日本語
English
ニュース・記事

開発者・事業者向けのGAS代ゼロ・Web APIのNFTインフラ「Hokusai API」事前登録を開始|誰もがNFTプロダクト開発可能

開発者・事業者向けのGAS代ゼロ・Web APIのNFTインフラ「Hokusai API」事前登録を開始|誰もがNFTプロダクト開発可能
更新日

NFTのインフラAPI「Hokusai API」の事前登録が開始された。NFTの発行・送信に暗号資産を必要とせず、エンジニアであれば誰でもNFTプロダクトを開発可能。リリース時はPolygon対応予定。

※以下プレスリリースを掲載しています。

デジタル上で価値を流通させる個人・事業者にとってのインフラ「Hokusai API」は事業者・開発者向けに事前登録を開始しました。NFTを発行するための暗号資産が必要がなく、Web3の技術に直接触れずにNFTビジネスをはじめられるAPIとなります。Hokusai APIはNFT普及のためのインフラとなるために、様々な事業者と協力して参ります。

Hokusaiは、事業者・開発者・アーティストが独自のNFT販売サイトを早く、簡単に構築可能にする「Hokusai API」の事前登録を開始しました。

Hokusai APIは、プラットフォームを横断してもロイヤルティがアーティストや事業者に分配されるEIP-2981に準拠しており、プラットフォームに依存しないNFTの流通を実現します。

事前登録はこちらから
https://hokusai.app/jp

Hokusai APIの特徴

1. 独自コントラクトの作成
ブランドを保有する個人や事業者から、自らのコントラクト(発行元)からNFTを発行されることを望む声が多くありました。特に事業者であれば、他社のコントラクトから発行された自社の知的財産、というものは直感的ではありません。(本当に自社サービスと呼べるか、という問題があります。)

Hokusai APIを利用することで、IPごとにコントラクトアドレスを分けて管理可能です。これはIPホルダー自身だけでなく、NFTのコンサルティングを行う会社にとっても、リスクの低減に繋がります。


2. 他のAPIと組み合わせで、NFTビジネスの可能性を広げる
Hokusai APIを導入する事業者が円やドルでの決済を希望する場合は「Hokusai API + Square(Paypal)」で対応できます。また、Hokusai APIを導入する事業者が暗号資産での決済を希望する場合は「Hokusai API + bitpay(coinbase commerce)」で対応できます。

これまでは独自サイトを0から作成する必要がありましたが、NFT機能はHokusai APIを利用する、決済機能は別のサービスを利用することで、開発コストを劇的に下げることが可能です。

3. GAS代(ネットワーク手数料)完全無料
Hokusai APIの利用者は、どんなプランを利用していてもNFTの発行と送信にかかるGAS代が完全に無料です。
そのため、NFTを発行するために取引所に口座を作成し、暗号資産を入手する必要がありません。

4. 柔軟なロイヤルティ設定
Hokusai APIの利用者は、二次流通市場におけるロイヤルティ設定が

・収益分配比率最大80%まで設定可能

となります。(アカウント数は段階的に最大10個にする予定です。)また、ロイヤルティはプラットフォームを跨いでも収益の分配が適用されるEIP-2981に準拠しているため、同じ規格を採用している、異なるマーケットプレイス、プラットフォームで取引されてもクリエイターへ収益が還元される仕組みになっています。

5.低い二次流通手数料
Hokusai APIを基盤としてサービスを提供するプロジェクトのNFTが二次流通する場合でも、Hokusaiチームへの収益は0.03-0.5%となります。

特徴の詳細

Hokusaiについて

「デジタル上で価値を流通させたい全ての個人・事業者にとってのインフラ」としてAPIサービスを提供するEmbedded NFTサービスです。オリジナルコントラクト発行、柔軟なロイヤリティ設定、GAS代無料、APIの組み合わせ等による拡張性の高いビジネスを提供可能です。NFTビジネスへの参入コストを最大75%低減し、Web3をより日常へ近づけます。

