English
SignIn
ニュース・記事

謎の隠されたアートNFT|HashMasksとは?

update at :

話題のNFTアート「HashMasks」についてまとめました。関連プロジェクトのNFTXやHashMasksに隠された謎についても簡単に紹介しています。

ツイート

最近アート系NFTが少しずつ話題になってきていますね。

今回紹介するHashMasksも、初期販売で約1,000万ドルを売り上げて話題になっていました。

HashMasksは、単なるNFTのデジタルアートではなく、トークンを使った独自のエコシステムがあったり、絵に隠された謎があったりと独特な面白さがあります。

この記事では、HashMasksの概要と、どんな謎が隠されているのかについて簡単にまとめていきます。

HashMasksの概要

HashMaskは、NFTのデジタルアートです。総数は16,384で、それぞれ1点モノとなっています。

HashMaskは、以下の5つの特性を持ちます。

・Mask
・Character
・EyeColor
・Item
・SkinColor

それぞれの特徴には、珍しいものもあり、レアな特性を複数持っているNFTはとても希少ということになります。これらの特性は、完全にランダムというわけではなく、画像のHash値と紐づいていたりと謎が隠されています。これについては、後ほど紹介します。

このプロジェクトに参加しているアーティストは70名いますが、まだ公開はされていません。公式Twitterを追っていると、公開されたタイミングで知ることができると思います。

HashMasksツイッター
https://twitter.com/TheHashmasks

HashMasksのトークン「NCT」

MashMaskを保有していると、HashMasksのトークンであるNameChangingTokenが配布されます。これを貯めると、HashMaskの名前を変更することができるようになります。

10年間かけて徐々に配布されていき、名前を変更する時点でburnされます。配布が完了し、burnによって名前が変更できなくなった時点でアートの完成だそうです。

アートの命名権にトークンが利用されるのは面白いですね。

HashMaskとNFTXについて

謎の隠されたアートNFT|HashMasksとは?

出典 : nftx.org

NFTXとは、NFTを担保にERC-20のトークンを発行するプロジェクトです。HashMasksもこれに対応しています。

HashMaskのNFTをNFTXのpoolに入れてMASKを発行し、それがマーケットで取引されることで、HashMasksのpoolに入っているNFTのプライシングが自動的になされるイメージです。そのため、HashMaskのNFTのインデックスとして機能します。

ただ、レアリティの高いNFTをわざわざpoolに入れて、平均価格で取引されてしまっても旨味がありませんから、poolに入るのはレアリティの低いNFTか、レアリティに気づかず入れれたNFTということになります。つまり、インデックス価格といってもコモンNFTのインデックスといったイメージですね。

また、OpenSeaなどのNFTマーケットでHashMaskのNFTを買い、NFTXでMASKを発行し、Sushiswapで売却するといった流れをとることができるので、MASK価格をNFT購入価格とガス代が上回れば、NFTとERC-20のアービトラージができるということです。こうした仕組みもあって、価格が最適化されていきますね。

HashMasksの謎

HashMasksでは、背景やマスクに意味を持たせており、背景に隠されたメッセージが埋め込まれていたりします。
また、コミュニティメンバーが画像解析を行ったことで、それぞれの特性や背景は、ランダムではなく画像のHash値とリンクしているケースもあることがわかってきています。


謎が隠されたアートということもあり、コミュニティが盛り上がっています。単純な投機的盛り上がりというわけではないということです。

盛り上がりを体感したい方は、公式のディスコードを覗いてみることをお勧めします。さまざまなプレイヤーが「こんなマーク見つけたんだけどみたことあるか!?」とか盛り上がっています。

また、NFTの特性ごとのディスコードもできています。例えば、「bookを持っているアートの会」や「ユニコーンマスクオーナーの会(ユニコーンマスクは13/16,384の超レア!!!)」などです。

アートを通じたコミュニティ形成というのも、HashMasksの面白いところですね。

まとめ

謎多きアートNFTHashMasks」についてまとめました。

現在は販売が終了しているのでOpenSeaなどのセカンダリマーケットで購入するしかありません。偽物も出回り始めているので、公式かどうかのチェックは怠らないように注意してください。

