ブロックチェーンゲーム インフォ- dApps、ブロックチェーンゲームの最新情報を毎日配信中、最新ランキングも配信

ビットコインとイーサリアムの違いについて

2018-05-09

2つの通貨の違いを、投資初心者の方達にも分かりやすいように書いていきます。

記事を読むことで仮想通貨の世界に触れるきっかけとなれば幸いです。

2つの通貨の違いを、投資初心者の方達にも分かりやすいように書いていきます。

記事を読むことで仮想通貨の世界に触れるきっかけとなれば幸いです。

使われる場面が異なる

ビットコインは法定通貨の代わりとして、世界各地に住む人達に利用されています。現金を取り出して買い物をするよりも、端末によるデータ間やり取りの方が早く済むためです。

例えば買い物を終えてレジで決済しようとすると、財布を出す動作から機械による計算、そしてお釣りの受取りまで1分はかかります。ビットコイン決済なら数秒くらいで終わるので、レジで待つ必要はないです。

一方でイーサリアムは法定通貨代わりではなく、主にプログラム用の通貨として使われることが多いです。スマートコントラクトという独特の技術を持っているので、ウェブ上の

サイト作成や宇宙開発などに利用されています。

通貨を作った目的に違いが見られる

ビットコインを作った目的は、何かを買う際の通貨の代わりとして利用することです。誕生と同時に徐々に通貨代わりに使う人が増えていったので、目的通りになったと見て良いでしょう。

イーサリアムが作られた背景には、メジャーになりつつあるビットコインの存在があります。ビットコインと同等の性能を持ち、更に優れた技術を持つ通貨を作れれば越えることができる、制作者はそう考えてイーサリアムを誕生させました。

時価総額の点ではライバルに一歩及ばないですが、それでも技術を評価する人々は増えているので、成長性は期待できそうです。

分裂を行った回数が違う

ビットコインは分裂という現象により、ビットコインキャッシュなど新しい通貨を何度か生み出したことがあります。2018年4月時点では分裂して増えた通貨が6枚存在するので、他の通貨に比べるとかなり多めです。

イーサリアムの方は、まだイーサリアムクラシックなど2枚に留まっています。ただ、通貨への人気次第ではまだまだ増えていく可能性もあるので、期待してみるのも悪くないです。

まとめ

通貨が何を目的として作られたのか、この点について知っている人はそれほど多くないと思います。珍しい話を読めてためになった、仮想通貨の勉強に役立ったと感じてもらえれば嬉しいです。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

シェア

ツイート

著者について

ブロックチェーンニュース編集

ブロックチェーンについての情報を編集しています。

新着記事

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る

2019年05月24日

MyEtherWallet(マイイーサーウォレット)で自分のウォレットにアクセスする方法:MEWconnect

2019年05月24日

堀江貴文氏が豚のキャラクター「ホリエトン」になって参戦!『くりぷ豚』リリース1周年 記念イベント開催中!

2019年05月23日

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)の新バージョンMEW V5はシンプルなデザインを特徴としたウォレット

2019年05月23日

ARを使ったブロックチェーンゲーム「AUGMENTORS」とは?クローズドMVPがリリース!

2019年05月22日

クリプトダービー(Crypto Derby)について

2019年05月22日

クオン、世界1億DL超えキャラクターのライセンス権をブロックチェーン技術を用いて販売開始!

2019年05月22日

楽天ウォレットの概要について

2019年05月22日

Holo(ホロ)の特徴について

2019年05月21日

【TomoChainはイーサリアムをベースに作られた仮想通貨。特徴を簡単解説】

2019年05月21日

【Enjinはブロックチェーンに特化したプラットフォーム。特徴を簡単解説】

2019年05月20日

仮想通貨・ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtec(テックテク)が、仮想通貨に関する税金カリキュラムを5月20日より提供開始します。

2019年05月20日