English
SignIn
ニュース・記事

CHOJO|バトルの基本を解説

update at :

美少女格闘技ブロックチェーンゲーム「CHOJO」がリリースされました。

バトルシステムやチームを組むときの考え方などを紹介していきます。

ツイート

CHOJOのバトル

バトルの概要

CHOJOのバトルは、ファイター3人にそれぞれアーツを3つずつセットして行うターン制バトルです。

お互いに技を繰り出したり、ファイターを交代しながら戦い、先に3人のファイターを倒したほうが勝利となります。

バトル中に一度だけ使える「ARAWARE(アラワレ)」をうまく使うことで、ファイターの能力を大幅にアップして、戦況を変えられる可能性があります。

それでは、詳しく紹介していきます。

画面の見方

CHOJO|バトルの基本を解説

①ファイターのHP
②控えファイター
③状態変化アイコン
④現在のROUND数
⑤相手のファイター情報:アイコン右のひし形の色がファイターの属性に対応。
⑥アーツスキルボタン:3つのアーツと通常攻撃の4枠。枠の色が攻撃の属性に対応。
⑦ARAWAREゲージ:ダメージを受けると溜まる。MAXまで溜まるとARAWAREボタンを押せる。
⑧ARAWAREボタン:ボタンを押し、攻撃方法を選択することでARAWAREを発動できる。
⑨交代ボタン:控えのファイターと交代可能。
⑩アクション決定ボタン

ファイターと攻撃の属性

CHOJO|バトルの基本を解説

CHOJOには、3つの属性があります。

・STR:打撃技
・GRP:締め技
・THR:投げ技

有利な相手に対しては大ダメージを与えることができ、不利な相手へのダメージは減少します。

CHOJO|バトルの基本を解説

属性の相関は次の通り。
STRタイプ…THRタイプに有利、GRPタイプに不利
GRPタイプ…STRタイプに有利、THRタイプに不利
THRタイプ…GRPタイプに有利、STRタイプに不利

ファイターのステータスにも、STR、GRP、THRそれぞれの攻撃力が設定されています。ファイターの得意な属性のアーツを装備させ、有利な相手を攻撃するとダメージを最大化できます。

ARAWARE

CHOJO|バトルの基本を解説

ARAWAREはバトル中に1度だけ使うことのできる必殺技。ファイターのステータスが上がったり、追加攻撃が発動したりします。

ダメージを受けていくと、画面左下のARAWAREゲージが溜まっていきます。ゲージがMAXになると、画面右下の「ARAWARE」ボタンを押すことができるようになり、ボタンを押した状態で攻撃をすることでARAWAREが発動します。

ARAWAREは、攻撃行動の前に発動しますが、その後の攻撃の順番は通常通り素早さに依存します。そのため、使うタイミングを間違えるとARAWAREを発動しても、能力アップの恩恵を活かすことができずにK.O.されることも。ARAWAREの発動は、攻撃を確実に与えられるタイミングで行いましょう。

アーツ

CHOJO|バトルの基本を解説

アーツはファイターにセットする装備のようなもの。セットすることで、ファイターのステータスが上がり、バトル中にスキルを使えるようになります。

アーツにはオリジナルアーツとゴーストアーツの2種類があり、オリジナルアーツはレベルを上げて育成することができます。レベル20くらいまで上げると、ゴーストアーツの性能を超えてきますので、クエストでドロップした場合には積極的にセットして育成していきましょう。

アーツにも3つの属性があります。

赤:STR
青:GRP
黄:THR

ファイターのステータスや戦略を考えながらセットしていきましょう。

チームの組み方

CHOJO|バトルの基本を解説

単純にクエストを周回するだけであれば、スタミナの最大値が同程度になるように同じレアリティのファイターでチームを組むと効率的です。

バトル向けのチームを組む場合には、見方へのバフ能力アップを意識すると組みやすくなります。

例えば、STR属性のファイター「藤河 心」のパッシブスキルは「敵にアーツスキル攻撃を与えたとき、味方全体のSTRが10%向上する(最大5回まで)」というもの。

属性の有利不利に注意しながら、STRの高いファイターを中心で組み、藤河を先頭にして見方を強化していくことも考えられますね。ちなみに、同じチームに同じファイターを複数入れることも可能です。藤河x3の超STR特化チームというのも面白いです。

CHOJOには、回復系のアーツもあるため、DEFを上げて耐久チームを組むこともできます。色々試せるようになってくると、バトルの面白さがでてきそうですね。

まとめ

CHOJOのバトルについてまとめました。

クエスト周回だけでは、バトルの面白さを感じることができませんが、ファイターやアーツが増えてくるとチームのコンセプトを明確にしつつ駆け引きのあるバトルを楽しむことができるようになりそうです。

まずは、バトルの基本を覚えて対人戦イベントに備えてファイターやアーツの育成を進めていきましょう!

