English
ログイン
ニュース・記事

【イベントレポート】CryptoKanojoに学ぶ!ブロックチェーンゲームのリアル

更新日

デジタルクエスト社が提供するdAppsゲーム”CryptoKanojo”のイベントが2月7日に六本木で開催されました。参加してきましたので、レポートとして報告致します。

前半はCryptoKanojoのマーケティングについてのプレゼンテーション、後半は技術についてのプレゼンテーションの二部構成で行われました。

前半 : CryptoKanojoのマーケティングについて

企画開発を担当する青樹氏により、CryptoKanojoで行ったマーケティング上のアプローチと課題が紹介されました。
青樹氏は、前回ブロックチェーンゲームインフォのインタビューでもCryptoKanojoについてお答えいただいています。

2018年12月24日にCryptoKanojoをコンシューマー向けにトライアル的な位置づけでリリース。投入できる予算は限られているが、事業利益を出すことを目的としているとしたうえで、これまでのアプローチについて紹介されました。

ユーザー属性の変化

リリース前はユーザー属性として、主にオタク・投資目的の2つを想定していたが、リリース後、ユーザー属性を調べてみると仮想通貨の塩漬け属性がいることが解った。
逆にオタク属性は話題にはしてくれるが、サービス利用に結び付くケースが想定より少なかったと述べられました。

ユーザーへのアプローチ

仮想通貨メディア、ゲームメディア、ウォレット提供事業者など、様々な会社とタイアップした目的と結果が紹介されました。

・メディアでの配信
仮想通貨に特化したメディアより、ゲームメディアからのユーザー流入が多く、且つほとんどが新規ユーザーであったと紹介されました。

・ソフマップとタイアップ
話題になったCryptoKanojoのキャラクターをカードにして配布したキャンペーン。
“ブロックチェーン”や”仮想通貨”と言うワードは、オタク層には敬遠されると考え、「カノジョとイチャイチャ出来る」というワードでアプローチしたことが紹介されました。
結果としてはそこまでユーザーは増えなかったが、ツイッターで拡散があり、話題作りに貢献したと総評されました。

・ウォレット事業者ともタイアップ
多くのユーザーが新規ユーザーとして、ウォレットアドレスを登録して利用環境を作ったと述べられました。

・Twitterでの広告
仮想通貨塩漬け層をターゲットに行ったものの、一般的媒体で、広告費を使った新規ユーザー獲得は難しいと感じたと総評されました。

【イベントレポート】CryptoKanojoに学ぶ!ブロックチェーンゲームのリアル

今後の課題とブロックチェーンゲームの事業性

メタマスクやTrust等の専用アプリがないとサービス利用が出来ず、新規ユーザー開拓の障壁となっている為、サービス内のウォレット機能埋め込みが重要になることが挙げられました。
そのうえで、事業性としてはまだまだユーザー獲得が比較的容易で、儲けられると判断するとユーザーのアクティブ率が高くなるため、儲けられる仕組みを作ることが重要だと述べられました。

後半 : 技術面に関して

後半のプレゼンテーションとして、システムエンジニアの大野氏より、技術とお金に関わる話が紹介されました。

ゲームのインフラ費用として、大きなゲームでは、物理サーバー1,000台以上と多額の費用と人が必要であり、億円×月規模になる事もある中、ホスティング日は数百円×月となったことが述べられました。

この背景には、インフラ費用が売り上げを上回ってしまうと事業の継続が出来ないので避けるべく、バックエンドの開発を極力回避するために、インフラは作らないことを最初に決め、Googleが提供している“Firebase”というサービスをバックエンドに利用したことが述べられました。

今後の展開について

今後の展開として、UI改善、Kanojoの資産価値を高めていく施策があげられ、雑誌とのタイアップが進んでいる事も紹介されました。
また、月間200〜500アドレスの新規ユーザーを積み上げていく予定との展望も語られました。

今後のCryptoKanojoにも引き続き注目したいですね。

【イベントレポート】CryptoKanojoに学ぶ!ブロックチェーンゲームのリアル

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

mochizuki

メタップスという会社でブロックチェーン関連の事業を行っている望月です。 ブロックチェーン関連、Dappsゲームなどの記事を投稿していこうと思います! ■経歴 三井住友銀行で法人/個人向け営業、外国業務などを経験後、NECへ転職。 NECで金融機関向け営業、事業開発企画部を経てメタップスに入社。 ※発信記事は個人の見解になります。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

2022年版最新「Sorare」(ソラーレ)の概要・始め方・遊び方
現実でのサッカーの試合結果と連動したイーサリアムに対応したブロックチェーンゲームのSorare(ソラーレ)について概要、始め方、遊び方を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2022/07 MLBを追記しました。 ※2021/09/09 Sorareとラ・リーガが提携しました。 ※2021/03/10 インストール方法を最新版に差し替えました ※2020/8/18 J1リーグ参加 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/5/24 更新
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • 話題のM2E「RunBlox」の初め方と遊び方を解説
    RunBloxのインストールから遊び方をわかりやすく解説しました。 2022/08/08 正式リリースについて追記 2022/06/28 マーケットプレイスについて追記
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-30
  • 【2021年5月】AnimocaBrandsのブロックチェーンゲームまとめ
    コインチェックとの提携でも話題になったAnimocaBrandsのBCGについて紹介します。 MOTO GPとCrazy Defense Heroesについて追記(2021/3/16) AnimocaBrandsのサッカーゲームについて追記(2021/5/28)
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-12-23
  • イベントの記事

    コントラクトサーヴァントのボードゲーム版試遊会レポート
    2月7日、アクセルマークのコントラクトサーヴァントチームにて、コントラクトサーヴァントのバトルを再現したボードゲーム版の試遊会が開催されました。 ブロックチェーンゲームインフォの浜田が参加し、コントラクトサーヴァントのバトルを体験しました。
  • イベント
  • 2019-02-08
  • 第3回Crypto Games Conferenceが2019年4月25〜26日ミンスク、ベラルーシにて開催
    2018年5月にウクライナのキエフで開拓されたCrypto Games Conferenceが、2019年4月25日から26日にかけて、ベラルーシのミンスクで開催されます。
  • イベント
  • 2019-01-31
  • 【3/19 渋谷】Gaming on Blockchain - Tokyo【dapp.comが登壇】
    ゲームブロックチェーン|東京 2019年3月19日東京ブロックチェーンミートアップが開催しております。 ミートアップではdapp・ゲーム・ブロックチェーンの導入についてご紹介します。 Dapp.com ・ TomoChain・ MyCryptoHeroes、そして他のdappプロジェクトと一緒にdapp(dope)ナイトを楽しみにしていきましょう。
  • イベント
  • 2019-03-15
  • Blockchainを活用したコンテンツ領域における国内外の有名企業/プロジェクトによる「Tokyo BlockChain Contents Conference 2020」が10月23日開催
    「ブロックチェーンコンテンツ協会」はブロックチェーン領域のコンテンツにフォーカスして、デベロッパーによる事例紹介や、業界を牽引する関連企業によるパネルディスカッション等を実施するカンファレンス「Tokyo BlockChain Contents Conference 2020」を10月23日に開催します。 今年はコロナ禍の影響の為、オンライン無料開催となるので気軽に参加できます。 ブロックチェーンxコンテンツの可能性に触れる、またとない機会になりそうです。
  • イベント
  • 2020-10-07
  • keywords

    Powered by