English
ログイン
ニュース・記事

テックビューロがNFTやFTを扱う新「COMSA」の提供開始を発表

テックビューロ株式会社は、ICO国内ソリューション及びソフトウェア開発・販売を行うCOMSA事業において、個人価値の流動性を最大化し、人々にとって身近で且つ最先端となる新しい『COMSA』を、2022年1月31日(月)から提供開始することを発表した。

新「COMSA」の概要

https://comsa.io/ (2022年1月31日(月)にCOMSA公式サイトリニューアル)

COMSAは、個人や団体・組織がもつあらゆる価値を簡単な手順でトークン化し販売することができるマーケットプレイスで、パブリックブロックチェーンSymbolを基盤としており、アセットデータを失われることのないフルオンチェーンにて保存、各プロセスがSymbol上で最大限完結するよう構築されている。

NFT(Non-Fungible Token:代替不可能トークン、非代替性トークン)とFT(Fungible Token:代替可能トークン)の双方を取り扱い、利用者はどちらのトークンを作成するか選択することができる。サービスローンチ時はNFTのみの取り扱いから開始する。

取り扱いトークン種別

NFT

①ユニークNFT(ローンチ時から取り扱い開始)
・世界でたった1つのアセット
・発行数:1
②シリーズNFT(取り扱い開始は後日)
・同じアセットで複数発行し、かつ、個々に刻印やシリアル (メタデータ)をつける
・発行数:複数 + 刻印 or シリアル​​

FT

NC-FT [Non-Circulatable FT](※)(取り扱い開始は後日)
・同じアセットで複数発行
・発行数:複数 (刻印やシリアルは無し)
・非循環型
​※NC-FT:作成した価値をトークン化して複数量発行し、売買可能、保有者からの移転はCOMSAプラットフォーム宛にのみ可能とした、暗号資産では無い電子アセット。非循環型FT
​自分のもつ価値に適切なトークン形式を、複数種類から選んで作成することが可能。

取り扱いトークンに関するその他の情報

取り扱うアセットデータのファイルタイプとサイズ

ファイルタイプ : JPG, PNG, GIF, SVG, MP4, WEBM, MP3
(オフィスファイル、テキスト・URLの取り扱い開始は後日)
ファイルサイズ : 20 MBまで

マーケットプレイスでのアセット作品販売形式​

①オークション
クリエイター自身によるオークション
エンドーサー(後述)によるオークション支援(トークン作成手数料+宣伝)
②落札者による二次流通:通常売買

​通貨の種類

入札時の取り扱い通貨:XYM、CMS:XYM
落札後 決済時の受け取り通貨:XYM、JPY
XYMに加え、日本円でも受け取ることができる。設定時に選択可能。
※CMS:XYM は当面、CMS:XEM のレートで計算される。変更がある際はCOMSAからお知らせがある。

手数料や報酬

・トークン作成手数料
 アセットデータの容量1MBにつき250XYM(or CMS:XYM)ずつ、
 上限20MB 5,000XYM(or CMS:XYM)まで。
 フルオンチェーンでアセットデータを保存するため、その容量によって手数料が上下する。
・販売手数料(決済時):7.77%
・出品手数料:二次流通以降の出品手数料:2XYM(or CMS:XYM)
・二次売買時のクリエイターへの報酬:2.5%
※CMS:XYM は当面、CMS:XEM のレートで計算される。変更ある際はCOMSAからお知らせがある。

エンドーサー制度とマッチングスクウェア

個人価値のマッチングを促進するため、「エンドーサー制度」を設置。
※エンドース(endorse)とは英語で「支援する」の意味。

<エンドーサー制度とマッチングスクウェアの流れ>
①クリエイターは、アセット作品を登録する際に、トークン作成手数料をエンドーサー(支援者)に肩代わりしてもらうように登録設定で選択することができる。エンドーサー委託率として報酬の割合を設定する。
②①で登録したアセット作品は「マッチングスクウェア」に掲載され、エンドーサーを待つ。
③エンドーサーは、「マッチングスクウェア」で支援したいアセット作品を見つけ、トークン作成手数料を肩代わりして作品を宣伝することでエンドースメント(支援)し、該当作品が落札されると、設定されている割合に応じて報酬を得ることができる。

このエンドーサー制度とマッチングスクウェアにより、人々のもつあらゆる価値のトークン化を効果的に実現しながら流通を促し、資産の所有満足度の最大化を図る。

審査とガーディアン制度

アセット作品が登録されオークションへ出品する際、テックビューロ社にて審査を実施。また、マーケットプレイスやマッチングスクエアに「事務局への報告」機能を設置する(ガーディアン制度)。報告内容によっては、インセンティブを受けられる場合がある。
これらの審査とガーディアンによって、問題可能性のあるアセット作品に対しフィルターをかけることで、安心安全なトークン取引に高めていく。

「COMSAローンチ直前 NFT作成手数料無料キャンペーン」を開催

<キャンペーン概要>
キャンペーン期間中に応募することで、COMSANFT作成(トークン発行)する際に発生する手数料が無料となるキャンペーンを2022年1月26日(水)より開催。
テックビューロ社が出品作品をエンドースメントすることで、NFT作成手数料が無料となる。これにより、アセットデータ容量1MBにつき250XYMから20MB 5,000XYMまで出品コストの削減が可能。

・応募要領
【期間】2022年1月26日(水)〜2022年1月30日(日)24:00まで(JST)
​【賞品】COMSAでのNFT作成手数料 1作品分
【応募資格】メールアドレスをお持ちの方
【受付上限】
応募総数のNFT作成手数料合計が50万XYMまで
※応募数が多い場合は抽選。抽選結果の発表はメールで案内される。
【応募条件】一人につき一回まで応募受付
【応募方法】応募フォームから送信
【応募後の手順】
2022年1月31日(月)にCOMSAがローンチされた後、以下の手順で手続きを進める。

① 2022年1月31日(月)当日以降に、COMSAのアカウントとウォレットを作成する。
※アカウント作成時に登録するメールアドレスは、本応募フォームで入力するメールアドレスと一致するように設定する。一致しない場合はキャンペーン適用が無効となる。
② アカウントとウォレット作成後、TOPページの「作る」ボタンから該当のアセット作品を登録する。
③ サイトアセット登録手続きの際、リスティング設定ページの最初にある項目「NFT作成の委託」で「エンドーサーに任せる」を選択する。
④ 販売開始価格を設定後、次の項目「エンドーサー委託率」を「0%」に設定する。
⑤ 受取り通貨を選択し確認画面を経由し、「登録」ボタンを押す。
応募フォームでの入力内容と上記手順での登録内容を照合し、キャンペーンを適用。「NFT作成の委託」で「エンドーサーに任せる」の設定と「エンドーサー委託率」が「0%」に設定されていることが適用条件となるので注意が必要。

【応募上の注意点】
エンドーサーへのNFT作成委託設定を確認した後、テックビューロ社によるNFT作成はCOMSAローンチ後に準備対応となる。
応募者の個人情報はテックビューロ社が厳重に管理し、抽選、連絡、問い合わせにのみ使用し、業務委託先以外の第三者には一切開示されない。

【応募フォームURL】
https://forms.gle/FzFppvouxj9dVM7CA

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

この著者による記事

MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方(2022年2月版)
ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※追記 チェインリストを追記しました。 ※追記 2022/02/11 新しいポリゴンRPCのURLを設定しました。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • Powered by