English
ログイン
ニュース・記事

誰でも簡単にSolana(ソラナ)でNFTを発行できるサービスが開始

更新日

※以下プレスリリースを掲載しています。

ブロックチェーンテックカンパニーの株式会社アトノイ(東京都港区、代表取締役 川本栄介、https://atonoy.co)は、オープンソースライブラリー「SolanaSuite」(https://atonoy.github.io/solana-suite/)を利用して誰でも簡単にNFTを発行できる「SMT(SMart Token tool)サービス」(http://smt.atonoy.co)を開始しました。

SMTサービス(http://smt.atonoy.co)自体の利用は無料!(※発行には別途Solanaへ支払う手数料のSOLが必要になります。)

多くのユーザーへ暗号資産の取引以外のブロックチェーンを体験してもらうために、アトノイではNFTが簡単にスピーディに発行できるサービスを無料で提供します。ブロックチェーンによってあらゆるモノやコトが個人に帰属したことを証明できるスキームを利用したアイディアの可能性は無限大です。

また、同時にSMTもオープンソース(https://github.com/atonoy/smart-token-tool)として公開しました。ReactとSolana Suiteだけで構築されており、全てクライアントのブラウザ内で動作しますので、とてもシンプルなツールです。

オリジナル創作した作品にNFTを発行しよう!

あなたのデジタル作品の創作者が自分自身であることがNFTを発行することで証明できます。通常デジタル作品はデジタルであるが故に簡単に複製されてしまいますが、複製されたとしてもその作品性などのオリジナリティが毀損される訳ではありません。作品の本質的な価値は、創作者であるあなたが創作したタイミングでしかNFTを発行できないことで証明されます。デジタル作品だけでなくリアル作品も同様です。

コトを証明するNFTを発行してプレゼントしよう!

自分だけのオリジナルNFTを発行して、自分の周りの人にNFTを配ることで、繋がりを証明することができます。日々の感謝の気持ち、応援の気持ち、なんでもNFTにして送り合うことで、その気持ちがコレクションされてブロックチェーンに記録されることで証明されます。改ざんできない、削除できない、誰からも見える化される、個人へ帰属するなどのブロックチェーンの本質を理解してNFTを送ることで、受け取った相手は送り主の覚悟や責任など新たな価値観を感じさせます。

SMTでのNFT発行方法

アトノイの公式noteにNFT発行方法のマニュアルを掲載しました。
以下のURLからご利用ください。
SMT NFT発行マニュアル(https://note.com/atonoy_co/n/ne0e236ea3470)

対応ウォレット

誰でも簡単にSolana(ソラナ)でNFTを発行できるサービスが開始

ChromeブラウザにChromeウェブストアから機能追加できるPhantomウォレット(https://phantom.app)に対応しています。

NFTの発行にはSOLが必要

自分のPhantomウォレットにSOLを日本国内の暗号資産取引所で購入して送金してください。

日本でSOLを購入できる取引所(2022/11/14時点)
・SBI VC トレード(https://www.sbivc.co.jp/)

NFTの発行には、暗号資産のSOLが必要です。

Solana Blockchain (https://solana.com/)

誰でも簡単にSolana(ソラナ)でNFTを発行できるサービスが開始

世界最速のブロックチェーン
・1秒間の処理トランザクション数50,000トランザクション
トランザクションが完了する時間も世界最速Solana:0.5-0.8秒
今後3~5年、Solanaを超える、より高速なブロックチェーンは登場しないと確信している
・トランザクション手数料が安いので、代理支払いが可能
利用ユーザーの代わりに、NFT/トークン発行体が代理で支払うことが可能なので、最適なユーザーエクスペリエンスを提供できる

世界最速のブロックチェーン
・1秒間の処理トランザクション数50,000トランザクション
トランザクションが完了する時間も世界最速Solana:0.5-0.8秒
今後3~5年、Solanaを超える、より高速なブロックチェーンは登場しないと確信している
・トランザクション手数料が安いので、代理支払いが可能
利用ユーザーの代わりに、NFT/トークン発行体が代理で支払うことが可能なので、最適なユーザーエクスペリエンスを提供できる

NFTとは?

Non-FungibleTokenの略称。代替することが不可能だと証明されたコトやモノを取り扱う手段。ブロックチェーンによって情報の真正性が証明されることにより、今まであやふやだったコトやモノの価値を個人へ確実に帰属することが可能となりました。これによりNFTはインターネットと繋がっている全世界のあらゆる人々と人種、言語、居住地などの壁を越えて、コトやモノの価値を共有することが可能になりました。全世界規模での新たな価値の創造を促す革新的な手段として期待されています。

株式会社BSMOホールディングスについて

SNSマーケティングやデジタル広告を駆使し、アジアからアフリカまでグローバル20カ国以上へコンタクトレンズから自動車まで、グループ会社のシナジーを活かし幅広い事業を展開。
リアルとデジタルの融合で、世界をもっと輝かせることを目指し、時代の先陣を切って成長して行きます。
社名:株式会社BSMOホールディングス
所在地:東京都港区虎ノ門1-17-1虎ノ門ヒルズビジネスタワー14階
代表者:清水 正
事業内容:
ブロックチェーン企画・開発事業、ウォレットマーケティング事業、D2Cマーケティング事業、SNSを利用したグローバルグロースハック事業、ブランディング事業、メディア事業、システム開発事業、人工知能(AI)開発事業など
URL:https://bsmo-holdings.com

株式会社アトノイについて

誰でも簡単にSolana(ソラナ)でNFTを発行できるサービスが開始

次の20年を個人が活躍する時代として変革を促すため、ブロックチェーントークンエコノミーコンサルティング、ブロックチェーンスマートコントラクト開発事業を展開。あらゆるモノやコトが個人に帰属する社会を創造し、人と人が誤解なく分かりあえる環境を構築することで、共通の価値観を生み出し真に個の時代となる新たなステージへ進みます。
会社名 :株式会社アトノイ
所在地 :東京都港区虎ノ門1-17-1虎ノ門ヒルズビジネスタワー14階
代表者 :川本 栄介
事業内容:
株式会社BSMOホールディングス子会社
ブロックチェーンを活用した、
・各種設計、研究開発、運営
・コンサルティング
トークンエコノミーの拡大、発展推進
URL:https://atonoy.co/

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • この著者による記事

    MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※2022/11/10 ブリッジ機能が追加されたため説明を追記 ※2022/10/02 portfolio機能が追加 ※2022/07/28 Brave、Edgeブラウザに対応、チェーン自動切り替えを追加 ※追記 チェインリストを追記しました。 ※追記 2022/02/11 新しいポリゴンRPCのURLを設定しました。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • プレスリリースの記事

    ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • keywords

    Powered by