CHOJO

取引量/24時間
3.7
取引数/24時間
12
DAU/24時間
10
「格闘技×美少女」をテーマにした“激闘体験型ブロックチェーンRPG”。プレイヤーは様々な特性を持つファイター達を育成しながら、共に”頂上”という夢を追いかける。本作では、格闘技を通して成長していくファイターたちの戦いを描いており、ファイターのストーリー性とブロックチェーンゲームのエコシステムをかけ合わせることで、NFTアセットに新たな価値を創造していく。
本作は、取引数世界1位を獲得したブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』の技術やノウハウを活かした開発支援プログラム『MCH+』によるサポートを受けて開発・運用をしている。
ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

関連記事

CHOJOのβテストが終了!レビューと今後についてのまとめ
美少女格闘技ブロックチェーンゲームのCHOJO。3月20日からスタートしていたCHOJOのβテストが終了しました。CHOJOのコンテンツや実際にプレイしてみた感想、今後の展開などについてまとめます。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-03-31
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • 美少女格闘技ブロックチェーンゲームのCHOJOが『CHOJO TITLEMATCH β』の概要と開催日程を発表
    オープンβ.ver1を好評に終えたCHOJOがオープンβテスト ver.2 『CHOJO TITLEMATCH β』を開催することを発表しました。 記事ではその内容を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-15
  • オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

    ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
    第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • 【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
    株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • ゲーム攻略/紹介の記事

    【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【マイクリ|無課金攻略】課金しない人のためのマイクリプトヒーローズ
    マイクリの課金した攻略がたくさん出ていますので、いかに課金をせずに収益を得れるかについてを解説します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-02-01
  • 【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
    コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • ニュース・記事

    【プレスリリース】Enjin、NFTの表彰イベント「NFT Awards」をDEAと共催!審査員としてMicrosoftや元ソニーCEOの出井伸之氏が参画
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 ブロックチェーンを用いたゲームエコシステム構築をするENJIN Pte. Ltd. (本社:シンガポール、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、12月9日に主催企業のTwitchおよびYouTubeチャンネルにおいて、受賞NFTを発表いたします。 ブロックチェーンエンターテイメント事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd.( 本社:シンガポール、Co-CEO:吉田直人および椎名茂、以下「DEA」)と共同で、2020年に発行された価値あるNFTを表彰するイベント「NFT Awards2020」を、2020年12月9日にオンライン開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-09-18
  • 【プレスリリース】ブロックチェーンの最先端技術と未来を知る1日限りのイベント「BlockChainJam2020」が、今年は 10月24日 に完全オンライン・完全無料で開催。
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 仮想通貨を支えるブロックチェーン技術は世の中にどんな変化を起こすのか? 最先端の技術を知り、一足先の未来を知ることができる1日限りのイベントです。
  • プレスリリース
  • 2020-09-17
  • コインチェック、『マインクラフト』に続き”全世界4,000万DL”を達成した『The Sandbox』内で利用可能なNFTを取扱うべく連携を開始
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾聡、以下当社)は、NFTマーケットプレイス事業において、2020年下半期に日本で正式ローンチを予定しているブロックチェーンゲーム『The Sandbox』と、同ゲーム内で利用可能なNFTを当社のNFTマーケットプレイスにて取扱うべく連携を開始しました。当社では、すでに2020年9月に大人気ゲーム『マインクラフト』内で利用可能なNFTの取扱いに向け「Enjin」と連携を開始することを発表しております。
  • プレスリリース
  • 2020-09-16
  • 【プレスリリース】IP・コンテンツ事業者向けブロックチェーンプラットフォーム「GO BASE」にて、NFTの発行・販売・マーケット機能を追加実装。NFTを活用したコンテンツのスマホアプリも今秋リリース予定
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 デジタルトークンを活用したブロックチェーンプラットフォームサービス「GO BASE」を展開する株式会社スマートアプリ(本社:東京都港区、代表取締役社長:高長徳、以下スマートアプリ)は本日、コンテンツ事業者が独自にNFT(Non-Fungible Token = 代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークン)の発行・販売・マーケットプレイスを利用できるサービスを追加実装したことを発表します。また合わせて、「GO BASE」で発行したNFTの著作権保護などを実現する独自技術を特許出願したことも発表します。 また、ブロックチェーン技術を用いたサービスを展開する株式会社coinbook(本社:東京都港区、代表取締役:奥秋 淳)と共同開発した、デジタルトレーディングカードサービス「NFTトレカ」を9月末にリリース予定。
  • プレスリリース
  • 2020-09-11
  • keywords