English
SignIn
ニュース・記事

【7月15日スタート】ナインクロニクルのプレセール解説

update at :

海外のブロックチェーンMMORPG「ナインクロニクル」のプレセール内容について解説します。

ツイート

ナインクロニクルとは

出展 : youtube

Nine Chronicles Teaser (Steam)

ナインクロニクルは、韓国のゲーム会社PLANETARIUMが制作するブロックチェーンMMORPG。

ダンジョンを周回しながら、レベルアップやドロップアイテムで強化していく系のゲームで、クラフト、アリーナ、マーケットなどの定番コンテンツが用意されています。

マーケットでは、ゲーム内通貨のNCGを使った取引が可能となっています。

現在はβテスト中で、2020年9月にPC向け、2021年にモバイル向けにリリースされる予定です。

ナインクロニクルの特徴は、ゲーム自体をオープンソース化していくこと。運営自体を分散化してしまおうという狙いです。コードはもちろんのこと、アート、アニメも公開予定となっています。

プレセール概要

【7月15日スタート】ナインクロニクルのプレセール解説

ナインクロニクルのプレセールは、7月15日から始まります。

ナインクロニクルのプレセールの特徴は、これまでのブロックチェーンゲームのように、強いアセットや権利を販売して、売り抜けて儲けてもらうタイプのものではありません。

ゲームへのアーリーアクセス権や、実際のコレクターズアイテム、ゲーム内のコスチュームなど、ゲームバランスには影響しないものとなっています。クラウドファンディング的なプレセールといえますね。

フェーズ1のキャップは、70,000ドルとなっており、コミュニティーの参加人数から考えると売り切れる可能性も有り得そうです。(メーリングリスト:60,000以上、ディスコード:6,500人以上登録)

価格は50ドル〜10,000ドルで、1ドル=100NCG+10%ボーナス+購入金額に応じた報酬となっています。

プレセール参加特典

【7月15日スタート】ナインクロニクルのプレセール解説

特典はNCGの購入金額に応じて決められています。パトロンレベルの特典を除くと、価格と特典は以下のようになっています。

・50ドル:クレジット+ディスコードロール+アーリーアクセス
・100ドル:+アドベンチャースターターキット
・300ドル:+コレクターズアイテム+ランダムレジェンダリーコスチューム1種
・900ドル:+ランダムの代わりに3種のレジェンダリーコスチューム

コスチュームはマーケットで取引可能ですが、ファンがゲームのために購入するプレセールといった印象で、先行者優位性はないので変に投機的にならなさそうでいいですね。

レジェンダリーコスチューム

【7月15日スタート】ナインクロニクルのプレセール解説

【7月15日スタート】ナインクロニクルのプレセール解説

【7月15日スタート】ナインクロニクルのプレセール解説

レジェンダリーコスチュームは、PvPアリーナをはじめとするゲーム内コンテンツで使えるスキンです。トレード可能となっていて、運営予想ではそれぞれ100個未満の発行数になりそうとのこと。デザイン性もかなり高いので、使っていて満足感ありそうです。

コレクターズアイテム

【7月15日スタート】ナインクロニクルのプレセール解説

【7月15日スタート】ナインクロニクルのプレセール解説

【7月15日スタート】ナインクロニクルのプレセール解説

ナインクロニクルは、キャラクターのデザインにもこだわっており、コレクターズアイテムがプレセール特典として用意されています。

・72ページのアートブック
・世界地図のタペストリー
・ポスター
・ボトル
・マウスパッド
・ポストカードx6

世界中どこでも送ってくれて、送料は不要とのこと。

まとめ

ナインクロニクルは、ここまでコツコツとコミュニティ育成・開発をしっかりと進めてきたブロックチェーンゲームです。Ubisoftの支援もうけており、海外のブロックチェーンゲームの中では信頼性高いほうだと思います。

プレセールの内容も、投機的なものではなく、ファンとゲームをつなぐクラウドファンディングの要素が強いですね。

ゲームデザインが好きな方は、プレセールへの参加を検討してみてはいかがでしょうか。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • 【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
    株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • ゲーム攻略/紹介の記事

    【マイクリ|無課金攻略】課金しない人のためのマイクリプトヒーローズ(2020年版)
    マイクリの課金した攻略がたくさん出ていますので、いかに課金をせずに収益を得れるかについてを解説します。 ※2020/11/01 Labが廃止されているなど現状に合わせて記事を追記、修正しました。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-02-01
  • 【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • ニュース・記事

    マイクリコイン(MCHC)の稼ぎ方・入手方法まとめ
    マイクリからガバナンストークンのマイクリコイン(MCHC)がリリースされました。ゲームをプレイして入手するまでの流れが少し複雑なので、詳しく解説していきます。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-11-20
  • インディーゲーム開発者がブロックチェーンゲーム開発に挑戦するわけ
    ブロックチェーンゲーム「マギアストーン」を開発しているインディー・ブロックチェーンゲーム開発者の ゆうき氏に、メールインタビューを行いました。
  • インタビュー
  • 2020-11-18
  • 元Microsoftのメンバーが、Executive DirectorとしてEnjinに参画
    ※以下プレスリリースをそのまま掲載しています。 この度Enjinは、長年Microsoftにて要職を務めたAlex Solomonが、Executive Director of Enterprise Platformsとして、Enjinに参画したことをお知らせ致します。Solomonは20年以上にわたり、Microsoftのマーケティングやオペレーション部門をリードし、最近では西ヨーロッパチームのAzure Direct事業を担当しました。Enjinでは上記経験を生かして、企業とのリレーション構築や、ブロックチェーン技術の導入を促進します。
  • プレスリリース
  • 2020-11-18
  • Gaudiyがソニー・ミュージックエンタテインメントと業務提携。
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 株式会社Gaudiy(東京都渋谷区、代表取締役社長:石川 裕也、以下:Gaudiy)は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(以下:ソニー・ミュージックエンタテインメント)と、エンタテインメント産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進のため業務提携を締結したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-11-16