English
Connect
ニュース・記事

日本最大級のブロックチェーンカンファレンス「btokyo」が2021年3月1-2日に初のオンラインで開催決定【btokyo ONLINE 2021】

日本最大級のブロックチェーンカンファレンス「btokyo」が2021年3月1-2日に初のオンラインで開催決定【btokyo ONLINE 2021】
更新日

※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。

P&G、ネスレ、トヨタグループ、OECD、UNICEF、野村グループ、SBI証券、NTTデータ、ヤフー、LINEグループ──業界をリードするエグゼクティブスピーカーが続々登壇!

日本最大級のブロックチェーンカンファレンスbtokyo」が、「btokyo ONLINE 2021(ビートウキョウ・オンライン2021)」(主催:N.Avenue株式会社、メディアパートナー:CoinDesk Japan)として、2021年3月1・2日の2日間で開催いたします。業界をリードするエグゼクティブスピーカーを招き、「産業・フィンテック・未来」の3つのアジェンダでブロックチェーンを用いたビジネスの未来を見通すカンファレンスです。

初のオンライン開催となる今回は、基調講演を平井卓也氏(デジタル改革担当大臣)が務め、ターニャ・ステファンズ氏(プロクター・アンド・ギャンブル)、ベンジャミン・デュボワ氏(ネスレ)、冨本祐輔氏(トヨタファイナンシャルサービス株式会社、トヨタグループ)、村上由美子氏(OECD:経済協力開発機構)、クリストファー・ファビアン氏(UNICEF:国連児童基金)、八木忠三郎氏(野村ホールディングス株式会社)、朏仁雄氏(株式会社SBI証券)、冨安寛氏(株式会社NTTデータ)、安宅和人氏(慶應義塾大学/ヤフー株式会社)、林仁奎氏(LVC株式会社、LINEグループ)など国内外を代表する企業のキーパーソンを招き、様々なセッションを実施します。

「産業」テーマでは、サプライチェーン・SDGs・モビリティ・デジタルコンテンツなどブロックチェーン技術の応用が進む領域を取り上げます。「フィンテック」テーマでは、デジタル通貨、デジタル証券、決済、暗号資産、分散型金融(DeFi)などITと金融が融合する最新ビジネスをあらゆる角度から読み解きます。「未来」テーマでは、国際機関の政策や規制の動向などを基にブロックチェーンの長期的視点でのビジネスへの影響を考えます。

約20のセッションで構成されるコンテンツは、世界最大級のブロックチェーン・フィンテックメディアCoinDeskの日本版である「CoinDesk Japan」編集部が総合プロデュース。さらに、オンライン上で参加者同士の商談(1on1)を申し込めるなど、交流機能も充実しています。

業界のリーダーが参加する各セッションの議論に参加するだけで、これからブロックチェーン技術がもたらす新たなビジネス機会や、未来に起こる社会変革のうねりを知ることができる密度の濃いオンラインでの2日間です。ブロックチェーン新時代の幕開け──革新はここから始まります。

【日 時】

2021年3月1日(月)、2日(火)9時30分~19時 (予定)

【場 所】

オンライン

【URL】

【参加対象】

金融/IT/メーカー/自動車/物流/流通/メディア/不動産/エンターテイメント/ゲーム/教育/アート/エネルギー企業関係者、経営企画/研究開発部門ご担当者、自治体産業推進ご担当者、ベンチャー企業/スタートアップ関係者、ベンチャーキャピタル/コーポレートベンチャーキャピタル関係者

【動員数】

1,500人(見込み・二日間合計)

【参加申込】

上記WEBサイトから参加登録

【参加費】

無料

【協賛企業】

株式会社NTTデータ、スイス・ビジネス・ハブ、野村ホールディングス株式会社、株式会社VIPPOOLほか

【メディアパートナー】

CoinDesk Japan、WIRED JAPANほか

【コミュニティパートナー】

新経済連盟、Fintech協会、日本STO協会、日本ブロックチェーン協会(JBA)、
ブロックチェーン推進協会(BCCC)、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)ほか

【主催】

N.Avenue株式会社

<各テーマの注目セッション> ※2020年12月15日時点

●基調講演

ブロックチェーンカンファレンス開催に寄せて」
・平井 卓也 氏(デジタル改革担当大臣)

●産業(Industry)

「ネスレが目指す『サプライチェーン』の新時代 ──情報の透明性がブランドをつくる」
・ベンジャミン・デュボワ氏(ネスレ ブロックチェーンリード DXマネージャー)

「P&Gのブロックチェーン活用とSDGsへの貢献」
・ターニャ・ステファンズ氏(プロクター・アンド・ギャンブル エマージング・テクノロジーディレクター)
・エミリー・パーカー氏(グローバル・マネージング・エディター)

「トヨタ・ブロックチェーン・ラボが目指す新たな価値創造
──『クルマとサプライチェーン、そしてヒトの未来』まで」
・冨本 祐輔 氏(トヨタファイナンシャルサービス株式会社 イノベーション本部 副本部長)
・【モデレーター】松島 倫明 氏(『WIRED』日本版 編集長)

「ブロックチェーン×DX ~エンタープライズにおけるブロックチェーンを用いたDX推進~」
・冨安 寛(株式会社NTTデータ 執行役員 技術革新統括本部長)
・河村 謙(株式会社トレードワルツ 取締役CFO/コーポレート戦略本部長)

「ブロックチェーンが変えるデジタルコンテンツのエコシステム──XR、ファンコミュニティ、著作物流通」
・國光 宏尚 氏(株式会社gumi 取締役会長)
・溝口 敦 氏(株式会社メディアドゥ 取締役 CBDO)
・岡本 正史 氏(株式会社集英社デジタル事業部 次長 兼 デジタル企画課 課長)

