English
Connect
ニュース・記事

日本生まれのゲームギルド「Samurai Guild Games」が「元素騎士Online-METAWORLD」とパートナーシップ締結

日本生まれのゲームギルド「Samurai Guild Games」が「元素騎士Online-METAWORLD」とパートナーシップ締結
更新日

日本生まれNFTゲームギルド「Samurai Guild Games(サムライ ギルド ゲームス)」は3DMMO(3D Massively Multiplayer Online)技術で構成されるメタバース仮想空間上にNFTとGameFiの要素を取り込み、全く新しいファンタジー世界経済圏の構築を目指す「元素騎士オンライン」とパートナーシップを締結しました。

Samurai Guild Gamesは、「元素騎士オンライン」をギルドメンバーがプレイし、“Play To Earn”を実現できるよう、独自のイベントやセミナー等を予定しています。詳細につきましては、決定次第、プレスリリース、公式Twitter 、discordにて発表いたします。

------------------------------
【Samurai Guild Games】
------------------------------
 Twitter:@SamuraiGuildNFT(https://twitter.com/SamuraiGuildNFT
 HP:https://www.samuraiguild.games/
 Discord:https://discord.gg/VJ8bCruVFJ

「Samurai Guild Games」とは

Samurai Guild Games(以下、SGG)は、日本生まれのゲーム団体です。

ゲームをプレイしてキャラクターやアイテムを獲得することでお金を稼ぐことのできるNFTゲーム(GameFi)に興味があっても、一歩踏み出して実際にプレイする日本人が少ない理由に、言語の壁とNFTやブロックチェーン等の知識不足があります。この参入障壁を下げ、誰もがGameFiに参画できるよう、SGGは「遊ぶ、学ぶ、作る、稼ぐ」をミッションに、「教育」と「GameFi」の二つのプラットフォームで構成されています。急速に成長し続けるNFT業界の中で、ギルドメンバーがゲームをプレイして収入を得る(Play To Earn)ために必要な最新情報や技術を、教育活動を通じて提供し、“Learn To Earn”を推進します。

さらに、ゲーム会社との連携により、SGG内でクリエイターを育成し、ゲーム開発、ゲーム文化の発展にも寄与していきます。このほか、都内の主要eスポーツ施設とも連携し、eスポーツ人口を増やし、eスポーツ界のトップだけではなく、多くのプレイヤーの“Play To Earn”の実現を図ります。

様々な障壁を取り除き、誰もがGameFiに参画できるよう、ゲームの世界と現実の世界を「Samurai Guild Games」が橋渡しすることで、ギルドメンバーの人生に新たな選択肢が生まれることを目指します。

「元素騎士Online」とは

「元素騎士Online」は、日本の3DMMOタイトル「Elemental Knights Online」がライセンス元となって開発された作品です。元素騎士Onlineは台湾で2012年に「Game of the year金賞」を受賞し、延べ800万人が遊んだ「元素騎士Online」の新作として、3DMMO(3D Massively Multiplayer Online)技術で構成されるメタバース仮想空間上にNFTとGameFiの要素を取り込んだサービスで、ブロックチェーン技術で新しいファンタジー世界経済圏の構築を目指しています。

2021年12月2日にWebサイト、各種SNSがリリースされてから現在までに数々の記録を達成しています。
・公開からわずか20日間でコミュニティ登録者数10万人を達成。(現在は25万人)
・分散型マルチチェーン資金調達プラットフォームのTrustPadで過去行った全てのローンチプール史上最速の完売記録を達成。
・世界最大級の仮想通貨取引所Bybitで行われたローンチプールではMVと呼ばれるこのプロジェクトの仮想通貨トークンを入手するために、史上最高の69,000人という参加者数と、220億円以上のステーキングを達成。
・仮想通貨取引所MEXCで行われたKickstarterにて、目標投票率500%を開始わずか10分で達成したプロジェクトとして殿堂入りを果たし、3月7日に同取引所へ上場。

元素騎士Online -META WORLD- コミュニティ>
【公式サイト】 https://genso.game/
【Twitter】 https://twitter.com/genso_meta
【Discord】 https://discord.gg/gensometa
【LINE】 https://lin.ee/fRx2vvE
【Telegram(英語グループ)】 https://t.me/gensometamain
【Telegram(中文グループ)】 https://t.me/gensometazw
【Telegram(日本語発信)】 https://t.me/gensometajpn
【YouTube】 https://www.youtube.com/channel/UCMi4wGMEWgC9VVps8d_NLDA

背景とギルドの役割

2020年に世界的パンデミックが発生し、世界中で多くの損失が生まれ、失業者が増加し、貧困層が拡大しました。そのような社会状況の中、2020年のゲーム市場、メタバース市場は大きな成長が見られました。世界中で雇用問題があるなか、パソコンやスマートフォンが1台あれば、ブロックチェーンを通してお金を稼ぐ(Play To Earn)ことができるようになり、ゲームをプレイすることで収入を得るという新しいスタイルが確立されつつあります。しかし、多くの日本人は、5つの障壁に阻まれ、Play To Earnに参画することができずにいる現状があります。
<日本人の参入を阻む5つの障壁>
  ① 英語の壁
  ② IT知識の壁
 ③ 暗号資産に関する知識の壁
 ④ NFTに関する知識の壁
 ⑤ GameFiに関する知識の壁

