールを360度回転させて鑑賞することができます。エフェクト・色・形状が異なる、躍動感あふれるNFTアートとして展開します。

TSUBASA NFTのイメージ

背景を飾るさまざまな必殺技

360 度たのしめる NFT 上のボール

NFTの新たな技術の活用と『キャプテン翼』ならではのワクワクする企画が登場

今回の「TSUBASA NFT」はそのままNFTとしてコレクションすることも、マーケットプレイス上で流通させることも、SBT化することも選べる仕組みになっています。SBTとは「他のアカウントに移転・譲渡のできないNFT」であり、SBT化したものは永久証明のような存在(=二次流通できない)として扱われます。

SBT 化のイメージ

SBT化により、第1弾特典として高橋陽一先生が描き下ろしたオリジナルデザインのリアルサッカーボールが購入者自身にも届いたり、第2弾以降の特典では限定オリジナルグッズの購入権利を得ることが可能となります。なお、1つの「TSUBASA NFT」から入手できる特典は1種類になるため、SBT化するタイミングも楽しみの1つになります。
NFTの詳細情報や、販売スケジュールなどプロジェクトに関する情報は、公式Twitterから随時発信していきます。
※1 本プロジェクトではABT(AccountBoundToken)、ERC4973、譲渡不可NFTについて「SBT」と表現しています
※2 本プロジェクトでのNFTを「TSUBASA NFT」を表現しています

ツイートのパスで世界がつながるTwitterキャンペーンもスタート!

翼くんの偉大な夢の実現を目指す当プロジェクトを世界中の方々と盛り上げる企画として、必殺シュートを世界中のみんなでつないでいく「TSUBASA SOCIAL STADIUM」も展開します。
サイト上でニックネームを入力することで、必殺シュートが完成。その内容をツイートし、次の人がさらに参加。Twitter上でパスのようにツイートがつながっていくことで、みんなの名前が刻まれ必殺シュートも進化していきます。
参加者の中から抽選で豪華プレゼントをお届けします。なお、プレゼント抽選への応募条件として、MetaMaskの登録・連携が必要になります。

キャンペーンの楽しみ方

ツイートがつながることで出現する必殺シュート

キャンペーン概要

名称:TSUBASA SOCIAL STADIUM
実施期間:2023年2月7日(火) ~2月25日(土)  (日本時間/予定)
当選発表:2023年2月27日(月) 正午(日本時間/予定)
プレゼント内容:
①抽選で10名に TSUBASA NFT「翼と岬のツインシュート」
②抽選で500名に TSUBASA NFT 優先購入権(Allow List)
③コンボ数が最も多かったシュートに参加した方から抽選で10名に TSUBASA NFT「翼と岬のツインシュート」
公式Twitter(https://twitter.com/TsubasaNFT)をフォローのうえ、詳細な応募方法や条件、プレゼントの受け取り方法についてはNFT公式サイト(https://tsubasa.world/)をご覧ください。

プロジェクト全体概要

プロジェクト名:『キャプテン翼』ボールはともだちプロジェクト
公式サイト:https://tsubasa.world/
公式Twitter:https://twitter.com/TsubasaNFT
ティザームービー:https://youtu.be/pCGvuKN3ZIc

*『キャプテン翼』からWeb3関連のプロジェクトが複数公開・告知されていますが、本プロジェクトはそれらとは独立したプロジェクトになります。お問い合わせは各プロジェクトごとにお願いいたします。

『キャプテン翼』について

キャプテン翼』(集英社)は、「ボールはともだち」が信条の大空翼を主人公とするサッカー漫画。1981年に「週刊少年ジャンプ」で連載が開始され、1983年にはアニメ化。現在、「キャプテン翼マガジン」にて『キャプテン翼 ライジングサン』を連載中。2017年6月にはシリーズ通巻100巻を達成、2018年にはアニメ最新作の放送が開始され、海外でも順次放送されている。
公式サイト:https://captain-tsubasa.com/

double jump.tokyo株式会社

NFT・ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、2018年に設⽴。「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」などのブロックチェーンゲームの独自開発や、日本を代表するゲーム開発会社と共同ゲーム開発に取り組む。2022年には2XJ「WEB3.0 Tech Studio」を発足。2XJとはブロックチェーンゲーム・NFTなどのWEB3.0プロジェクトを専門とし、世界へ誇るIPブランドと共に「まだ見ぬ、わくわくするプロジェクト」をテクノロジーの力で創出する「WEB3.0 Tech Studio」です。

会社名:double jump.tokyo株式会社
所在地:東京都新宿区⻄新宿4-34-7
代表者:代表取締役 上野広伸
事業内容:ブロックチェーン技術を⽤いたゲーム及びアセットの開発・運営・販売
URL:https://www.doublejump.tokyo/
email:info@doublejump.tokyo

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

新着ブロックチェーンゲーム

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • プレスリリースの記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • 日本初のブロックチェーン技術を用いたECサイト 「Reptop」α版(デモサイト)を公開
    日本初のトークン報酬を得られるECサイト
  • プレスリリース
  • 2019-02-21
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • Powered by