English
ログイン
ニュース・記事

世界初の宇宙からNFTを発行・販売するプロジェクト「THE FIRST SPACE SUNRISE 2022」スタート

更新日

※以下プレスリリースを掲載しています。

グローバルでGameFi 事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte.Ltd ( 以降、DEA社)は、株式会社バスキュール(代表取締役社長:朴正義、以降「バスキュール」)と共同で国際宇宙ステーションからの映像をNFT(Non-fungible token、以降NFT)化する世界初のプロジェクトを実施します。

バスキュールは、2020年から独自の国際宇宙ステーション(以降、ISS)と地上間の双方向ライブ番組配信システムを用いた「KIBO宇宙放送局」をJ-SPARC事業共同実証として実施している宇宙×エンターテインメントの先進企業として知られています。
今回、NFT事業を2018年から展開するDEA社との共同事業として、世界初の宇宙からNFTを発行・販売するプロジェクト「THE FIRST SPACE SUNRISE 2022」を実施します。

地球の上空を90分で周回する国際宇宙ステーションから、2022年に地球を周回する最初の1周目の写真を、2022セットのNFTとして発行・販売。
初回販売額の20.22%を次世代超大型望遠鏡など世界の宇宙開発事業へ寄附します。

【NFT 概要】

世界標準時(UTC/GMT)2022年1月1日00時00分(日本時間午前9時00分)より、特設サイトにて下記2種類のNFTをそれぞれ限定2022点ずつ販売します。
NFTはリアルタイムで順次ドロップされ購入は先着順となります。
詳細情報は、Twitter/Discordにてアップデートしていきますので、ご期待ください。

公式サイト:https://thefirstspacesunrise2022.com/
Twitter: https://twitter.com/TheSpaceSunrise
Discord:https://discord.gg/r8s5tyZDzH

①THE FIRST SPACE SUNRISE 2022

販売価格:0.2022 ETH
販売数:限定2022点

世界初の宇宙からNFTを発行・販売するプロジェクト「THE FIRST SPACE SUNRISE 2022」スタート

出典 : [Singapore,2 December 2021]

地球上空400kmを秒速8kmで飛行する国際宇宙ステーションから、新年を迎えた地球をライブ撮影。
90分で地球を一周する間、3秒ごとにキャプチャし、リアルタイムにNFTを生成しドロップします。
すべての画像に撮影時間とISSの緯度経度がプリントされます。
新年から夜の地球を経て宇宙の初日の出まで、地球は様々な表情を見せ、かけがえのない一瞬を切り取ります。

② ASTRO-DOGU 2022

販売価格:0.101 ETH
販売数:限定2022点

世界初の宇宙からNFTを発行・販売するプロジェクト「THE FIRST SPACE SUNRISE 2022」スタート

出典 : [Singapore,2 December 2021]

「KIBO宇宙放送局」のマスコット・ASTRO-DOGUのジェネレーティブNFT。
ライブで変化する地球の映像を背景に、2022個のランダムでユニークな組み合わせで生成されます。

【「KIBO宇宙放送局」THE SPACE FRONTIER STUDIO KIBO】

バスキュールが手掛ける世界初の「宇宙スタジオ」。
青い地球を眺めながら、年齢も、性別も、国籍も、人種も超えて、地上の誰もが自由に表現できる場を作っていきたい。そんな想いから、ISSと地球をリアルタイムにつなぐスタジオを設立。
「90分地球一周の旅」という宇宙ライブエンターテイメント番組を様々な企業やアーティストと共創しています。
今回の宇宙NFTアートも、宇宙の民主化を目指すチャレンジの一つです。

DEA社は、今後もさまざまなNFT業界の皆さまと連携し、話題性のある企画やサービスを世界中のユーザーに提供してまいります。

【DEA社 Co-Founder&CSO 山田耕三からのメッセージ】

コレクティブルNFTに最も必要なもの「ナラティブ」
このプロジェクトは世界で一番それを持っています。
NFT元年である2021年から、NFTがさらに世界にとって重要性を増す2022年へ。
そのノンファンジブルな瞬間の地球の映像をコレクションできる・・・これ以上のストーリーがあるでしょうか。私も宇宙とNFTを愛する1人のユーザーとして絶対に手に入れたいコレクションだと思っています。

【株式会社バスキュール 代表取締役社長:朴正義氏からのメッセージ】

バスキュールが、KIBO Projectを通じて実現したい未来が今回のNFTで一気に近づくと確信しています。
それは、世界中の人たちが宇宙を舞台にしたライブイベントに参加することで、国や文化を超えて人類の連帯が実現する未来。
2022年を迎えた地球の最初の1周を記録したコレクティブNFTの保有者は、単にNFTを持つだけではなく、私達と目的を同じくする仲間「クルー」になります。
NFTの保有を通じて、世界中の宇宙を愛する仲間とのコミュニティを育てていけることに興奮しています。

APPENDIX

株式会社バスキュール |https://bascule.co.jp/

設立:2000年7月28日
代表者:代表取締役社長 朴正義
本社:〒106-0041 東京都港区麻布台1-8-10 麻布偕成ビル6F
事業内容:テクノロジーとデザインの力で未来体験を創出するプロジェクトデザインスタジオ。世界初の宇宙と地上をつなぐ双方向スタジオ「KIBO宇宙放送局」の開発など、メディア/イベント/プロダクト/スポーツ/教育/モビリティ/都市開発/宇宙開発と領域を超えた、数多くのプロジェクトを創出している。

Digital Entertainment Asset Pte. Ltd. | https://dea.sg/jp/

GameFiプラットフォーム事業を手がけるDEA社は、シンガポールで2018年8月に設立された会社です。ブラウザゲーム「JobTribes」「Puzzle×JobTribes」「Lucky Farmer」β版、NFTのマーケットプレイス「NFT Marketplace by DEP」を事業として展開しております。ブロックチェーン技術を活用したGameFiプラットフォーム「PlayMining」を立ち上げ、「楽しむことが収入に変わる」の世界の実現を目指しています。
2021年12月2日現在、PlayMining ID登録者は 220万人を超えています。

Co-CEO:吉田直人・椎名茂
所在地:7 Straits View,Marina One East Tower,#05-01,Singapore 018936
設立:2018年8月
事業内容:GameFi プラットフォーム事業

DEAPcoin(DEP) | https://coinmarketcap.com/currencies/deapcoin/

DEA社が発行する独自ユーティリティトークン。
ゲームとNFT取引が連動する経済圏「PlayMining」で流通する。
DEAPcoinは、現在日本居住者向けには販売しておりません。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • この著者による記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方(2022年7月版)
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※2022/07/28 Brave、Edgeブラウザに対応、チェーン自動切り替えを追加 ※追記 チェインリストを追記しました。 ※追記 2022/02/11 新しいポリゴンRPCのURLを設定しました。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • プレスリリースの記事

    ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • Powered by