English
SignIn
ニュース・記事

【イベントレポート】UXの観点から考えるBlockchainの課題と今後のアプローチ

ツイート

UXの観点から考えるBlockchainの課題と今後のアプローチ

【イベントレポート】UXの観点から考えるBlockchainの課題と今後のアプローチ

■登壇者(敬称略・順不同)

 ・真木大樹 (BlockBase株式会社)
 ・石川駿  (double jump tokyo株式会社)
 ・中村昂平 (トークンポケット株式会社)
 ・青木宏文 (株式会社メタップス)

UXの基礎知識について 青木宏文(株式会社メタップス)

UI、UXは同じ文脈で語られるが、必ずしも同じではない。
UXがUIと重なる事例として、フェイスブックライブの例を挙げて説明する。
ライブ画面の下に視聴者のコメントが流れているため、UIデザインで視聴者と一緒にライブを見ているユーザー体験を提供しているものになり、UIのデザインによってUXを実現している事例といえる。

一方で、例えばアマゾンお急ぎ便など、欲しいものがすぐに手に入るサービスはどちらかというと、UIというより他の部分のウエイトが大きい。
アマゾンで商品を購入する場合、アマゾンのWebページ上で商品を購入すると、裏側のサーバーサイドアプリケーションで、注文処理→配送依頼→出荷→配送、といった処理が行われる。
この場合、物流の速さがUXを実現している。どちらかというとUIというより、その他の部分がUXに大きく関わっている事例である。
このようなかたちで、UXは必ずしもUIだけで実現するものではない。

UXは時間の経過とともに、醸成されるものである。
よくUXの中で言われているものは、

・予期的UX    (アプリケーション利用前のUX)
・一時的UX    (アプリケーションとサービスを利用しているときのUX)
・エピソード的UX (商品・サービスの利用後に得られるUX)
・累積的UX    (体験を重ねることにより、得られるUX)

上記の4段階でUXを捉えることが提唱されている。

ブロックチェーンゲームのキャラクターなどを売買する、マーケットプレイスをユーザーが利用する例を挙げると、初めてマーケットプレイスを利用するユーザーはキャラクターが簡単に売れると良いという期待感を持って利用する。
実際にサービス上で出品して売買が成立すると、利用後の体験としては、売れて良かった、UIが良ければ、出品が簡単で良かったという感想をもつ。

売買が可能であり、使いやすいなどのイメージが蓄積され、もう一度利用するときは期待感が高まった状態となる。
出品をしてすぐに売れた、高額で売れたなどの体験を重ねると、更に期待感が高まる
複数回利用することで信頼やロイヤリティも生まれ、リピートユーザーとなり、UXが形成されていく。

パネルディスカッション

パネラー
・真木大樹(BlockBase株式会社)
・石川駿(double jump tokyo株式会社)
・中村昂平(トークンポケット株式会社)
モデレーター
・青木宏文(株式会社メタップス)

パネルディスカッションでは、各パネラーが自社で取り組んでいる事業・サービスなどを紹介した後、参加者から事前に頂いている質問を元に、回答する方式で進行。

各パネラーの事業・サービス紹介について

2018年9月にBlockBaseという会社を設立し、ブロックチェーン関連のコンサル、プラットフォーム開発等を行っている。
直近ではNFTのマーケットプレイスを構築中であり、近々リリース予定である。
様々な事業者とブロックチェーンに関する実証実験を行っており、その中で得た課題感やブロックチェーンのUXのあるべき姿を話したい。
(真木大樹(BlockBase株式会社))

double jump tokyoではマイクリプトヒーローズというブロックチェーンゲームを作り、運営している。
マイクリプトヒーローズのユーザー数は全体で25,000ユーザー程度であり、自身はスマートコントラクトの開発、フロントエンジニアリングを行っている。
ブロックチェーンに関わる画面設計なども行っているので、そのノウハウ等を共有できればと考えている。
(石川駿(double jump tokyo株式会社))

トークンポケットという会社でイーサリアムアプリを開発・提供しており、最近ではマイクリプトヒーローズのアプリをリリースした。自身はリクルートという会社に所属しており、トークンポケットは副業というかたちで携わっている。
(中村昂平(トークンポケット株式会社))

