English
Connect
ニュース・記事

「パンダコパンダ」50周年を記念した初のNFTが数量限定で販売

「パンダコパンダ」50周年を記念した初のNFTが数量限定で販売
更新日

「パンダコパンダ」50周年を記念した初のNFTが数量限定で販売

※以下プレスリリースを掲載しています。

幅広いマーケティングソリューションを提供する株式会社CDG(本社:大阪市北区、代表取締役社長:小西 秀央、以下「CDG」)は、アニメーションの総合プロデュース会社、株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都中野区、代表取締役:竹崎 忠)の『パンダコパンダ50周年を記念して、NFT(Non-Fungible Token : 非代替性トークン)を12月8日(木)より『LINE NFT』にて順次販売します。

1972年に劇場公開された宮崎駿監督と高畑勲監督コンビによるオリジナル中編アニメーション『パンダコパンダ』の50周年を記念して、アニメーションの本編の名場面のモーションNFT、50周年のオリジナルアートのNFT、コンプリートセットを発売します。また今回は『LINE NFT』の「プロフィールNFT」の動画機能に対応したNFTも発売します。こちらは購入したNFTをご自身のLINEプロフィールアイコンに設定できる機能に対応したものとなります。
ブロックチェーン上で発行された偽造不可なデジタルデータであるNFTは、鑑定書や所有証明書が付与でき、コンテンツに固有性や資産価値を持たせられるため、アートやエンターテインメントなどの分野で急速に広がっています。

CDGは、幅広いライセンスホルダーとのネットワークに加え、ライセンス管理やコンテンツ開発における豊富な実績をいかし、今後もコンテンツの価値をさらに高められるようなNFTの企画から販売までの一貫したサポートを積極的に行っていきます。また、NFTを通じて多くの方々が楽しめるこれまでにないエンターテインメント空間を創っていきたいと考えています。

『パンダコパンダ』50周年記念 NFTの販売概要

販売予定日 : 第一弾 2022年12月8日(木)18:00
        第二弾 2022年12月15日(木)18:00
        第三弾 2022年12月22日(木)18:00
販売商品  :

●第一弾

① 『パンダコパンダ』プロフィールNFT:4種類×各1枚 1,000円(税込) 限定100個
② 『パンダコパンダ』50周年記念NFT:1種類 1,500円(税込)      限定100個
③ 『パンダコパンダ』名場面モーションNFT:1種類 8,000円(税込)   限定30個

NFT商品画像(一部)パンダコパンダ プロフィールNFT

●第二弾

④ 『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』プロフィールNFT:4種類×各1枚 1,000円(税込)限定100個
⑤ 『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』50周年記念NFT:1種類  1,500円(税込)  限定100個
⑥ 『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』名場面モーションNFT:1種類 8,000円(税込) 限定30個

●第三弾

⑦ 『パンダコパンダ』動画NFT:2種類×1場面 5,500円(税込) 限定各30個
⑧ 『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』動画NFT:2種類×1場面 5,500円(税込) 限定各30個
⑨ 『パンダコパンダ』コンプリートセット:商品①②③⑦+場面写5枚 25,000円(税込) 限定15個
⑩ 『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』コンプリートセット:商品④⑤⑥⑧+場面写5枚 25,000円(税込) 
限定15個

NFT商品イメージ画像(一部)コンプリートセット

販売サイト : LINE NFT (URL:https://nft.line.me/store/brand/74

コピーライト表記

©︎TMS

●パンダコパンダとは:

パンダブーム真っ只中の1972年に劇場公開された、宮崎駿&高畑勲コンビによるオリジナル中編アニメーション。天真爛漫な女の子・ミミ子とパンダ父子の奇妙で楽しい家族生活を生き生きとユーモアたっぷりに描き出す。
童話『長くつ下のピッピ』の世界観にインスピレーションを受けた宮崎駿が原案・脚本・画面設定を手掛け高畑勲が演出を担当。後の高畑・宮崎作品の源流とも言われ今なお愛され続ける超名作ファンタジー。

●LINE NFTとは:

簡単な操作・決済方法でNFTを購入及び取引が可能なLINEのNFT総合マーケットプレイスです。「LINE NFT」で購入したNFTは、国内約9,300万人が利用するLINEのアカウントで簡単に登録ができるデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」で保管することができ、ユーザーは手軽に自分のNFTアイテムを、LINEの友だちと交換したり、送り合ったりすることができます。
https://nft.line.m

●プロフィールNFT機能について

今年7月より開始したLINE NFTの新機能である体験版「プロフィールNFT」機能では、保有しているNFTを、国内約9,300万人が利用するコミュニケーションアプリ「LINE」のプロフィールアイコン及びLINE NFT上のマイページへの設定が可能です。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

新着ブロックチェーンゲーム

オススメの記事ブロックチェーンゲームインフォ(NFTゲーム)注目記事

ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • プレスリリースの記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • 日本初のブロックチェーン技術を用いたECサイト 「Reptop」α版(デモサイト)を公開
    日本初のトークン報酬を得られるECサイト
  • プレスリリース
  • 2019-02-21
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • Powered by