English
MyPage
ニュース・記事

イーサリアム・ERC-20の特徴について

update at :

前回、ERCについて書いてみましたが、今回はERC-20について纏めてみました。

ツイート

イーサリアムのERC-20の特徴について

ERC-20の特長を伝える前に、そもそもの「ERC」が何か?について前回纏めてみましたが、ERCはイーサリアム上における技術仕様を文章化したもの。
つまりはイーサリアムに関する技術仕様書でここから問題定義が始まります。

そしてERCの後の数字は、Githubで提案された順番を示し、ERC-20であれば20番目に提案されたものとなります。

ERC-223であれば223番目。ERC-721であれば721番目ということになり、それぞれ異なった特徴を帯びています。

ERC-20は規格になるので仮想通貨という認識は誤りです。
ERC-20の規格に準拠したトークンを総称してREC-20トークンと呼び、Binance Coin、OmiseGo、Augurなどが挙げられます。

ERC-20が開発されるまでの背景

ERC-20が採用される前は、規格が標準化されておらず、各トークン独自のプログラミング言語やアルゴリズムを活用していたため、トークンを一括で管理できなかったため、送金方法や受信方法がそれぞれ異なっていました。

これはトークンを開発する者、トークンを扱う取引所、トークンを保有するユーザーにおいて非常に難をもたらすことになります。

送受信が異なるということは、各トークン別々のウォレットを作らなければいけません。

また、取引所においてERC-20トークンは、ある程度の安全性、基本的な機能を持ち合わせているので、取引所側も「ウォレット」という点だけでなく、上場させる基準として審査が通りやすくなっています。


ERC-20が開発される前

・一からトークンを作らなければならない

・各トークン技術仕様が異なるため、取引所など管理しづらい(ウォレットがバラバラなど含め)

・それぞれのトークンに対しウォレット、安全性などを考慮する必要がある

ERC-20が開発されて

・開発者は一からトークンを作らなくてすむ

ERC-20に準拠しているとERC-20に対応したウォレットを利用することができるので管理がしやすい

ERC-20に準拠したトークンは、ある程度のラインにおいて安全性が保障されている。

ICOにおいてERC-20の規格に準拠したトークンが多く発行されていますが、その要因として上の表に示したことが挙げられます。

ERC-20の規格に準拠することで共通したプログラムで取引できるため、その都度環境を整える必要がありません。
開発者にとって時間や労力を大幅に削減できることができ、ERC-20は基本的な機能を整えた規格なので、同規格のトークン同士の互換性がとても優れてもいます。

ERC-20が抱える問題

イーサリアム・ERC-20の特徴について

ERC-20トークンは正式に採用されていますが、大きな問題を抱えています。
ERC-20トークンはユーザーが持つ通常のアドレスとは別に、「コントラクトアドレス」というものが存在します。
これは普段使っているアドレスとは違い契約プログラム上のアドレスで間違ってユーザーのアドレスではなくコントラクトアドレスを入力してしまうと引き出すことができず消失してしまいます。

これは理論上だけではなく実際に起こっていることで、GitHub(下記リンク)を見ると

1. QTUM、$ 1,204,273 lost
2. EOS、$ 1,015,131 lost
3. GNT、$ 249,627 lost
4. STORJ、$ 217,477 lost
5. Tronix、$ 201,232 lost
6. DGD、$ 151,826 lost
7. OMG、$ 149,941 lost

上記が示すように多くのトークンが消失しています。(2017年12月27日時点)

このように送金先を間違えるとトークンを消失してしまいますのでユーザーが「安心して利用することができない」と言われています。

最後に

さてここまでERC-20について纏めてみました。
ERC-20が採用されてから多くのトークンが発行されてきました。
規格に準拠することで仕様を統一化し、とても便利な環境を整えることができましたが、誤送信による消失という課題を抱えたERC-20

しかしこの問題を解決するために作られた新たな規格ERC-223などもあります。

次回はERC-223について纏めてみたいと思います。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ぼ~ぬん

2006年、カルト・ブルーを取得にて フランス・ブルゴーニュのbeauneに1年間勤務。 2016年6月、仮想通貨トレードに参入。 2018年より投資枠を拡大。資産運用中。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

【コンサヴァ】スマホと同じアカウントを使ってPCでプレイする方法
コントラクトサーヴァントのプリサービスが開始されました。 コントラクトサーヴァントは、アカウント情報が全てEthereumのウォレットで管理されています。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-16
  • 【コンサヴァ】アプリから新しいカードを購入する為の準備(ETH)
    コントラクトサーヴァントでカードセールやマーケットから他のユーザーが出品しているカードを購入するには、イーサリアムを、コンサヴァのアカウントとして使われているウォレットにあらかじめ入金する必要があります。 その方法を紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-12-17
  • 【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • サッカープレイヤーのリアルパフォーマンス連動 Sorareの概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-24
  • この著者による記事