ブロックチェーンに関する課題、対策について

サービスのセキュリティを高めることが求められているが、セキュリティを高めるほど、UXは悪くなりがちである。
ブロックチェーンで使われているキャラクターやアイテムなどをユーザー間で売買できるマーケットプレイスを作っており、オフチェーンでもトランザクションを動かせるようにしている。
UXを高める為、サクサクと動かせるようにしたい。
メインチェーンで実装した場合、サクサク感を実現するために、通常のWebアプリと同様の管理が必要となってくることが課題と感じる。

ブロックチェーンを使ったプロダクトは分散管理されているので、ユーザーが悪意のある行動をした場合(法的問題のあるコンテンツの投稿など)、責任を取りにくい
(真木大樹(BlockBase株式会社))


マイクリプトヒーローズではアートエディットという、自分の好きな画像をキャラクターにつけることが出来るが、悪意のあるものを投稿する人(わいせつな画像や著作権侵害する画像など)がいる。
ゲームの運営側が削除・管理するということは、ブロックチェーンの非中央集権的な概念とは異なってしまうので、運営側が強くなり過ぎないようにという考えがある。

スケーラビリティの問題があり、サイドチェーンを使っても解決できなかったのでオフチェーン化した。必要な部分をメインチェーン、バトルをオフチェーンにすることでユーザーにとってはイーサリアムのスケーラビリティを意識せずにゲームが出来る環境を作ることができた。
(石川駿(double jump tokyo株式会社))


マイクリプトヒーローズは先進的な事例と考える。
専用アプリは画期的であり、ブロックチェーンゲームはiOSアプリを出すことはストア申請が通らない問題で懸念していたが、アプリケーションをウォレットのブラウザで表示させることでストア申請を通したことは革命的であると思う。
(青木宏文(株式会社メタップス))


ウォレットのプロバイダーとしての課題として、マイクリプトヒーローズのアプリを手掛ける前は、誰もウォレットにお金を入れておらず、仮想通貨の価格を参照する目的で使用されていたため、入金率が低かった。

マイクリプトヒーローズのアプリを手掛けた後は、アプリケーションを使う人数が増えたが、イーサリアムを持っていないユーザーが多かったので、イーサリアムを配布した。
ウォレット単体であると使われなかったが、ユーザー体験として、ゲーム等の面白いコンテンツがあると、ウォレットを使用するユーザーが増え、トランザクションが劇的に増えた。
(中村昂平(トークンポケット株式会社))

今後、ブロックチェーンが普及する領域は何か。 ブロックチェーンを使うことで、ゲーム業界はどのように広がるか。

ブロックチェーンによって、デジタルアセットが資産性を持つようになる。
ユーザーとしては、浪費として従来のスマホゲームなどに課金していたものが、投資になる。
ユーザーが遊んだ時間が価値になるので、マイクリプトヒーローズをきかっけに、他のゲーム会社がブロックチェーン領域に出てきてほしいと考える。
日本から、“ゲーム×ブロックチェーン”が世界に広がっていくであろうと考えている。
(石川駿(double jump tokyo株式会社))



金融の分野でも、ブロックチェーンを使用することで今までの金融を変えると思っている。分散金融であるDeFi(Decentralized Finance)が大きなトレンドとなる可能性がある。
パブリックの状態になっているイーサリアムアドレスに対して、信用が蓄積されていけば、融資が受けられるかもしれない。
キャッシュフロー等もパブリックで見ることが出来るので、今まで金融サービスを使えなかった人たちが金融サービスを使えるという動きが出てくる可能性がある。
 (中村昂平(トークンポケット株式会社))

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

mochizuki

メタップスという会社でブロックチェーン関連の事業を行っている望月です。 ブロックチェーン関連、Dappsゲームなどの記事を投稿していこうと思います! ■経歴 三井住友銀行で法人/個人向け営業、外国業務などを経験後、NECへ転職。 NECで金融機関向け営業、事業開発企画部を経てメタップスに入社。 ※発信記事は個人の見解になります。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
    コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • 【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • イベントの記事

