ブロックチェーンゲーム インフォ- dApps、ブロックチェーンゲームの最新情報を毎日配信中、最新ランキングも配信

Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン:BAT)の特徴について

2019-04-22

3月に入ってからBasic Attention Tokenの価格が上昇しています。

ランキングも2018年3月では53位でしたが、現在(2019年4月21日)では22位にランクを上げてきます。

この記事では、Webブラウザ「BRAVE」も含め、仮想通貨Basic Attention Tokenについて解説します。

Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン:BAT)は、ブラウザのFireFoxやプログラミング言語Javascriptの生みの親であるBrendan Eich(ブレンダン・アイク)氏がチームを率いて開発しているトークンです。

2017年5月31日に公開されたBATは、WEBブラウザ「Brave(ブレイブ)」上で取り扱われるトークンで、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)では開始後わずか24秒で完売し、当時の最高額「当時のレートで38憶円強」を集めたことで話題になりました。

Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン:BAT)の特徴について

出展 : CoinMarketCap

2月6日0.1ドルだったBATは、2019年4月21日現在0.47ドルまで上昇。
執筆時では前日比12.29%と価格を上げてきています。

2018年3月ではランキング53位でしたが、現在(2019年4月21日)では22位にランクを上げてきました。

この記事ではWebブラウザ「BRAVE」も含め、仮想通貨Basic Attention Tokenについて解説します。

概要

【通貨名】
➤Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン)
【通貨単位】
BAT
【発行日】
➤2017年5月31日
【公式サイト】
https://basicattentiontoken.org/
【ホワイトペーパー】
https://basicattentiontoken.org/BasicAttentionTokenWhitePaper-4.pdf
【ソースコード】
https://github.com/brave-intl
【BRAVEダウンロード】
https://brave.com/download
【公式Twitter】
https://twitter.com/AttentionToken
【reddit】
https://www.reddit.com/r/BATProject
【現在流通量】
➤1,249,941,615 BAT
【最大供給量】
➤1,500,000,000 BAT
【購入取引所】
➤Bainance・Upbit・Hubi・Bithumb・BitMax・Bittrex
【現在価格】
➤48.78円(2019年4月21日現在)
【時価総額ランキング】
➤22位(2019年4月21日現在)

Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン)とは

Basic Attention Token(ベーシック・アテンション・トークン:BAT)は、Breve社が開発するWebブラウザ「Breve(ブレイブ)」上で利用できるトークンです。

BATトークンはイーサリアムのブロックチェーン(ERC-20)を採用しており、ICO時でもイーサリアムで資金調達を行いました。
(公開から数十秒で153,250ETHを調達に成功)


往来のWebブラウザには、広告配信システムにて収益モデルやプライバシー審に関する問題が指摘されていました。

このような問題を解決すべBrendan Eich(ブレンダン・アイク)氏がBrave Softwareを設立しました。

BATトークンはWebブラウザBraveを通じ、トークンを用いて広告効果の効率化を行い利用者が快適に利用できるブラウザ環境の構築を目的としています。

Braveは一般的なブラウザとは違い、ブラウザを高速化するために初めから「広告をブロックする機能」が搭載されています。

現状の広告収益の7割以上はGoogleなどの運営側が摂取しており、閲覧するユーザーには収益性は存在しません。しかし、Braveは閲覧するユーザーに対してもBATを報酬として受け取ることができます。

また、Braveブラウザには投げ銭機能があり、ユーザーが良いと思うウェブサイトや動画のコンテンツにBATトークンを付与することもできます。

開発・進行状況

HTCがデフォルトブラウザとして採用

2018年12月、ブロックチェーンスマートフォン「Exodus 1(エクソダス・ワン)」を開発している台湾のスマートフォンメーカーHTCが、Webブラウザ「Brave」をデフォルトブラウザとして採用することを発表しました。

Exodusは「Zion(ハードウォレット)」が組み込まれおり、複数の仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン)をスマートフォンで管理することができます。

Exodus 1ではDapps(分散型アプレイケーション)であるイーサエモンやVR関連のDapps「Decentraland」なども利用することができます。

https://www.htcexodus.com/us/

報酬システム実装を進める

「Brave(ブレイブ)」は、デベロッパー向けの機能として「広告表示・配信」のテストができるようになったことを2019年1月15日のブログ記事で発表しています。

Breveは初めから広告ブロック機能が標準で搭載さ非表示となっていますが、広告の表示を許可して閲覧したユーザーは、仮想通貨で報酬が支払われる仕組みになっています。

今回の発表は広告機能の実装のためのステップであり、開発者が広告のプレビューをテストするための機能が追加。これにより開発者は、広告の表示や配信をテストすることができるようになりました。

今後開発が進めば、広告の表示を許可したユーザーにたいして報酬が支払われる予定となっています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

シェア

ツイート

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。 2018年より投資枠を拡大。資産運用中。

新着記事

コントラクトサーヴァント- カードゲーム - 事前登録受付中

PlayDAppに登録してプレセール予約をしよう!プレセール開始タイミングはメールでお知らせ致します。登録された方にコモンサーヴァント1体プレゼント!

TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る

2019年05月24日

MyEtherWallet(マイイーサーウォレット)で自分のウォレットにアクセスする方法:MEWconnect

2019年05月24日

堀江貴文氏が豚のキャラクター「ホリエトン」になって参戦!『くりぷ豚』リリース1周年 記念イベント開催中!

2019年05月23日

マイイーサウォレット(MyEtherWallet)の新バージョンMEW V5はシンプルなデザインを特徴としたウォレット

2019年05月23日

ARを使ったブロックチェーンゲーム「AUGMENTORS」とは?クローズドMVPがリリース!

2019年05月22日

クリプトダービー(Crypto Derby)について

2019年05月22日

クオン、世界1億DL超えキャラクターのライセンス権をブロックチェーン技術を用いて販売開始!

2019年05月22日

楽天ウォレットの概要について

2019年05月22日

Holo(ホロ)の特徴について

2019年05月21日

【TomoChainはイーサリアムをベースに作られた仮想通貨。特徴を簡単解説】

2019年05月21日

【Enjinはブロックチェーンに特化したプラットフォーム。特徴を簡単解説】

2019年05月20日

仮想通貨・ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtec(テックテク)が、仮想通貨に関する税金カリキュラムを5月20日より提供開始します。

2019年05月20日