日本語(JP)
English

【マイサガ】マイクリプトサーガのルール・遊び方まとめ

【マイサガ】マイクリプトサーガのルール・遊び方まとめ

NFTゲーム「マイクリプトサーガ」のルールや遊び方をまとめて紹介します。

2021/6/8:最新情報にアップデート

マイサガは、ポーカーのような駆け引きを楽しむことのできる、デジタルカードゲームです。運営は、マイサガのゲームジャンルを「マインドカードゲーム」と呼んでおり、その名の通り深い心理戦を楽しむことができます。

この記事では、マイサガの基本情報に加え、初めてプレイするときに知っておきたいルールをまとめます。

マイサガの基本情報

抑えておきたい基本情報は以下の通り。

1. カードの見方
2. デッキ構築のやり方・ポイント
3. ゲームのルール・進行

順番に解説していきます。

カードの見方

マイサガのカード情報は非常にシンプルです。

1. ナンバー
2. スキル
3. 属性
4. カミパワー(KP)

この4種類のみ。

ナンバーはバトルでのパワーであり、デッキ構築時のコストでもあります。

スキルはバトル中に発動し、様々な効果を与えるもの。ナンバーのバフ、デバフや属性変更、相手の手札情報を得るものなどがあります。

マイサガの属性は、水、火、木の3種類に加え、それらに有利な光属性があります。属性相性はオーソドックスに水→火→木→水の3すくみです。

同じラウンドで出した相手カードに属性有利なカードがあると、そのカードの枚数だけナンバーが加算されます。

例えば、自分が火、他の2人が木であればナンバー+2です。

マイサガは2〜4人で戦うので、人数が多いほど属性相性によるバフの影響が大きくなります。

各カードにはKPがチャージされています。これはカードの持つライフポイントのようなもので、バトルではKPを賭けて戦います。KPが一定値以上になると、NFT化してトレード可能になりますが、KPがゼロになるとカードが消失します。スリリングですよね。

そのため、無茶な賭け方をして大負けするようなプレイングは非推奨です。

シンカに必要なKPは、時間経過とともに徐々に下がっていき、誰かがシンカさせると必要量が上昇します。シンカに近いカードのリストを、カード詳細画面から確認することができます。

マイサガのカードには、「カミカード」と先ほど紹介した方法でシンカさせた「シンカード」があります。

シンカードになると金枠になってセカンダリーマーケットで取引できるNFTとなるだけでなく、そのカードの購入にしようしたMATICがチャージされるMDVを持ったり、特定の確率でナンバーが+1される「シンカブースト」が発動したりします。

また、カミカードのような使用期限もありません。KPを貯めて、シンカを目指すことがマイサガのメインの遊び方の一つになります。

デッキ構築のやり方・ポイント

マイサガのデッキ構築は、決められたコスト以下となるように10枚のカードを選んで行います。バトルではデッキから3枚配られたカードを使います。

カードの見方で説明した通り、カードに書かれているナンバーがコストです。

デッキは3種類登録することができ、マッチング前に決めてから戦います。(マッチング後に編集する時間もありますがあまり余裕はないです。)

ベータ版をプレイしてみて感じたデッキ構築のポイントは2パターンあります。

・強い人のデッキを真似る
・強コンボをベースに組む

マイサガは、バトル中やバトルログで他のプレイヤーのデッキを確認することができます。ランキング上位のデッキを真似れば、ひとまずデッキが組み上がります。

自分でイチから考える場合には、コンボをベースに考えるといいです。マイサガは、3枚の手札で戦いますから、カードのスキル・ナンバーを見ながら、強い手札の組み合わせをまずデッキに入れ、それをサポートするカード、低いコストの枚数調整カードの順に採用するカードを選びます。

採用するカードによっては、属性をまとめるパターンもあります。例えば、デッキのキーカードをホルスにした場合、場に出した3枚のカードの属性が揃うと強力な+3バフが発動します。属性を統一してデッキを組めば、コスパのいいカードになります。

属性相性が読まれやすくなるという大きなデメリットはありますが、実際に使ってみるとなかなか楽しかったです。

マイサガバトルのルール・進行

バトル画面の見方

マイサガのバトル画面はコチラ。

1. 自分の手札。
2. プレイヤーのデッキを見れる。グレーアウトしているカードは使用済みカード。
3. プレラウンドで出したカード。ナンバーはカウントされないがスキルの効果はある。
4. ラウンド1のカード。カード右下がもともとのカードナンバー、左上がスキルや属性相性を加味したナンバー
5. このゲームでチャージされているKP。勝利すると総取り。

ゲームの進行

マイサガのバトルは、1ゲームあたり3ラウンドで、3ゲームが1セットになっています。

ラウンドは、プレラウンド、ラウンド1、ラウンド2とあり、ラウンド1と2で場に出したカードのナンバーの合計値で勝敗が決まります。

プレラウンドは、相手の手札をチェックするスキルを持つカードを出したり、ラウンド1,2でバフ・デバフ効果の得られるカードを出したりします。ここで出したカードのナンバーは勝敗には影響しないことにご注意ください。

ラウンド1,2には、カードを出した後にKP(カミパワー)のチャージアクションフェーズが入ります。要は、カードに貯まっているKPをベットするフェーズです。

手札が強ければチャージやダブルチャージで積極的にKPを使い、弱いときにはウェイトやエスケープでKPの損失を抑えます。

チャージアクションフェーズでベットされたKPが揃うとカードオープンです。スキルや属性による効果が反映され、カードのナンバーが決まります。

続けてラウンド2でもカードセット→チャージアクション→カードオープンという流れで進み、最終的にラウンド1と2のナンバー合計値の多いプレイヤーの勝利となります。KPは使用した量に応じで、poolから各カードに配分されていきます。

その後デッキがリセットされて次のゲームに進み、3ゲームやって得たKPの合計で順位が決まります。KPの奪い合いですね。

まとめ

マイサガの基本ルール・遊び方をまとめました。

リアルタイムの読み合いで、ラウンド1,2で出したカードのナンバーの合計値の多い人が勝つカードゲームです。

かなりシンプルですし、上位プレイヤーのデッキ・プレイングを見ることができるので、初心者でも始めやすいゲームだと思います。自分もやりながら覚えました。

強くなれば、ゲームをプレイしてカードをシンカさせて売却することもできます。これまでになかったゲーム体験ができますので、ぜひプレイしてみてくださいね。

次の記事→【マイサガ】βテスト振り返り|デッキ・コンボ紹介

関連記事

【マイサガ】βテスト振り返り|デッキ・コンボ紹介

【マイサガ】βテスト振り返り|デッキ・コンボ紹介

日本発Play-to-Earnゲーム 「SKY FRONTIER Fantasy Battle」公式サイトを開設

日本発Play-to-Earnゲーム 「SKY FRONTIER Fantasy Battle」公式サイトを開設

新作NFTゲーム『マイクリプトサーガ』5月31日オフィシャルサービス開始

新作NFTゲーム『マイクリプトサーガ』5月31日オフィシャルサービス開始

【マイサガ】KPを貯めてシンカさせよう|集め方のコツまとめ

【マイサガ】KPを貯めてシンカさせよう|集め方のコツまとめ