●フィンテック(Fintech)

「デジタル金融の未来──『イーサリアム』の先にあるもの」
・ジョセフ・ルービン 氏(ConsenSys 創設者・CEO/イーサリアム共同創設者)

「スイスが目指す『クリプト国家』の全貌──『金融』から『物流・セキュリティ』まで産業全体に広がるブロックチェーン活用」
・シェラズ・アハメド 氏(クリプトバレー協会 事業開発責任者)
・ギド・ビューラー 氏(SEBA Bank AG CEO)
・【モデレーター】アンドレアス・フラー 氏(ルツェルン大学教授、MME法律事務所 顧問)ほか

「何のためのデジタル通貨か?──『CBDC』から『プログラマブルマネー』まで」
・安宅 和人 氏(慶應義塾大学 環境情報学部教授/ヤフー株式会社 CSO)
・宮沢 和正 氏(ソラミツ株式会社 代表取締役社長)
・白石 陽介 氏(株式会社ARIGATOBANK 代表取締役CEO/東京都 DXフェロー)
・【モデレーター】 堀 潤 氏(ジャーナリスト・キャスター)

「『デジタル証券』の核心──新たな金融資本市場はビジネスを変えるか?」
・伴 雄司 氏(東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社 常務執行役員/日本STO協会 理事)
・八木 忠三郎 氏(野村ホールディングス株式会社 執行役員/日本STO協会 理事)
・朏 仁雄 氏(株式会社SBI証券 執行役員 STOビジネス推進部長)

「『暗号資産』市場の大変動──デジタル資産のフロンティアはどこへ向かうのか?」
・林 仁奎 氏(LVC株式会社 代表取締役社長CEO)
・蓮尾 聡 氏 (コインチェック株式会社 代表取締役社長)
・千野 剛司 氏(Kraken Japan 代表)

●未来(Future)

「OECDの『BEPAB』が目指すもの──ブロックチェーン・分散台帳技術に関する国際間協調の取り組み」
・村上 由美子 氏(OECD東京センター所長)ほか

「UNICEFの挑戦とデジタル社会の『新しい公共性』──世界の子どもたちへ「今」できることは何か?」
・クリストファー・ファビアン氏(UNICEF イノベーション・シニア・アドバイザー)
・宮口 あや 氏(イーサリアム財団 エグゼクティブ・ディレクター)
・【モデレーター】奥本 直子 氏(Zコーポレーション エグゼクティブ・アドバイザー/パートナー)

■「btokyo」について

日本最大級のブロックチェーンカンファレンスで、第一回は2019年10月に2日間にわたって開催。金融庁、内閣官房、副都知事など日本の官公庁やシンガポールの金融管理局などガバメント、大学教授などアカデミシャン、企業のCEOやCTOなどエグゼクティブなど国内外からスピーカー95名を招き、1,500人のビジネス事業者が参加しました。メディアパートナーにはCoinDesk Japan、日本経済新聞、WIREDが参加。「リブラ」のFacebookカリブラ責任者が登壇したセッションがNHK「ニュースウオッチ9」で放映されるなど、メディアからも大きな注目を集めました。
昨年の公式サイト:https://navenue.jp/btokyo2019_lp/

■「CoinDesk Japan」について

「CoinDesk Japan」は、ブロックチェーン・フィンテック領域におけるグローバルメディア「CoinDesk」の公式日本版。新しい経済をつくるビジネスピープル・投資家のための、次世代型・金融/経済/ビジネスのニュースメディアです。
公式サイト:https://www.coindeskJapan.com/
Facebook:https://www.facebook.com/coindeskjapan/
Twitter:https://twitter.com/CoinDeskjapan

■本リリースに関するお問合わせ

カンファレンスに関するお問い合わせ窓口:btokyoonline@navenue.jp
スポンサーに関するお問い合わせ窓口:sales@navenue.jp

■N.Avenue株式会社について

設立日 :2018年11月28日
所在地 :東京都千代田区
株主  :Zファンド1号投資事業有限責任組合(※1)
代表者 :神本 侑季
事業内容:次世代金融・経済に関する情報サービス
URL:https://navenue.jp/
※1  Zホールディングス株式会社(旧ヤフー株式会社)を単独LPとして設立されたファンドです。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

新着ブロックチェーンゲーム

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【無課金でクリスぺ攻略】クリプトスペルズは無課金で稼げるのか
人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 ※こちらの記事ではあくまでも方法の紹介のみになり、BCGで稼ぐことを勧めている記事ではございません。 #クリスペ 2021年7月1日 更新 月間、チャレンジミッションに関する記載、その他を追記 2020年5月26日更新 アセットアナライザーにNFT追加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 掘ることが楽しいブロックチェーンゲーム「Brilliantcrypto」CBTプレイレポート
    3Dの鉱山でツルハシ片手に宝石を掘り当てるブロックチェーンゲーム「Brilliantcrypto」 の第2回クローズドβテストゲームレポート。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2024-02-04
  • 日本語で遊べるブロックチェーンゲームおすすめランキング
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2023-01-23
  • Sorare(ソラーレ)NFTサッカーゲームの遊び方・稼ぎ方を初心者向けに解説(2023年版)
    「Sorare(ソラーレ)を始めてみたい」 「SorareでNFTを稼げるって聞いたけど、本当?」 2023年現在、このような思いでSorareに登録しようか悩んでいる人は多いでしょう。 この記事では、Sorareサッカーゲームの特徴と遊び方、そして稼ぎ方について詳しく紹介します。 「本当にSorareで稼げるの?」「無課金でも楽しめる?」といったよくある質問にも解説していますので、これからSorareサッカーゲームを始める方は、ぜひチェックしてください。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • Powered by