English
ログイン
ニュース・記事

NFTアートが75億円で落札

更新日

老舗オークションハウスのクリスティーズはデジタルアート作家Beeple(ビープル)のNFTアートが$69,346,250(約75億円)で落札されたと発表しました。

NFTアーティストのBeeple(ビープル)本名Mike Winkelmann(マイク・ウィンケルマン)がクリスティーズの依頼によって制作した「Everydays - The First 5000 Days」は13年以上の間毎日作成したデジタル画像によって構成されたコラージュ作品です。

画像サイズは21,069 x 21,069ピクセルあり、クリスティーズのWEBサイトでは一つ一つの作品を拡大して確認できます。

Beepleのウォレットアドレスや、スマートコントラクトが公開されており、作品の取引情報を閲覧することができます。

wallet address: 0xc6b0562605D35eE710138402B878ffe6F2E23807
smart contract address: 0x2a46f2ffd99e19a89476e2f62270e0a35bbf0756

出典 : onlineonly.christies.com

単なるデジタルアートは複製が容易で作品の所有者証明が困難である為、クリスティーズも作品を取り扱うことは無かったのでは無いでしょうか。

NFTアートが世間から注目を集めることで、NFTを扱うブロックチェーンゲームも更に盛り上がることが期待されます。
もしかするとNFTゲームという言葉の方が一般的になる可能性もあります。

集英社が漫画作品を「マンガアート」としてNFTを販売したニュースもありました、著名なアーティストや、大手IPホルダーがNFTアートを発売していく流れは、今後増えていくのだと思います。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

Powered by