    テレグラムの独自通貨Gram今秋ローンチなるか BUTTON Walletもテスト版リリース
    10月31日に立ち上げ予定だったGram(グラム)が2ヶ月以内にローンチ可能と報じられています。 Gramは匿名性が高いメッセージアプリ「テレグラム」の独自通貨プロジェクト「テレグラム・オープン・ネットワーク(TON)」上で使われる独自トークンです。 ローンチ以外にもテレグラム上で動作するボタンウォレット(BUTTON Wallet)が、テレグラムでGramを送受信できる「ウォレットのテスト版をリリース」したことも伝えられいます。 テレグラムは2億人以上のユーザーが利用するチャットアプリで、ICOでは8億5000万ドルという史上最大級の資金調達に成功しています。 今回はテレグラム・オープン・ネットワーク(TON)も交え、Gramについて解説します。
  • 仮想通貨
  • 2019-09-03
  • Crypto.com Chain(CRO)の特徴について
    Crypto.com Chainの価格高騰に伴い、Crypto.com及びCROについて纏めて見ました。
  • 仮想通貨
  • 2019-04-22
  • 価格急騰!仮想通貨Ravencoin(RVN)の特徴について
    2月末より価格が高騰している仮想通貨Ravencoin(RVN)。 米企業オーバーストック・ドット・コムのCEOパトリックバーン氏もこのRevecoinに数百万ドルの資金を投資しています。 *Overstock:NASDAQ上場企業 オーバーストック・ドット・コムは、”ビットコイン決済の先駆け”とも言われており、そのSEOであるバーン氏はビットコイン(仮想通貨)に対し肯定的な意見を述べています。 気になるRVNの価格ですが、2月25日に0.01ドルだったRVNは、3月4日(現在)0.027ドルまで上昇と2倍以上価格を上げています。
  • 仮想通貨
  • 2019-03-06
  • 2019年10-11月に控える第4次相互審査|FATFとは
    今年(2019年)10月から11月にFATFの第4次相互審査が予定されています。 今回の審査では初めて仮想通貨も対象になることから、仮想通貨交換業者における対応も金融庁を中心に進められています。 この記事では、FATFのこれまでの取り組みについて解説します。
  • 仮想通貨
  • 2019-05-31
  • 仮想通貨の記事

    Coinhive(コインハイブ)がサービス終了を発表。日本では設置したことに対して裁判の最中。
    設置をしたことで日本では不正指令電磁的記録取得・保管の罪として10名以上が逮捕されたCoinhive(コインハイブ)。 そのサービス自体が、3月8日に終了する事が発表されました。
  • 仮想通貨
  • 2019-02-27
  • MEWconnectとは何か。MEWconnectでのマイイーサウォレットへのログイン方法と送金方法
    MEWconnectはマイイーサウォレットのセキュリティを強化する為のログインアプリのようなものです。 Android、iOSにて管理できます。
  • 仮想通貨
  • 2019-09-02
  • BigQueryのEthereumデータを使ってでブロックチェーンゲームを分析しよう!
    dAppsの売り上げは、基本的にはEthereumネットワーク上に記録されており、ある程度調べる事が出来ます。 中には、EOSやTronなど他のチェーンにまたがっているため、集計が面倒であったり、 クレジット決済を導入していたりする所などは、完全に調べる事はできません。 また、決済方法がクリプトスペルズのように、スマートコントラクトではない場合も、調べる事が難しいです。 そんな中、どうやって調べれば良いかを今回、GoogleCloudのBigQueryを使って説明したいと思います。
  • 仮想通貨
  • 2019-08-19
  • 2019年10-11月に控える第4次相互審査|FATFとは
    今年(2019年)10月から11月にFATFの第4次相互審査が予定されています。 今回の審査では初めて仮想通貨も対象になることから、仮想通貨交換業者における対応も金融庁を中心に進められています。 この記事では、FATFのこれまでの取り組みについて解説します。
  • 仮想通貨
  • 2019-05-31
  • 新着記事

    【JobTribes】ゲーム内容と攻略のポイントまとめ
    ジョブトライブスのベータ版で遊べる内容と、クエスト攻略のポイントをまとめて紹介していきます。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-05
  • DEA社が発行するユーティリティトークン「DEAPcoin(DEP)」を直接購入 可能な販売所6月4日サービス開始!
    以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 ゲーム、デジタルアセット取引と連動する話題のトークンがクレジット決済で購入可能に [Singapore, 4 June 2020] シンガポールを拠点にブロックチェーンエンターテイメント事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte.Ltd.(DEA社)は、EU認可のフィンテック企業「Simplex」社 と事業提携したことにより、暗号資産DEAPcoin(DEP)をVISA や MasterCardなどのクレ ジットカード決済で、より容易に購入することが可能になる販売所サービスを開始したこ とを発表いたしました。 さらに世界中のユーザーにDEPを届けるため、アライアンスを進めてまいります。 ※DEAPcoinは、現在日本居住者向けには販売しておりません。
  • プレスリリース
  • 2020-06-05
  • 【クリスペ】CM放映で話題の「クリプトスペルズ」開発・運営元 CryptoGames小澤孝太氏ZOOMインタビュー
    有名YouTuberのもこう氏、むじょる氏等を起用したCMで話題のクリプトスペルズを運営する、CryptoGamesの代表取締役 小澤氏にインタビューをさせていただきました。 TVCMを決めた理由や、6月にクリスペが1周年を迎えるにあたりクリスペの今後について伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-06-03
  • ブロックチェーンゲームで稼ぐ方法まとめ【2020年版】
    ブロックチェーンゲームと言えば、注目されるのは稼げるかどうかの部分。 本記事ではどのような稼げる方法があるのか、HOWの部分について紹介します。 ※2019/8/7公開 ※2020/6/1追記
  • DApps入門
  • 2020-06-02