English
SignIn
ニュース・記事

doublejump.tokyoがゴンゾの新プロジェクト「SAMURAI cryptos」を全面支援

NFTとして発行予定のプログラマブル・プロジェクトシンボルを発表。

ツイート

※以下プレスリリースを掲載しています。

ブロックチェーン技術を用いたNFT(※1)事業支援を行うdoublejump.tokyo株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:上野広伸、以下doublejump.tokyo)と、株式会社ゴンゾ(本社:東京都杉並区、代表取締役:石川真一郎、以下ゴンゾ)は、ゴンゾの新プロジェクト「SAMURAI cryptos」( https://samuraicryptos.io/ )を、doublejump.tokyoのNFT事業支援サービス「NFTPLUS」を通じてサポートすることについて合意しましたので、ここにお知らせするとともに、「SAMURAI cryptos」のプロジェクトシンボルを発表いたします。

本プロジェクトでは、参加クリエイターによるサムライキャラクターのデザインアートをNFTとして販売するのみにとどまらず、ブロックチェーン技術、NFTを通じた今までにない「新たなアニメIP創出」にチャレンジしてまいります。
また、本プロジェクトでは、プロジェクトシンボルをプログラマブル要素をともなうNFTとして提供いたします。本プロジェクトは、これらのトークンを通じてファンの皆様とのコミュニケーションをはかってまいります。
尚、第一弾のNFTリリースは2021年秋を予定しております。​

プロジェクトシンボル

doublejump.tokyoがゴンゾの新プロジェクト「SAMURAI cryptos」を全面支援

公式サイト

コピーライト表記

© 2021 GONZO K.K, All Rights Reserved.
Produced by double jump.tokyo Inc.


(※1) NFT
Non Fungible Tokenの略であり、代替不可能なトークンのことです。イーサリアムのERC721規格等で発行されるブロックチェーン上のトークンですが、暗号資産(仮想通貨)ではありません。
ブロックチェーン技術を活用する事で本物を証明するデジタルデータを作成することができ、データの所有者は自由に譲渡することができます。

プロジェクト「SAMURAI cryptos」について

ゴンゾ代表である石川真一郎氏がプロデューサーをつとめる新プロジェクト。「ブロックチェーン・NFT時代に日本発のサムライとして狼煙をあげる」ことを旗印に、NFT時代の新しいアニメIP創出へのチャレンジを表明している。第1弾として、三人のクリエイターの参加が発表されている。
・小林誠(「ラストエグザイル」「機動戦士ガンダムZZ」他)
・千葉道徳(「バジリスク〜甲賀忍法帖〜」「SK∞ エスケーエイト」他)
・飯島弘也(「アフロサムライ」「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」他)

ゴンゾによる「SAMURAI cryptos」発表(2021年7月4日)
http://www.gonzo.co.jp/news/2021/07/09/5040/

ゴンゾについて

doublejump.tokyoがゴンゾの新プロジェクト「SAMURAI cryptos」を全面支援

ゴンゾは次世代へ向けた映像文化を、国際的なネットワークで提供してゆく、グローバル企業です。ゴンゾは卓越したクリエイティブ・スタッフ、国際的なマーケティング力、そして「GONZO」のブランド力を活用して、次世代デジタル映像コンテンツにおけるリーディング・カンパニーとして革新的な挑戦をしてまいります。

会社名:株式会社ゴンゾ
所在地:東京都杉並区上荻1-10-6 荻窪福智ビル3階
代表者:代表取締役社長 石川真一郎
事業内容:アニメーションの企画、プロデュース、アニメーションの販売及び輸出入、コンテンツ投資、作品投資、版権管理 等
ホームページ:http://www.gonzo.co.jp/

double jump.tokyoについて

doublejump.tokyoがゴンゾの新プロジェクト「SAMURAI cryptos」を全面支援

ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、2018年4月3日に設立。「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」「MyCryptoSaga」などの人気ブロックチェーンゲームの開発、ブロックチェーンゲーム開発支援サービス「MCH+」及びNFT事業支援サービス「NFTPLUS」、複数人で秘密鍵管理できるビジネス向けNFT管理SaaS「N Suite」の提供・開発を行っています。

会社名:double jump.tokyo株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿4-34-7
代表者:代表取締役 上野広伸
事業内容:ブロックチェーン技術を用いたゲーム及びアセットの開発・運営・販売
ホームページ:https://www.doublejump.tokyo/


〈「SAMURAI cryptos」に関するお問い合わせ〉
株式会社ゴンゾ(rights-hp@gonzo.co.jp)
〒167-0043 東京都杉並区上荻1-10-6 荻窪福智ビル 3F
TEL:03-5347-2402 FAX:03-5347-2445 携帯:070-5470-5546


〈「NFTPLUS」に関するお問い合わせ〉
株式会社doublejump.tokyo(contact@nftplus.io)
〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-34-7

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

この著者による記事

MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方(2021年3月版)
ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • ⽇本初︕ユーザーに最適なDAppsを提供 ブロックチェーンゲームとアプリに特化した 検索サイト「FinDApps」ベータ版オープン
    株式会社モバイルファクトリーの100%⼦会社である株式会社ビットファクトリーは、ブロックチェー ンゲームとアプリ(DApps)に特化した検索サイト「FinDApps(ファインダップス)」のベータ版を オープンしました。「FinDApps」は独⾃のアルゴリズムによるDApps検索や、ユーザーが所持してい るトークン情報から各ユーザーに最適なDAppsを提供する検索サービスです。 ※DApps:ブロックチェーン上の分散型アプリケーション
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04