English
Connect
ニュース・記事

ビットコインとイーサリアムの違いについて

更新日

2つの通貨の違いを、投資初心者の方達にも分かりやすいように書いていきます。

記事を読むことで仮想通貨の世界に触れるきっかけとなれば幸いです。

2つの通貨の違いを、投資初心者の方達にも分かりやすいように書いていきます。

記事を読むことで仮想通貨の世界に触れるきっかけとなれば幸いです。

使われる場面が異なる

ビットコインは法定通貨の代わりとして、世界各地に住む人達に利用されています。現金を取り出して買い物をするよりも、端末によるデータ間やり取りの方が早く済むためです。

例えば買い物を終えてレジで決済しようとすると、財布を出す動作から機械による計算、そしてお釣りの受取りまで1分はかかります。ビットコイン決済なら数秒くらいで終わるので、レジで待つ必要はないです。

一方でイーサリアムは法定通貨代わりではなく、主にプログラム用の通貨として使われることが多いです。スマートコントラクトという独特の技術を持っているので、ウェブ上の

サイト作成や宇宙開発などに利用されています。

通貨を作った目的に違いが見られる

ビットコインを作った目的は、何かを買う際の通貨の代わりとして利用することです。誕生と同時に徐々に通貨代わりに使う人が増えていったので、目的通りになったと見て良いでしょう。

イーサリアムが作られた背景には、メジャーになりつつあるビットコインの存在があります。ビットコインと同等の性能を持ち、更に優れた技術を持つ通貨を作れれば越えることができる、制作者はそう考えてイーサリアムを誕生させました。

時価総額の点ではライバルに一歩及ばないですが、それでも技術を評価する人々は増えているので、成長性は期待できそうです。

分裂を行った回数が違う

ビットコインは分裂という現象により、ビットコインキャッシュなど新しい通貨を何度か生み出したことがあります。2018年4月時点では分裂して増えた通貨が6枚存在するので、他の通貨に比べるとかなり多めです。

イーサリアムの方は、まだイーサリアムクラシックなど2枚に留まっています。ただ、通貨への人気次第ではまだまだ増えていく可能性もあるので、期待してみるのも悪くないです。

まとめ

通貨が何を目的として作られたのか、この点について知っている人はそれほど多くないと思います。珍しい話を読めてためになった、仮想通貨の勉強に役立ったと感じてもらえれば嬉しいです。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンニュース編集

ブロックチェーンについての情報を編集しています。

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

話題のM2E「RunBlox」の初め方と遊び方を解説
RunBloxのインストールから遊び方をわかりやすく解説しました。 2022/08/08 正式リリースについて追記 2022/06/28 マーケットプレイスについて追記
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-30
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • BCGコミュニティウォッチ「キャプテン翼-RIVALS-」
    ブロックチェーンゲームのコミュニティの様子ってどうなの?盛り上がってるの?ブロックチェーンゲームを始めたことのない人や、Discordって使った事無い人、Discordの運営気になる人向けにブロックチェーンゲームのコミュニティをレポートしていこうと思います。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-12
  • 日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • Blockchain/NFTの記事

    MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法(追記あり)
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。 ※追記 誤解を招く恐れがある「旧UIへのログイン方法」への記事リンクを削除しました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-09-02
  • BigQueryのEthereumデータを使ってブロックチェーンゲームを分析しよう!
    ブロックチェーンゲームの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。 ※2021-03-21 画像を追加
  • Blockchain/NFT
  • 2019-08-19
  • Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • Blockchain/NFT
  • 2019-02-27
  • 【無料】広告が消せる高速ブラウザアプリ「Brave」
    広告を自動でブロックするアプリがあることを知っていますか?高速ブラウザ「Brave」について紹介します。
  • Blockchain/NFT
  • 2018-09-26
  • Powered by