お問い合わせは下記Website・SNSからお願いいたします。

website:https://hokusai.app/jp
medium:https://0xhokusai.medium.com/
twitter:https://twitter.com/0xHokusai

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

ブロックチェーンゲームインフォ /木村義彦

BlockChainGame Info 編集部 ブロックチェーンゲームの最新情報、DAppsの最新動向をお届けします

新着ブロックチェーンゲーム

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • ブロックチェーンコンテンツ協会が、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表
    ブロックチェーンコンテンツ協会(所在地:東京都新宿区、代表:國光宏尚)は、「ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドライン」第1(β)版を発表した事をお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-03-26
  • CHOJO-CryptoGirlsArena-が今春配信に向けて公式サイトと公式Twitterを公開
    株式会社SEVENTAGE(本社:東京都世田谷区、代表取締役:丸山 将旭 以下「SEVENTAGE」)は、“激闘体験型ブロックチェーンRPG”『CHOJO-CryptoGirlsArena-』の今春配信に向けて、本日公式サイトと公式Twitterを公開したことをお知らせいたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-24
  • プレスリリースの記事

    Dappradar、dapp.com、Openseaがスピーカーとして登壇。4月25〜26日のMinskの第3回Crypto Games Conference
    4月25日と26日にベラルーシのミンスクで開催されるCrypto Games Conferenceのスピーカーの発表です。 オールスターラインナップには、Atari、Gumi、NEO、Block.one、OpenSeaなどの有名ブランドの代表が含まれています。世界最大のブロックチェーンゲームサミットで業界のリーダーと直接会う機会をお見逃しなく。
  • プレスリリース
  • 2019-02-25
  • ブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』 2020年2月27日15時よりオープンβ2を開催!! 
    オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社Arc(東京都港区、代表取締役:長谷川 真吾、以下Arc)は、開発中のブロックチェーンゲーム『ウォレットバトラー(WALLET BATTLER)』(以下、本作)にて2020年2月27日(木)15時よりオープンβ2を開催いたします。
  • プレスリリース
  • 2020-02-28
  • 日本初のブロックチェーン技術を用いたECサイト 「Reptop」α版(デモサイト)を公開
    日本初のトークン報酬を得られるECサイト
  • プレスリリース
  • 2019-02-21
  • ブロックチェーンコンテンツ協会ガイドラインのパブリックコメントの公募開始
    2020年4月30日まで広く意見を公募
  • プレスリリース
  • 2020-04-02
  • ニュース・記事

    フォビジャパン(Huobi Japan)
    コロプラのBRILトークン、Coincheck IEOで史上最高の333億円申込みを達成
    株式会社コロプラのグループ会社BrilliantcryptoがCoincheck IEOでBRILトークンの販売を行い、申し込み金額が史上最高の333億円に達した。7.94万人がトークンを保有する予定で、6月12日から特典付きNFTの販売が開始される。
  • ニュース
  • 2024-06-11
  • GAMIES株式会社主催の「MATR1X FIRE GAMIES CHAMPIONSHIP」、6月9日スタート
    GAMIES株式会社主催の「MATR1X FIRE GAMIES CHAMPIONSHIP」が開催中。日本を代表するWeb3コミュニティが激戦を繰り広げ、最強コミュニティを決定する大会が進行中だ。
  • ニュース
  • 2024-06-10
  • GMOメディア、「ブロックチェーンゲームPARK」を複数の提携サービスで提供開始
    GMOメディアは「ゲソてん byGMO」にて「ブロックチェーンゲームPARK」の提供を開始。各連携サービスでプレイ可能になり、キャンペーンも実施する。暗号資産やNFTの獲得が楽しめる新たなゲーム体験を提供する。
  • ニュース
  • 2024-06-05
  • 『ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-』と『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』のコラボイベントが6月7日より開催
    株式会社gumiが提供する『ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-』と人気アニメ『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』のコラボイベントが6月7日より開催される。
  • プレスリリース
  • 2024-06-04