興味を持った方は、自分のHashMaskを手に入れてコミュニティに加わってみるとNFTアートをより楽しめるかもしれません。

ツイート

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

この記事が良かったら
いいねしよう

毎日情報を更新しています。

著者について

垂水ケイ

ブロックチェーンゲームを中心としたブログ「SHIMAUMA DAPPS!」を運営中。廃課金の沼に足を踏み入れています。

オススメの記事ブロックチェーンゲーム インフォ注目記事

TCG × ブロックチェーンの可能性を考える第五回 炎上を振り返る
第五回では、プレセールでの炎上を振り返ります。 また、そこからこれからどういう機能を実装すればCryptoSpellsがうまくいくのかについての熱い議論が繰り広げられました。 今後、ここで語られた機能のどれかが表に出てくることがあるかもしれません。 ▼対談参加者(写真左から) 宍戸英治氏(FORCE OF WILL株式会社代表取締役:世界4位の売上実績を誇るTCG 「FORCE OF WILL」の生みの親) 小澤孝太氏(CryptoGames株式会社代表取締役:「CryptoSpells」プロデューサー) 若山 史郎氏(株式会社チアード代表取締役:日本最大級のTCG専門店「晴れる屋」元代表) Koroneko氏(高校生で日本人初の「Hearthstone」プロゲーマー)
  • インタビュー
  • 2019-05-24
  • これからのブロックチェーンエンジニアに必要な事 BlockBase株式会社田中康平氏
    BlockBase株式会社エンジニアの田中康平氏にお話を伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-03-15
  • ブレイブ フロンティア ヒーローズ リリース直前インタビュー / 株式会社エイリム 高橋英士氏 double jump.tokyo株式会社 石川駿氏
    1月30日12時よりリリースされたブレイブ フロンティア ヒーローズ。 今回、ブレイブ フロンティア ヒーローズへの想いについて、株式会社エイリムの高橋英士氏とdouble jump.tokyo株式会社の石川駿氏へリリース直前に伺いました。
  • インタビュー
  • 2020-01-30
  • 【インタビュー】ビットファクトリーを設立してからとこれから 株式会社モバイルファクトリー深井未来生氏
    株式会社ビットファクトリーの代表取締役に就任した深井未来生氏に設立してからとこれからについて伺いました。
  • インタビュー
  • 2019-04-01
  • ゲーム攻略/紹介の記事

    【サッカー予想】Sorare(ソラレ)の概要・遊び方
    リアルでのサッカーの試合結果と連動したブロックチェーンゲーム、Sorareについて概要を紹介します。 ブロックチェーンゲームですが、メタマスクは不要で、クレジットカードでの決済も出来るため、サッカーファンが今後多く流入するのではないかと注目のゲームです。 ※2020/5/24 更新 ※2020/6/20 アセットアナライザー対応追記 ※2020/8/18 J1リーグ参加
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-06-20
  • 【クリスペ|無課金】課金しない人の為のクリプトスペルズ 無課金で稼げるか
    人気Youtuberにも取り上げられ、大いに盛り上がる中、クリプトスペルズは果たして完全無課金では稼ぐことが出来るのかについて、現時点での収益性について紹介します。 #クリスペ 2020年5月26日更新 アセットアナライザー挿入
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2020-05-26
  • 【マイクリ|無課金攻略】課金しない人のためのマイクリプトヒーローズ(2020年版)
    マイクリの課金した攻略がたくさん出ていますので、いかに課金をせずに収益を得れるかについてを解説します。 ※2020/11/01 Labが廃止されているなど現状に合わせて記事を追記、修正しました。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-02-01
  • CryptoSpells(クリプトスペルズ)で新しいカードを手に入れる方法【クリスペ|遊び方】
    クリプトスペルズでより勝てるようにするためには、新しいカードの入手が必須です。 クリプトスペルズのカードの入手方法について、紹介します。 新しい方法が実装され次第追記していきます。
  • ゲーム攻略/紹介
  • 2019-06-27
  • ニュース・記事

    日本発パブリックブロックチェーンPlasm Networkが世界的暗号資産取引所OKExから資金調達を完了
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 日本発のパブリックブロックチェーンであるPlasm Network(プラズムネットワーク)の開発をリードするStake Technologies Pte Ltd(シンガポール、代表取締役CEO 渡辺創太)は世界的な暗号資産取引所であるOKExが組成した約100億円ファンドであるBlock Dream Fundから資金調達を実施したことを発表します。なお、OKExがPolkadotエコシステムのプロジェクトに投資を行なうのはPlasm Networkが初となります。
  • プレスリリース
  • 2021-03-02
  • スマートアプリがNFTマーケットプレイス『nanakusa』3月15日にβサービスリリース
    ※以下プレスリリースの内容をそのまま掲載しています。 同日より公認クリプトアーティストの募集も開始。また同サービスのインセンティブ構築に向けて業務提携及びアドバイザー就任を発表。 日本初のクリプトアーティスト登録制NFTマーケットプレイスの概要がいよいよ発表!
  • プレスリリース
  • 2021-03-01
  • 集英社「マンガアート」の世界販売事業SHUEISHA MANGA-ART HERITAGE を開始
    ※以下プレスリリースをそのまま掲載しています。 原画のデジタルアーカイブ事業を活用し、マンガアート世界市場の創造へ『ONE PIECE』『ベルサイユのばら』『イノサン』から作品の販売をスタート
  • プレスリリース
  • 2021-03-01
  • 【2021年最新版】クリプトスペルズの遊び方と始め方
  • 初心者向け
  • 2021-02-28