English
ログイン
ニュース・記事

クオン、FORO株式会社(UUUMグループ会社)によるデジタルトレーディングカードのNFTマーケットプレイス「HABET(ハビット)」に自社キャラクターのNFTアートを販売開始

更新日

※以下プレスリリースを掲載しています。

株式会社クオン(代表取締役社長:水野和寛、本社:東京都新宿区、以下当社)は、FORO株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鎌田 和樹、以下、FORO)が8月24日にオープンしたデジタルトレーディングカードのNFTマーケットプレイス「HABET(ハビット)」ベータ版に対して、ローンチコンテンツパートナーとして自社キャラクター「ベタックマ」と「うさぎゅーん!」のNFTコンテンツを提供開始したことを発表いたします。

販売作品について

今回販売を開始したキャラクターはベタックマ、うさぎゅーん!で、いずれのキャラクターもFacebookやWhatsAppなどの主要SNSで使用できるスタンプとして世界中の方に利用いただいており、1億ダウンロード以上の実績があります。今回は販売するNFTは、各キャラクターが世界に初めて公開された記念すべき第一弾アニメスタンプをイラストアートに仕上げた作品となります。

販売概要

NFTマーケットプレイス「HABET(ハビット)」:https://habet.me/
ベタックマ作品ページ:https://habet.me/u/betakkuma
うさぎゅーん!作品ページ:https://habet.me/u/Usagyuuun

デジタルトレーディングカードNFTマーケットプレイス「HABET(ハビット)」とは

クオン、FORO株式会社(UUUMグループ会社)によるデジタルトレーディングカードのNFTマーケットプレイス「HABET(ハビット)」に自社キャラクターのNFTアートを販売開始

サービス概要

「HABET(ハビット)」は幅広いジャンルの人物やキャラクターのデジタルトレーディングカードを「発行」「売買」「閲覧」することができます。

世の中に一枚しかない、ユニークカード「ユニーク」と、シリアル番号付きのセット(10枚、50枚、100枚)「シリアル」の2種類のカードを発行することができます。販売の方法は「定額販売」「抽選販売」「オークション販売」の3種類です。カードに、映像、音声、画像、URLなどのデータを添付できます。カード所有者以外からも、カードオーナーが明らかにされた上でカードを閲覧することができます。

特長

HABETのカードは次世代ブロックチェーン技術「HAZAMA」(開発:株式会社IndieSquare)を活用したNFTとして発行・売買取引されます。またHABET独自の技術により、NFT発行手数料はO円。通常のNFT取引には暗号資産が用いられますが、HABETはクレジットカード決済(法定通貨)。暗号資産になじみが薄いユーザーの方々にとっても、手軽で安心な決済方法です。

また、暗号資産を動かすための膨大な電力も要さず、環境へ負担をかけません。さらに、「Yahoo!ネット募金」と連携し、HABETのプラットフォーム手数料の一部を寄付。HABETを利用することで環境、社会への貢献にもつながります。

株式会社クオンについて

クオンは2012年より、自社開発したキャラクターのスタンプを、国内外の主要メッセージアプリに提供してきました。米国のFacebook Messenger、WhatsApp️、中国のWeChat、日本のLINE、韓国のKakao Talk、カナダのKik Messenger、ベトナムのZaloなど、世界中のほぼ全ての主要メッセージアプリにスタンプを提供しています。主要キャラクターは世界中のユーザーが利用し、2020年9月末地点で累計ダウンロード数は40億を超え、9割以上が海外ユーザーとなっております。メッセージアプリ以外にもTikTok、動画メディア、VR/AR、ブロックチェーン等での展開も強化しており、当社のキャラクラーアカウントのSNSファン数は500万人を超えます。

インターネットの展開に加えて、グッズやショップ展開は東アジアを中心に拡大しています。また国内外の大手企業によるキャラクターマーケティングでも起用されています。

当社のNFT事業について

当社は、2018年5月に唯一無二のキャラクターをブロックチェーン上に生成するアプリケーション「CryptoCrystal」を自社開発・リリースし、NFT事業に参入。その後も、エンタメ領域でのブロックチェーン活用を推進してまいりました。2021年4月15日(木)には、NFT活用支援をパッケージ化した「アクセル to NFT」をリリースしております。
クオン、エンタメ企業や個人クリエイターのNFT活用を支援する「アクセル to NFT」を提供開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000066.000029274.html

<支援内容>

・NFT活用の戦略設計
・NFT発行販売&収益管理の実務支援
・NFT向けクリエイティブ開発・制作支援[山田1]
・NFTマーケティング支援

会社概要

【商 号】株式会社クオン
【本 社】東京都新宿区下落合4丁目21−19 目白LKビル8階
【代 表】代表取締役 水野 和寛
【URL】https://quan-inc.jp/
問い合わせ先:https://form.run/@ACCELTONFT

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • この著者による記事

    Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04
  • Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • MetaMask(メタマスク)とは?インストール方法と使い方(2022年2月版)
    ブロックチェーンゲームやICOに参加するためには、MetaMaskというウォレットアプリをインストールして使えるようになっておくことは必須とも言えます。 この記事では、PC版とスマホ版のインストールから実際に使うまで流れを簡単に説明します。 ※追記 チェインリストを追記しました。 ※追記 2022/02/11 新しいポリゴンRPCのURLを設定しました。 ※追記 2022/01/24 シークレットリカバリーフレーズを使用した復元方法を追記しました。 ※追記 2021/05/19 日本語化について追記しました。 ※追記 2021/03/25 Polygon(旧Matic)ネットワークへの接続方法を追記しました。 ※追記 2021/01/19 スマホ版のインストール方法を追加しました。 ※追記 2020/10/31 Token Swapの説明を追加しました。 ※追記 2020/09/02 MyEtherWalletの解説記事が古く、現在仕様が異なり混乱を招く恐れがあるので削除しました。またMetaMaskの最新版に合わせて画像を差し替えました。
  • 初心者向け
  • 2019-08-09
  • 注目の「歩いて稼ぐ」アプリ「RunBlox」がエアドロップとαテストを開始
    OpenBloxのエコシステムでリリースされるM2EのRunBloxの「エアドロップ」と「αテスト」について紹介します。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2022-05-25
  • プレスリリースの記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • Animoca Brandsは「MLB Champions™」の開発会社Lucid Sightに投資を行い、提携関係を結んだと発表しました。
    Animoca Brandsは、Lucid Sightのアジア独占パートナーとして、アジア地域でLucid Sightのゲームを販売と宣伝と発表しました。
  • プレスリリース
  • 2019-04-04
  • ⽇本初︕ユーザーに最適なDAppsを提供 ブロックチェーンゲームとアプリに特化した 検索サイト「FinDApps」ベータ版オープン
    株式会社モバイルファクトリーの100%⼦会社である株式会社ビットファクトリーは、ブロックチェー ンゲームとアプリ(DApps)に特化した検索サイト「FinDApps(ファインダップス)」のベータ版を オープンしました。「FinDApps」は独⾃のアルゴリズムによるDApps検索や、ユーザーが所持してい るトークン情報から各ユーザーに最適なDAppsを提供する検索サービスです。 ※DApps:ブロックチェーン上の分散型アプリケーション
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • keywords

    Powered by