    コントラクトサーヴァントのボードゲーム版試遊会レポート
    2月7日、アクセルマークのコントラクトサーヴァントチームにて、コントラクトサーヴァントのバトルを再現したボードゲーム版の試遊会が開催されました。 ブロックチェーンゲームインフォの浜田が参加し、コントラクトサーヴァントのバトルを体験しました。
  • イベント
  • 2019-02-08
  • 第3回Crypto Games Conferenceが2019年4月25〜26日ミンスク、ベラルーシにて開催
    2018年5月にウクライナのキエフで開拓されたCrypto Games Conferenceが、2019年4月25日から26日にかけて、ベラルーシのミンスクで開催されます。
  • イベント
  • 2019-01-31
  • 【3/19 渋谷】Gaming on Blockchain - Tokyo【dapp.comが登壇】
    ゲームブロックチェーン|東京 2019年3月19日東京ブロックチェーンミートアップが開催しております。 ミートアップではdapp・ゲーム・ブロックチェーンの導入についてご紹介します。 Dapp.com ・ TomoChain・ MyCryptoHeroes、そして他のdappプロジェクトと一緒にdapp(dope)ナイトを楽しみにしていきましょう。
  • イベント
  • 2019-03-15
  • ウォレットバトラーがオープンβを9月18日に開始
    現在開催中のTokyo BlockChain Game Conference2019にて ウォレットバトラーのオープンβが9月18日に開始されることが発表されました。
  • イベント
  • 2019-09-16
  • ニュース・記事

    【プレスリリース】Enjin、NFTの表彰イベント「NFT Awards」をDEAと共催!審査員としてMicrosoftや元ソニーCEOの出井伸之氏が参画
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 ブロックチェーンを用いたゲームエコシステム構築をするENJIN Pte. Ltd. (本社:シンガポール、CEO:Maxim Blagov、以下「Enjin」)は、12月9日に主催企業のTwitchおよびYouTubeチャンネルにおいて、受賞NFTを発表いたします。 ブロックチェーンエンターテイメント事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd.( 本社:シンガポール、Co-CEO:吉田直人および椎名茂、以下「DEA」)と共同で、2020年に発行された価値あるNFTを表彰するイベント「NFT Awards2020」を、2020年12月9日にオンライン開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-09-18
  • 【プレスリリース】ブロックチェーンの最先端技術と未来を知る1日限りのイベント「BlockChainJam2020」が、今年は 10月24日 に完全オンライン・完全無料で開催。
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 仮想通貨を支えるブロックチェーン技術は世の中にどんな変化を起こすのか? 最先端の技術を知り、一足先の未来を知ることができる1日限りのイベントです。
  • プレスリリース
  • 2020-09-17
  • コインチェック、『マインクラフト』に続き”全世界4,000万DL”を達成した『The Sandbox』内で利用可能なNFTを取扱うべく連携を開始
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾聡、以下当社)は、NFTマーケットプレイス事業において、2020年下半期に日本で正式ローンチを予定しているブロックチェーンゲーム『The Sandbox』と、同ゲーム内で利用可能なNFTを当社のNFTマーケットプレイスにて取扱うべく連携を開始しました。当社では、すでに2020年9月に大人気ゲーム『マインクラフト』内で利用可能なNFTの取扱いに向け「Enjin」と連携を開始することを発表しております。
  • プレスリリース
  • 2020-09-16
  • 【プレスリリース】IP・コンテンツ事業者向けブロックチェーンプラットフォーム「GO BASE」にて、NFTの発行・販売・マーケット機能を追加実装。NFTを活用したコンテンツのスマホアプリも今秋リリース予定
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 デジタルトークンを活用したブロックチェーンプラットフォームサービス「GO BASE」を展開する株式会社スマートアプリ(本社:東京都港区、代表取締役社長:高長徳、以下スマートアプリ)は本日、コンテンツ事業者が独自にNFT(Non-Fungible Token = 代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークン)の発行・販売・マーケットプレイスを利用できるサービスを追加実装したことを発表します。また合わせて、「GO BASE」で発行したNFTの著作権保護などを実現する独自技術を特許出願したことも発表します。 また、ブロックチェーン技術を用いたサービスを展開する株式会社coinbook(本社:東京都港区、代表取締役:奥秋 淳)と共同開発した、デジタルトレーディングカードサービス「NFTトレカ」を9月末にリリース予定。
  • プレスリリース
  • 2020-09-11