English
SignIn
ニュース・記事

NFTStudioがNFTの無料配布サービス「NFTAirdrop」を開始

※以下プレスリリースを掲載しています。

CryptoGames株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:小澤 孝太)は、運営するNFTプラットフォーム「NFTStudiohttps://nft-studio.com)」にて、NFTの無料配布サービス「NFTAirdrop」の提供を開始し、京まふ2021にて安田現象氏の記念NFTを、XENOTOON/NOKIDブース来場者にQRコードで配布することをお知らせいたします。

NFTAirdropの特徴

NFTStudioがNFTの無料配布サービス「NFTAirdrop」を開始

①1万個のNFT配布が可能

NFTAirdropでは、1個〜1万個など大量のNFTの配布まで対応が可能です。大量にNFTを発行する場合は、ガス代対策としてEtheriumではなく、NFTStudioでも対応しているPolygonやLINE Blockchainなどを推奨させていただいております。また、ユニーク画像の自動生成機能も準備しております。

②QRコード,ウォレットアドレスでの配布

ウォレットアドレスの入稿のほか、QRコード等にてNFTを配布いただくことが可能です。リアルイベント、生配信、SNS上のキャンペーンなど幅広くご活用いただけます。

③ウォレットがないユーザーもNFTの受け取りが可能

NFTはSNS、メールアドレス等でもログインが可能なNFTStudioにて受け取りが可能です。NFTを所有したことがないユーザーにも、気軽にNFTを配布することが可能です。

詳細はこちら

安田現象スタジオ by XENOTOON

3DCGスタジオ「安田現象スタジオ by XENOTOON」監督であり、TikTokでアニメ作家・クリエイターとして国内トップのフォロワーを持つ「安田現象」が制作した15秒の3DCG作品「似合うよ?」を京まふNFTギャラリーで展示。本作品のみ、大手のNFTマーケットプレイス「OpenSea」でのオークション販売を予定しております。
また、安田現象作品の初のNFT化を記念して、本作品の1シーンを切り取った京まふ10周年記念ロゴ入りの来場証明書をNFT化いたしました。本NFTは、XENOTOON/NOKIDブースの来場者全員へ無料でプレゼントいたします。

<無料NFTイメージ画像>

NFTStudioがNFTの無料配布サービス「NFTAirdrop」を開始

是非この機会に京まふXENOTOO/NOKIDブースへのご来場、またはYouTube京まふNFTギャラリーへのアクセスをお待ちしております。

<NFTStudioについて>

NFTStudio」はイラストレーターやクリエイターが作品をNFTアートとしてブロックチェーン上に発行できるNFTプラットフォームです。 ブロックチェーンには高騰するトランザクション手数料(ガス代)の解決策として、Matic Network社が提供するL2ソリューション、polygon(Matic Network)を採用しており、NFTはクレジットカードにて購入を行うことが可能です。

公式HPはこちら:https://nft-studio.com/
公式twitterはこちら:https://twitter.com/NFTstudio_com
公式Discordはこちら:https://discord.gg/dK9ymAWSkV

<CryptoGames株式会社について>

【会社概要】
社名: CryptoGames株式会社
代表取締役:小澤 孝太
設立:2018年4月20日
事業内容:ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」、NFTサービスの開発運営

NFTサービスの開発を⾏うCryptoGames株式会社は、ウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』を2019年6月25日に正式リリースしています。クラウドセールの売上は900ETHを突破し、当時日本最高記録となりました。2020年6月には初の地上波テレビCMも実施しました。

2021年3月にクレジットカー決済対応の、クリエイターのNFT販売プラットフォーム「NFTStudio」をリリースし、2021年4月に「NFTStudio OEM」の提供を開始いたしました。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

この著者による記事

⽇本初︕ユーザーに最適なDAppsを提供 ブロックチェーンゲームとアプリに特化した 検索サイト「FinDApps」ベータ版オープン
株式会社モバイルファクトリーの100%⼦会社である株式会社ビットファクトリーは、ブロックチェー ンゲームとアプリ(DApps)に特化した検索サイト「FinDApps(ファインダップス)」のベータ版を オープンしました。「FinDApps」は独⾃のアルゴリズムによるDApps検索や、ユーザーが所持してい るトークン情報から各ユーザーに最適なDAppsを提供する検索サービスです。 ※DApps:ブロックチェーン上の分散型アプリケーション
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方(2021年3月版)
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • Powered by