English
SignIn
ニュース・記事

NFTクリエイターと購入したファンを繋ぐプラットフォーム「ReCone」が11/27からβ版を提供開始

更新日

no plan株式会社は、NFTアーティストと購入したファンを繋ぐプラットフォーム「ReCone」のβ版のサービス提供を11月27日から開始すると発表した。

NFTを介したビジネスは世界中で急速に拡大するなかで、その売買を行う多様なマーケットプレイスが出現し取引拡大を支えている。その一方で、アート作品などのNFTを購入したファンとクリエイターを繋ぐプラットフォームの整備は遅れていて、熱狂的な思いは行き場を失っている状態が続いている。no planは、NFTマーケットにおけるアーティストとファンの気持ちを繋ぐプラットフォームとしてReConeを開発。ReCone独自のソリューションとして、あらゆるNFT(OpsenSea, ReConeなど)の保有者のためのメタバースコミュニティを作り上げ、クリエイターとファンの交流促進を実現するとのこと。

ReConeローンチキャンペーンについて
ReConeのサービスローンチを記念して11月27日に行われるBlockChainJamにおいて、クリプト業界の著名人が登壇する限定ライブを視聴&質問できる権利としてNFTを販売している。
NFT販売期間:2021/11/22から
・詳細ページURL:
 https://www.recone.app/en/collections/QbgcPRCkZDQybC78B2dF

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

この著者による記事

Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方(2021年3月版)
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • ⽇本初︕ユーザーに最適なDAppsを提供 ブロックチェーンゲームとアプリに特化した 検索サイト「FinDApps」ベータ版オープン
    株式会社モバイルファクトリーの100%⼦会社である株式会社ビットファクトリーは、ブロックチェー ンゲームとアプリ(DApps)に特化した検索サイト「FinDApps(ファインダップス)」のベータ版を オープンしました。「FinDApps」は独⾃のアルゴリズムによるDApps検索や、ユーザーが所持してい るトークン情報から各ユーザーに最適なDAppsを提供する検索サービスです。 ※DApps:ブロックチェーン上の分散型アプリケーション
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • keywords

    Powered by