English
Connect
ニュース・記事

「Jリーグ エールトレカ」2022 明治安田生命J1リーグ 全18クラブ 本セール開始

「Jリーグ エールトレカ」2022 明治安田生命J1リーグ 全18クラブ 本セール開始
更新日

※以下プレスリリースを掲載しています。

 「選手・チーム・リーグ・ファンをつなぐ循環型の新しい経済圏をつくる」をミッションとする株式会社OneSports(読み:ワンスポーツ 本社:東京都豊島区 代表者:杉野 範和 以下 OneSports)は、NFTを活用したJリーグオフィシャルライセンスデジタルトレーディングカード「Jリーグ エールトレカ(https://yell-tc.com)」(以下 本サービス)にて、2022 明治安田生命J1リーグ 全18クラブの本セールが開始したことをお知らせします。

J1 全18クラブの本セール開始

 本セールでは、プリセールの実施及び検証結果を踏まえ1,500円(1パック3枚)にて販売をおこないます。販売は、引き続きガチャによるブラインド販売ではなく、中身の見えるパック販売にておこないます。3枚入りのパックの中身を確認し好きなパックを購入していただくことができます。

収録カード:各クラブ 全50種(販売:25種※)
販売価格:1,500円(1パック3枚入り)
販売日程:2023年2月16日 14:00(予定)
カタログ:https://yell-tc.com/

※全50種の内、販売されていない25種は、本サービス内でのコンボ(交換)機能により入手が可能なカードとなります。

プリセールを経て

 本サービスの開始から順次18クラブのプリセールをおこない、1,500枚以上のデジタルトレーディングを販売しました。購入されたほとんどのユーザーが、本サービス内のコンボ機能を通じて、購入したカードを非売品のカードと交換をしております。その結果、購入時点の状態のままで市場に存在するカードは、本プレスリリースの時点で購入数の1/3以下まで減っております。
 このことは、デジタルデータも稀少化することを示しており、後述する「デジタルヴィンテージ」の技術によって、稀少化したデジタルデータの価値を長期的に保全する仕組みを構築することが可能になると考えております。今後も長期的な価格変動に強いデジタルコレクティブアイテムを提供できるサービスを目指していきます。
 また、販売単位価格を見直し、カード1枚あたりの価格はそのままに、1パックを5枚入りから3枚入りに変更して1,500円とすることにより、更に購入しやすい価格設定としております。

「Jリーグ エールトレカ」とは

 本サービスは、トレーディングカードが持つ、「見る、集める、交換する」をデジタルの力でアップデートさせたエンターテイメントサービスです。ピッチにあった全ての選手を網羅し、ピッチでの活躍シーンを動画として収録した新しいトレーディングカードの形を提供します。集めた「好き」が資産となり、「好き」を媒介とした仲間が見つかるサービスです。実物のトレカのように長期的なコレクティブアイテムになるべく、100年後に残り文化となるサービスを目指しています。

新しいデジタルコレクティブサービス

 既存のスポーツNFTサービスは、どこでも見ることができる映像をNFTとして販売するのみで、購入したNFTを所有していても用途がないものが非常に多いです。NFTは良くも悪くも証明書でしかなく、所有し続ける意味を、サービスとして提供し続けることが大事だと考えております。
 エールトレカでは、NFTを販売することだけを目的とせず、所有し続けることが声援となり、価値が守られるデジタルコレクティブサービスを目指します。投機目的でなく、本当に好きな人が所有したくなるサービスを提供します。

デジタルデータのヴィンテージ化=デジタルヴィンテージを実現する

 デジタルデータは劣化せずコピーが容易であることが特徴です。NFTはコピーや改ざんができにくい仕組みではありますが、劣化しないため生成されたデータの量は変わりません。そのため、現在のNFTは生産時の価値が最大になり、時間の経過とともに話題性が薄れニーズがなくなると価値が失われていく傾向にあります。一方でワインや時計などのリアルなモノは時間の経過とともに物理的に量が減っていきます。このことにより稀少性が発生し時間の経過とともに価値が上がりヴィンテージ化が発生します。
 今後、特許出願中のデジタルヴィンテージ技術により、ユーザーが購入したNFTが資産価値を保つようにコントロールされ、安心して購入、保有できユーザーが集める喜びを享受できる仕組みを提供いたします。

本サービス提供における役務分担

 本サービスの提供に際しては、株式会社OneSportsが公益社団法人日本プロサッカーリーグとライセンス契約を締結し、 株式会社プレイシンクが開発とパブリッシングを担当しております。なお、デジタルヴィンテージ技術の特許は、株式会社プレイシンクが出願中となっております。

<アクセス方法>
https://yell-tc.com/

上記URLにアクセスいただき、LINEログインしていただくことでサービスを利用することができます。

*本発表に掲載の画像は開発中の画面であり、実際の仕様とは異なる場合があります。

株式会社OneSports 会社概要

【会社名】株式会社OneSports
【代表】代表取締役 杉野 範和
【所在地】東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45F
【設立】2020年2月13日
【URL】https://www.onesports.co.jp/

私たちは、スポーツを「楽しむ人」を増やし、日常をより豊かにしていくデジタルスポーツエンターテインメント・カンパニーです。 前身であるモブキャストゲームス時代の2010年にスポーツゲーム「モバプロ」のリリースを皮切りにして、野球、サッカー、バスケットボール、競馬、プロレスなど複数のゲーム配信と運営に携わり、累計800万人以上のユーザーとコミュニケーションしてきました。今後も、スポーツ×テクノロジーが生み出す無限の可能性のなかで、ファンと選手の価値を創造し、日常をより豊かにしていきます。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

新着ブロックチェーンゲーム

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • プレスリリースの記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • 日本初のブロックチェーン技術を用いたECサイト 「Reptop」α版(デモサイト)を公開
    日本初のトークン報酬を得られるECサイト
  • プレスリリース
  • 2019-02-21
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • Powered by