これまでのゲーム業界は、ゲーム機(ハード)に依存していましたが、これに対しNFTゲームは、ギルドの中にプレイヤーもクリエイターも経済も存在することから、ゲームギルドに依存していると言われています。NFTゲームギルドは、ゲームのプレイヤー、ゲーム会社、ベンチャーキャピタル、投資家などの間に位置し、その橋渡しをする機能をもったコミュニティで、多くのゲームプレイヤーがメンバーとして参入してゲームをプレイして稼ぐだけでなく、クリエイティブやゲーム開発に関わっていきます。急速に成長する市場の中で、世界中に多くのゲームギルドが誕生しています。

<NFTゲームギルドの役割>
 ① 参入障壁を下げる:知識不足などがハードルとなり始められない方に学びを提供
 ② 情報提供:ギルドメンバーが健全に参画するための情報を提供
 ③ スカラーシップ制度の提供:経済的に困窮者のサポートと雇用機会の創出
 ④ ゲーム会社とプレイヤー/クリエイターの連携:より良いゲーム誕生に寄与
 ⑤ NFTゲームコミュニティの成長:ゲーム会社との連携、ギルドメンバーの交流で業界の発展に寄与

「Samurai Guild Games」の概要

「Samurai Guild Games」は、ゲームやNFTの最前線に触れるだけでなく、実際にメンバー全員でPlayTo Earnを実践する日本生まれのゲームギルドです。

「教育プラットフォーム」と「GameFi」の二つのプラットフォームで構成され、独自の経済圏を構築していきます。教育プラットフォームの最初の入り口として、日本人の参入障壁となっている5つの壁を超えられるよう“リテラシ-開発”を提供し、誰もが参入できる環境を作り、“Learn To Earn”を推進していきます。

「Samurai Guild Games」は、ギルドメンバーに対し様々な情報や学びを提供します。ギルド内に“クリエイターを育成”し、ゲーム会社との連携を行うことで、“プロダクト開発”などの活躍の場を作ります。GameFiにおいては、スカラーシップ制度の実施、トークンの発行を予定しています。

ゲームの世界と現実の世界を「Samurai Guild Games」が橋渡しすることで、ゲームをプレイすることで資産を集める「働き方変革」を現実のものとし、貧困問題解決の新たな方法のひとつとして、社会に提案します。ギルドメンバー全員で“Play To Earn”を現実のものとし、金融資本主義に代わるゲーム経済圏を創ることを目指します。

豊富な人材

「Samurai Guild Games」は、Xcreationの豊富な人材を活用することができます。興味喚起のストーリーが異なる領域において、芸能人、アーティスト、ゲーマー、会社員、主婦、学生など、それぞれに最適な人材をアサインすることができます。

eスポーツ施設との連携

都内の主要eスポーツ施設と連携をすることで、「Samurai Guild Games」の教育を通じて、eスポーツ人口を増やすとともに、eスポーツ界のトップだけではなく、多くのプレイヤーが賞金を得る“Play To Earn”を現実化していきます。

教育の提供

メタバース人材への将来のニーズを捉え、3DCG、ブロックチェーン、XRなどの領域における教育コンテンツを提供し、ギルドメンバーの中からクリエイターを育成します。ゲームメーカーや金融業、メタバース産業との密接な関係を活用し、ギルドメンバーのキャリア形成を後押しします。

「Samurai Guild Games」の今後の展望

「Samurai Guild Games」は、2022年7月末までに、ギルドメンバー1万人を目指し、12月末までには3万人を目指します。その後3か年で、世界で50万人へと拡大し、ベトナム、台湾、モンゴル、フィリピン、中国などへの展開を予定しています。

【会社概要】

社名:Xクリエーション株式会社
所在地:所在地:

〈本社〉〒105-0001  東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ビジネスタワー14F
〈神保町オフィス〉〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-18-1 千石屋ビル2F
〈渋谷オフィス〉〒150-0041 東京都渋谷区神南1-7-8 Laugh Out

代表者:代表取締役/CEO 河上 昌浩
公式HP: https://xcreation.co.jp/
事業内容:ブロックチェーン関連事業
お問い合わせ:https://xcreation.co.jp/#!/contact
メール:info@xcreation.co.jp

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

新着ブロックチェーンゲーム

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • プレスリリースの記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • 日本初のブロックチェーン技術を用いたECサイト 「Reptop」α版(デモサイト)を公開
    日本初のトークン報酬を得られるECサイト
  • プレスリリース
  • 2019-02-21
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • Powered by